料理とレシピ、キャンプめし

カップ焼きそばのお湯捨て問題~車中泊時のカップ焼きそばのお湯どうしてる?汁麺はちょっとヤバいかも

カップ焼きそばのお湯など車内の捨てたい液体をどのように処理するかの解決法 料理とレシピ、キャンプめし
この記事は約11分で読めます。
Sponsered Link

TEMUバナー8

Sponsered Link

TEMUバナー8

 

カップ今回のテーマは、車中泊やキャンプ時のカップ焼きそばのお湯捨て問題です。調べてみると、実はカップ焼きそばの麺を戻したお湯はそのまま流してしまうのはちょっとまずいのかも?なんて思えるので解決方法を考えてみました。

KAZ
KAZ

車内飲食時のカップ焼きそばのお湯捨て、どうしてますか?自分はペヤングやUFOなどのカップ焼きそばが大好きです。必然的に車中泊やキャンプ時にもカップ焼きそばが登場する頻度は高めですが、カップ焼きそばのお湯捨てはちょっと悩ましい問題です。

特に車内泊といったシチュエーションでカップ焼きそばを食事メニューに加えるのは少々難題です。「お湯捨て問題」があるから…です。

カップ焼きそばの乾燥麺を戻した後の「お湯」はそんじょそこらに好き勝手に捨ててよい液体ではないので、この問題はなかなかに深刻です

ここでは、私が「おお、これだ!」と最近実践し始めた、お湯捨てを気にせずカップ焼きそばをキャンプや車内で食べられる方法を紹介します。

※本稿は広告リンクを掲載しています
Sponsered Link

Sponsered Link  

 

カップ焼きそばの戻し湯はシンクや洗面所などに流してはいけない?

カップ焼きそばは旨いが車内で作る場合はお湯捨てが問題になる

みなさんは普段、自宅でカップ焼きそばを食べる際に、ゆで汁ってどこに捨てていますか?

シンクに流す?

ごく通のことですが、実はそれ、専門家に言わせると「NG行為」らしいです。

熱湯と油がいかんらしいです。

まず「熱」の問題。

シンクの下につながっているパイプや接続部品には「塩化ビニル樹脂」が使われていることが多いらしいのですが、60~70度ぐらいを超えると軟化し始めて、ヘタすると変形・破損することもあるとのことなんです。

「じゃあどこに流すんだよ、他にないだろ?」

おっしゃる通りですが、できればシンクで流す際には水を一緒に流して、熱湯の温度を下げつつ捨てた方がいいみたいです。

沸騰したお湯をカップ焼きそばに注いで、基本3分後だとまだ相当熱いですもんね。なので、水を流しつつ、60~70度以下で流れてゆくようにしてやる必要があるってわけです。

というところから推測するに、キャンプ場の洗い場などの簡素な洗い場などでは家庭用よりも高性能な部材が使われているとは考えにくいですし、ましてや、熱湯を流す前提で作っていない洗面所なんてもっての外ってことになりそうです。

これを知ってから、キャンプ場や道の駅やSAなど(車中泊の可否は別として)での車中泊時のカップ焼きそばのゆで汁はちょっと安易に流せなくなってしまいました。

もう一つの問題は「油」です。

フライド麺は、戻したお湯にも油が溶け出しますから、あれがシンクに流されると、排水ホースにこびりついてしまうらしいです。

油って温度が下がると固まるので排水詰まりの原因になりますし、もしホースにこびりつかずに流れたとすれば、環境の問題になってもっとまずいことになり兼ねません。

乾燥野菜のくずなんかも一緒に流れるので、キャンプ場の排水設備だとさらに悪影響が大きそうです。

カップ焼きそばのお湯を捨てずに汁麺として食べるのは避けたい

昨今、ペヤングのお湯を捨てずに汁麺として食べる…なんて方法がバズっているようですが、自分的には遠慮したいです。

だいたいラーメンだって汁を最後まで飲まないことが多いのに、やきそばを汁麺として食べて、本来捨てるはずのゆで汁を最後まで飲み干すだなんて自分にはとても受け入れがたいです。

ちなみに汁麺のスープは塩分摂取の観点から全部飲み干さない方が良いのだそうですよ。ペヤングが大好きだ…なんて人は、おそらく「塩分摂り杉くん」でしょうから、自分も含めて注意しないと…です^^;

ちょっと怖いこと言いますが、油が固まるから…と排水溝に流すべきでないお湯を飲んでも大丈夫なんでしょうか?冷めて排水溝にこびりつく油を体内に取り込んで大丈夫なんでしょうか。

「やきそば」として食べれば「油」が問題なし…になるわけではないですが、本来捨てるお湯を飲むことで、本来はお湯に溶けた状態で捨てるはずの油分を体内に入れてしまうわけですよね。体内に入った油は35~36度の体温で凝固しないんでしょうか。植物油だから液体のままなんですかね。

その辺りの知見は持ち合わせていないので、単に不安だけが募ります。

獣肉の脂は体温で溶けにくいので、溶けやすい魚(鳥>牛>豚>魚の順で溶けにくいらしい)が健康面を考えるとベター…というのと似ていて、果たしてペヤングの麺から溶け出た油は凝固せずに排出されるのかなどと、普段おもいきり不健康な生活をしているのに何を今さら…ですが心配です。

好きなペヤングが胸を張って健康的だといえる食べ物でないことは意識しているけれど、それを捨てるはずのお湯と油を飲んで、わざわざもっと不健康にする必要はないんじゃないかと思うのです。

ペヤングの汁麺がお好きな方、ごめんなさい。

車中泊で処分に困る液体って意外に多い

実際に車中泊をしてみるとわかりますが、カップ焼きそばのお湯以外にも「捨てたい液体」ってけっこうあります。

例えば、コーヒーやジュースの飲み残し、飲み終えた飲料の氷が解けた水なんか典型ですし、例えば車中泊の食事で味噌汁飲んで、一滴も残らず飲み干します?いつも?カップラーメンの汁も?

自分の場合には、車内でのコーヒーブレイクにもドルチェグストを使うんで、マシンの水タンクに入れた水が余ると捨てざるをえません(ペットボトルに戻す気にはちょっとなれない^^;)。

ドリップコーヒーでも、液体そのものは数滴たれるだけですが、フィルターとコーヒーは思い切り濡れてますので捨てたポリ袋にピンホールが開いていたら悲惨なことになります。

そして何よりカップ焼きそばの戻し湯。

かなり熱いのでポリ袋に捨てる気にはなりませんし、車載の排水タンクに捨てると冷えた後に油がこびりついて後始末が面倒になりそうです。

キャンプ場や高速道路、道の駅などでは「飲み残し用」のボックスが用意されているケースもありますが、まさか、カップ焼きそばのお湯を捨てに行くわけにもいかないし、そんな設備が必ずしもあるわけではないです。

そう考えると、やはり「捨てたい液体」は少なからずあるもんです。

固まるトイレで固めて持ち帰れるがコストが…

カップ焼きそばのお湯捨ては携帯トイレで処理も可能だがコストが割高になる

「捨てたい液体」が簡単に捨てられないとなった時に、最初に思い出したのは「携帯トイレ」でした。

我が家は奥さんがとても「近い人」なので、車移動中などに困ることが少なからずあります。

高速道路であれば、SAやPAといったそれなりの施設がありますし、都会や幹線道路ならコンビニでお礼のお茶1本程度でトイレをお借りすることも可能ですが、渋滞や人里離れた場所ではトイレ問題もなかなかに深刻です。

そこで我が家のアルトピアーノには、携帯トイレが常備されています。

何種類が使った結果、使いやすさで1つの銘柄に決めて、常に5~6回分はストックするようにしています。

この携帯トイレ、中に液体を入れると高分子ポリマー(給水ポリマー)が固まって、しっかりした口の留め具と相まって、液体を逃がさず保持してくれるんで、まさに「捨てたい液体」を入れるのにピッタリです。

でも1つ問題があります。価格です。

自分が使っているのはAmazonで1,360円(10P入り)で、緊急時のトイレの値段としては致し方ない金額と思えるのですが、「捨てたい液体」をその都度入れて持ち帰るごとに136円というのは、ちょっとコストが割高…と感じます。

カップ麺、もう1個買えちゃう金額です。カップ焼きそばが倍の値段になったのと同じなので、かなりコスパ悪いですよね。

捨てられない液体は耐熱シリコン製ボトルで持ち帰る

何か良い手はないものか…と考えていたところ、「これだ!」と見つけたのがこちら。

シリコン製ボトルがあればカップ焼きそば1個分のお湯を処理できる

シリコン製のボトルです。

シリコン製って匂いがきつくて、自分的には飲料を入れて利用するのは無理なんですが、排水タンクとして使うなら匂いなんてあってもぜんぜん構いません。

選んだ際の条件はこちら。

  • 折りたたんでコンパクトに収納できること
  • 口が広めでカップ焼きそばのお湯捨てが可能なこと
  • 熱湯を入れても問題ないこと
  • 持ち帰る際に液漏れなどしないこと
  • できれば中を掃除できること
  • カップ焼きそば2個分以上の液体が入ること
  • 値段(簡易トイレより割安になること)

シリコンボトルはコンパクトに収納可能
折りたたんでコンパクトに収納可能

購入した製品は、折りたためてかなり小さくなるので狭いアルトピアーノの車内にストックしていても邪魔になりません。

シリコンボトルはボトルと蓋部分を分解して清掃することができる
キャップを外せば広口になる
広口のシリコンボトルならカップから直接お湯を捨てることができる
お湯捨てもこの通り

口は広めなのでお湯捨ても問題ないですし、密閉もしっかりしていて、実際に利用したところではお湯をストックした状態で倒れても液漏れはしませんでした。また、多少窮屈ですがスポンジを入れて中を洗うことができます。

耐用温度については、「-50℃~220℃」と、カップ焼きそばのお湯捨て程度は全く問題ありませんが、薄いシリコン製で持てば熱いので「やけど注意」です。

密閉性も簡易的な作りに見えて少々怖いのですが、現在のところ「捨てる液体」を持ち帰る際に、液漏れしたことはないので大丈夫そうです。

ただ、それでも怖いので、「転ばぬ先の杖」的に、水もの用の袋に入れて持ち帰ってくるようにしています。

KAZ
KAZ

寒い時期には夕食にペヤング食べて、シリコンボトルをタオルで巻いて「湯たんぽ」代わりにできないかな…なんて考えていますが、安いシリコンボトルの密閉性がどこまで信用できるか、少々怖いものがあります。ベッドの上で液漏れ…なんてシャレになりません。



条件の中で一番心配だったのは容量でした。

このシリコンボトルは満杯で600mlですが、実際のカップ焼きそばを戻したお湯って何mlかご存じですか?

カップ焼きそばには必要なお湯の量が明記されている

こちらはカップ焼きそばに実際に記載されている「湯量」です(上がペヤング、下がモッチッチです)。これ以外に、500ml超のお湯を推奨している製品もありました。

これを見てちょっと固まりました^^;

600mlじゃ全然足りない?

一瞬アセったのですが、実際に計量してみると、500ml近いお湯を注いでもお湯捨て時に出てくる湯量は200~250ml程度でした。

麺やカヤクが吸うんですね。

実測値でいえば、カップの目安のラインまでお湯を入れて規定時間後にお湯捨て際に出てくる湯量はペヤングは200mlを少し超える程度、モッチッチは250mlぐらいでした。UFOも、一平ちゃんも200~250ml前後でしたので、600mlの内容量があれば2個分のお湯をストックするのには十分と言えます。



あとは値段ですが、初めの想定通り、簡易トイレを使用するより割安であればOKです。

この製品は購入当時で1,400円ほどでしたが、我が家で使っている簡易トイレが10P入りで1300円ほどなので、ボトルで「捨てたい液体」を10回以上持ち帰れれば、元を取ったと言えそうです。

耐久性に関しては、数回使った印象では、たぶん100回でも大丈夫な感じです。

グレータンク代わりに食品保存ボトルを使う

前項のシリコンボトルの容量は600mlでカップ焼きそば2個分でしたが、カップ焼きそば以外の「捨てたい液体」が多い場合には、キッチンで使用する食品保存用の耐熱容器がおすすめです。

  • お湯捨てがしやすい広口であること
  • 100℃程度まで耐えられる耐熱性能
  • スクリューキャップで液漏れしないこと
  • 手を入れて洗うことが容易なこと

そんな条件で保存容器を探すとけっこう種類があるし、価格も安物がたくさん見つかりました。

以下のリンクで紹介している容器は、上記の条件をすべてクリアしていて、1500mlの容量があるので、カップ焼きそばだけでなく車内の「捨てたい液体」すべてを収納できそうです。

シリコンボトル膿瘍にコンパクトに収納することはできませんが、その分、容量が多く、取り扱いが簡単で洗浄もしやすい利点があります。非常に安価なのでグレータンク専用に1つ用意しておいてもいいのかな…と思います。

直接液体を入れるのが憚られるようなら、耐熱の保存袋を中に入れるのも「手」です。この袋は丈夫なので、湯煎や電子レンジなどでの調理や食品保存にも便利に使えます。

また凝固剤を併用すれば、「捨てたい液体」だけでなく、緊急時トイレとしても利用可能です。

created by Rinker
¥446 (2024/02/22 12:07:07時点 Amazon調べ-詳細)
耐熱温度の記載はありませんが、電子レンジOKとなっているので、120~140℃は大丈夫という読み換えが可能です。
created by Rinker
¥440 (2024/02/22 16:20:05時点 Amazon調べ-詳細)
KAZ
KAZ

実は自分は孤立的なキャンプが好きなので奥地へ入ってしまうことが多く、そうすると近場にトイレがない事が多いので、深夜のトイレなどは簡易的・緊急的に済ませてしまうことがあります^^;;

車中泊のカップ焼きそばのお湯捨て問題まとめ

今回は、車内の「捨てたい液体」の処理方法について考えてみました。「捨てたい液体」の多くは、シンクや洗面所はもちろん、地面などに絶対流してはいけない液体であるケースが多いので注意が必要です。

カップ焼きそば好きのキャンパーさんの多くが一度は悩んだ問題ではないか…と思いますが、自然を愛する者として、自然や施設・設備に悪影響があるような行動は慎みたいもので、そう考えると、持ち帰ってルールに則って処理するのがスマート・アウトドアと言えそうです。

皆さんはカップ焼きそばのお湯捨て、どうしていますか?

それでは今日はこの辺で。

コメント欄は最下段にあります。
Sponsered Link

■ 著者紹介 この記事を書いたのは…
KAZ

当ブログの管理人KAZです。

「喜田宗彦」の筆名でWEBライターをしています。ライター歴は10年超で専業ライターになって7年になります。執筆ジャンルはモバイル通信・格安SIM、iPhone等のガジェット関連、アウトドア・車中泊・車載家電・ポータブル電源や節電関連、アウトドア料理・キャンプめし等です。

本ブログの記事は、実際の体験を中心にライターとしての経験や取材で得た知見、懇意にしてくださるメーカーさんなどから得た知識・情報等を反映した記事を執筆・掲載しています。

また食べることが好きで食べ物関連の記事多めです。特に安くて美味しいものに目がありません。地元グルメやチェンめしも好物です。

2020年3月に購入した小型バンコン「アルトピアーノ」でバンライフに目覚めました。現在は乗り心地改善や車内電化、ポータブル電源による節電に興味があります。

喜田宗彦Portfolio
当ブログについて

Sponsered Link

 

Enjoy Camper Blog