料理とレシピ、キャンプめし

カップ焼きそばアレンジレシピ~日清焼そばUFOで「広島焼き風お好み焼き」を電子レンジだけで作る

カップ焼きそばUFOで広島風お好み焼きアレンジレシピ 料理とレシピ、キャンプめし
この記事は約6分で読めます。
Sponsered Link

Sponsered Link

今回はカップ焼きそば「UFO」をアレンジして、電子レンジだけで「広島風お好み焼き」を作ろうと思います。単にカップ焼きそばを使ったお好み焼き…というだけでなく、火を使わずに電子レンジ調理でというところがミソです。

UFO焼きそばは旨いですけれど、UFO1個では物足りないと感じることがありますよね。そんな時に作るのが今回紹介する「広島風お好み焼き」です。今回のアレンジレシピでは「あるもの」を使うことで焼かずに広島風お好み焼きっぽいものを作ります。

※本稿はアフィリエイト広告を導入しています
Sponsered Link

Sponsered Link

 

UFO焼きそばの電子レンジアレンジした広島風お好み焼き

まず出来上がりから見てください。

こんな感じのものを作るレシピを紹介してゆきます。

UFOアレンジの広島風お好み焼き~材料

UFOアレンジの広島風お好み焼きを作るには以下のものを用意してください。

  • 日清焼きそばUFO
  • 千切りキャベツ
  • お好み焼き用の具材(干し海老・揚げ玉などお好みで)
  • ソース(普通のソースでも、おたふくでもお好みで)
  • マヨネーズ
  • トルティーヤ これが肝!
  • 玉子1ケ
  • 青海苔、削り節等

他のカップ焼きそばじゃダメなの?と言われそうですが、今回のレシピは容器が丸型であることが重要です。丸型のカップ焼きそばで直径が同サイズならUFO以外でも大丈夫です。

UFO以外は、だいたいお好み焼きに使用する材料ですが、今回、電子レンジ調理だけでお好み焼きを作るにあたって特徴的なのが「トルティーヤ」です。

【トルティーヤ】

我が家で使っているトルティーヤ

トルティーヤはタコスに使用するソフトシェルと呼ばれる小麦粉のシートで、スーパーなどで冷凍で売られています。

通常、お好み焼きは水溶きの小麦粉を焼いて作りますが、今回のように電子レンジ調理の場合は「焼き調理」ができません(※)。

実は、最初に発案した当初は皿の上にラップを張って水溶き小麦粉を加熱して生地を作っていましたが、固まるのに時間がかかることや、ラップに張り付いてしまって意外に手間がかかってしまうので改良を模索していたところ、トルティーヤに出会った次第です。

このトルティーヤ、サイズが驚くほどUFOの容器にシンデレラフィットなんです。

【千切りキャベツ】

千切りキャベツは、電子レンジ調理なのでしんなりさせやすい細目がおすすめです。コンビニやスーパーで売っているサラダ用に千切りになったカットキャベツでもOKです。

千切りキャベツは事前にレンチンでしんなりさせておきます。これもコツです。

UFOアレンジの広島風お好み焼きの作り方

【トルティーヤの準備】

まず最初に、UFOがカッポリはまるお皿を用意してください。少し深さがあるといいです。

そこにラップを広げ、トルティーヤを1枚置きます。ラップは必ず敷いてください。「なぜラップ?」と思われるかもしれませんが、最後の工程でラップを敷く意味が分かります^^

トルティーヤの上に玉子1個を割り、黄身を崩してザックリ混ぜます。電子レンジ調理で作るので黄身は必ず崩してください(崩さないと爆発するので要注意)。

さらに、その上に刻んですでに加熱済みのキャベツを乗せます。

並行してUFOを作ろう!

≪このぐらいのタイミングで並行してUFO焼きそばを作り始めます≫

UFOに、お湯を入れ麺を作ります。

この際、干し海老や切りイカなどを入れる場合は一緒に入れてください。揚げ玉は、後で…がいいと思います。

3分たったら湯切りします(少し早め麺硬めでも大丈夫)

トルティーヤの方は…というと、

玉子を固めるために少しレンチン加熱します。

トルティーヤを乗せた皿にふんわりとラップをかけて500Wで1分30秒加熱します。
 
画像のように玉子が固まり、キャベツがしんなりします。キャベツにソースをかけてキャベツに味つけします。

湯切りしたUFOを仕上げる

一方、湯きりしたUFOは、付属のキャベツのほか、干し海老、切りイカ、湯きり後に揚げ玉を加えましたのち付属のソースをいれよ~く混ぜます。

付属のソースでなく「おたふく」などお好きなソースで味つけしてもOKです。付属ソースでない方が、カロリーは抑えられヘルシーですが、油分がないので若干混ぜにくくなります。

 
【トルティーヤとUFO焼きそばを合体】

ここまで別々に進行してきたトルティーヤとUFO焼きそばですが、いよいよここで合体させます!

トルティーヤの皿の上に、UFOの容器をクルっとひっくり返して乗せます!

皿の上のトルティーヤには、玉子・キャベツ・ソースが乗っていますが、その上にUFO焼きそばを重ねた感じになるわけです(UFOのカップは外さずに被せたまま)。

UFO焼きそばのソースがキャベツにも滴るように少し揺すってやってから、皿とUFOのカップを一緒に天地をひっくり返します。

つまり、カップに入った焼きそばの上に、ソース・キャベツ・玉子の順で乗っかって、一番上にトルティーヤが乗った状態になります。

トルティーヤのサイズはUFOのカップにすっぽり入ってしまうサイズなので、カップの中にすべての具材が収まるわけです。

そして、そ~~っとお皿を外します。

この時、お皿の上にラップを張っておかないと、トルティーヤがさらに貼り付いてしまって外れません。ラップがあると、ひっくり返しただけでトルティーヤがスルッとはがれてカップ内に落ちる…というわけです。

オタフクソースをかけ、そしてマヨネーズ、けずりぶし、青海苔をふりかけて最後のドレスアップをして、これで完成です。

トルティーヤ、まるで計ったように、UFOのサイズにピッタリ…でしょ?


如何でしょう?

UFO焼きそばが広島焼きになりました。

早速、食べてみましょう。

お店で食べた広島焼きとは、重なっている順番がちょっと違いますし、本来、生地の方に入っているべき干し海老や切りイカが麺の方だったり…と、変なところは少なからずありますが、それでも、なかなか旨そうな見た目ですし、実際旨いです。

当初の目的は、カップ焼きそば1ケじゃ物足りない時に…でしたが、これは、そんなレベルはかなり通り越している感じで、相当お腹いっぱいになります。

余談ですが…、使う道具が皿1枚とラップだけ…というのもお手軽調理の秘訣なんですよね。洗いもの…というか、事後の後片付けの楽チンさも、重要だったりしますので^^

丸型容器のUFOならでは…の広島焼きでした^^


記事へのご意見・ご質問等はメールではなくコメント欄にお書きください。
※コメント欄は最下段にあります。
Sponsered Link

Sponsered Link

■ 著者紹介 この記事を書いたのは…
KAZ

「喜田宗彦」としてWEBライターをしています。ライター歴は10年超です。本ブログの記事は、自分自身の実際の体験や経験、ライターとして取材や調査で得た知見、懇意にしてくださるメーカーさんなどから得た知識・情報等を反映した記事を執筆・掲載しています。アウトドアについては1982年ごろからオートキャンプを開始しキャンプ歴は40年超になります。2020年にはバンコンタイプの小型キャンパーを購入し車中泊の楽しさに目覚めました。
また食べることが好きで食べ物関連の記事多めです。特に安くて美味しいものに目がありません。地元グルメやチェンめしも好物です。
ブログ運営者について