【レンジクック】車載電子レンジでステーキがレアに焼ける!しかも油飛びで車内が汚れないスグレモノ

A5ランク和牛イチボのステーキグッズ・アイテム
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Link

車中泊時など車内でステーキや焼き肉を焼いて食べたい時ってありますよね。

いい景色を眺めながら焼き立ての肉塊を食す…なんて最高じゃないですか。

でも、車内調理の問題点の1つが「油跳ね」「油飛び」です。せっかくお気に入りのキャンピングカーの車内が油汚れ…って考えるだけで震えます^^;

車内で肉を数回焼いたからってすぐに油汚れが現れるわけではありませんが、肉焼いて脂が飛んでいない訳はないので、少しずつ蓄積して目に見えるようになった時には…やばそうですね。

自宅キッチンのように壁がタイルなど掃除しやすい材質であればまだしも、生地だったり木材であったり油汚れを落としにくい車内は油跳ねさせないことが重要です。

今回は、電子レンジでステーキや焼き肉がじゅうじゅう焼けて、でも油跳ね・油飛びは皆無で車内の汚れが心配ご無用な電子レンジ調理器「レンジクック」を使った車内調理です。

霜降り肉をじゅうじゅう言わせても油跳ね・油汚れの心配なしって、かなり理想だと思います。

A5ランクのイチボを車内でジュウジュウ言わせて食う!

今回用意したのはこちら。

和牛A5ランクの「イチボ」です。

もともと尻の赤身肉で肉のうまみが感じられる上に霜降りで旨い脂も味わえるので好きな部位です。

ちょっと電子レンジ調理にはオーバークオリティかなあ~という気がしますが、どうせ肉を食うなら好きな部位を美味しく…ってことで、塩コショウ、ガーリックなどで下味をして2時間ほど寝かせておきました。

写真で200g弱ですが、最近は量を食えなくなっているのでこれで十分かと(白飯も食べるしね)。

レンジクックで片面2分30秒焼く!味つけは塩コショウ&ガーリックのみ

今回のテーマは、「車内で電子レンジでステーキを焼く」ですので、専用の電子レンジ調理器「レンジクック」を使います(レンジクックの詳細は記事後半で)。

レンジクックに下ごしらえしたイチボを乗せます。

レンジクックに蓋をして電子レンジ庫内へ。

電子レンジは、先日、棚上に移動したので使い勝手が大幅向上しました^^

車載電子レンジを棚上へ~走行中の落下を防ぐ固定方法

こちらが焼き上がり。

電子レンジ600Wで片面2分半ずつ、合計5分の加熱でこんなステーキが焼けます(少しレアにするため短かめにしています。体験的にちょうどよい加熱時間は3分が目安じゃないかと思います)。

電子レンジで肉に焼き色がつくっていいですよね。

しかも、油を加えていませんので、肉から溶け出した脂で焼かれるため甘みがあって旨いんです。

焼き上がりを盛りつけました。

添えてあるのは、電子レンジで茹でた人参とオクラ、左上は肉から外した脂身や筋を玉ねぎと一緒に赤ワインで炒め煮にしたもので、いずれも事前に作っておいたものです。

赤ワイン煮以外は車内で完結できます。

カットしてみるとこんな感じ。

もう少しレンチン時間を短くしてレア寄りの方が良かったかな…って感じですが、まずまず美味しそうに焼けたんじゃないでしょうか。

電子レンジ調理なのに、肉の中心部をレアに残す…なんてこともレンジクックなら可能なんです。

こんなステーキが車内で簡単に油跳ねなしに焼けたらいいと思いませんか?

レンジクックで肉を焼かせたら結構旨く焼けるのでお勧め

レンジクックの仕組みは、この図の通りです。

レンジクックの本体はアルミニウムに外側には耐熱塗装、内側には焦げ付かないようフッ素加工されています。

写真左は本体内側、写真右は本体底部に貼られたセラミック板で、マイクロウエーブを熱に変換して発熱し、肉や魚を「焼く」ことができます。

蓋はステンレス製なので、電子レンジのマイクロウエーブが遮断されるため、いわゆるレンジ過熱が行われず、セラミック版が発する熱で下から「焼く」だけの加熱となるのが特徴です。

シリコン製などの電子レンジ調理器は、マイクロウエーブを通す素材なので、レンジ過熱が行われるので、肉に焼き色をつけて、肉の中心部をレアにする…なんてことはできませんが、マイクロウエーブを遮断するレンジクックなら、「焼く」だけの調理が可能というわけです。

「焼く」ことができるレンジクックだから、車内でステーキを焼いても電子レンジ庫内で加熱されている上に、レンジクックの蓋も閉じているので、車内に油跳ねや油飛びすることがないんです。

これなら、いくら脂の多い霜降り肉でも、カルビでも、ジュウジュウ焼いて大丈夫ってわけです。


ちなみに、金属なのに電子レンジをかけても火花が飛んだり、バチバチ言わないのは、蓋と本体をシリコンで絶縁しているからだとか…(詳細はよく分からない)。

マイクロウエーブで使用しても安全であることを担保した製品なので、その辺は安心して使えるのかな…という感じです。

レンジクックは牛肉も旨いけどチキンソテーを焼かせたら文句なしに旨い

チキンガーリックソテー、如何でしょう。

見るからに旨そうじゃないですか?

イチボよりこっちの方が旨そうに見えたりするほどです^^;

これが、皮目3分、反対側3分の電子レンジ加熱(600W)だけでできてしまうんです。

皮パリパリで鶏皮好きには堪らんです。

身もふっくらジューシーで芯までしっかり火が通っています。

下味は塩コショウと強めのガーリックのみです。

油を加えず自らの脂でソテーされますのでヘルシーだし、車中泊やキャンプ時の糖質OFFにも一役買うことができそうです。

【ステーキとソテーの違い】

肉のソテーを「ステーキ」と呼びますが、肉の焼き具合(レアとかミディアムとか)が選べるのがステーキで、ソテーは完全に火を通る調理法を指すんだそうです。生の鶏肉はやばいので、チキンはソテーになるんですね。逆に、チキンステーキといった場合にはウエルダンのみということになりますかね。


電子レンジで「焼く」ことができるレンジクックの活用法は他にも色々で、魚も焼けます(魚臭が車内に充満するのを防げます)し、野菜だって、チーズだって焼くことができますし、生の餃子を焼くことだって可能なので、まさにアイデア次第です。

そうした電子レンジで「焼く」ことができるおかげで、車内で使えば、油跳ねや臭いや煙の充満も防ぐことができるスグレモノなんです。

ただし、庫内で加熱中に「混ぜる」ことができないので、野菜炒めや焼きそばなど「混ぜながら炒める」のは苦手です。




今回は、車内でステーキじゅうじゅうが可能な電子レンジ調理器「レンジクック」を使ったイチボステーキでした。

実は、マイクロウエーブを遮断して底部を加熱するような調理器具は持っていました(レンジでマルチパン~貝印)が、10年近くも使ってフッ素コーティングが剥がれてきたので、新たに「レンジクック」を購入しました。

レンジでマルチパンは蓋も本体もアルミ製でしたが、レンジクックは本体はアルミ製ですが、蓋はステンレス製で少し重くなっていました。

少しお値段は張りますが、車内だけでなく自宅キッチンでもかなりお役立ちですし、その機能や便利さ、手軽さを考えるとコスパはかなりいいんじゃないかな…と思います。

自分は自宅でのチキンソテーはあえてレンジクックで作りますし、ハンバーグも油を足さないのでヘルシーに焼けるので重宝してキッチンでも活用しています(ちなみに製品には「レシピブック」が付いています)。

車内で「焼き」たいけど油跳ねや臭いや煙が嫌…という方にお勧めの製品です。

それは今日はこの辺で。

レンジクックでカップ焼きそばを作ったら馬鹿旨+アレンジ楽しい!
【焼きそば好きに贈る-2】車載電子レンジで作るカップ焼きそば~お湯捨て不要+旨さ爆上げ



記事に関するコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました