【アルピ快適化】車載電子レンジを棚上へ移動~走行中の落下を防ぐ固定方法とは

車載電子レンジ快適化・改造・カスタム
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Link

車載電子レンジを棚上に設置したい…。

購入以来ずっと床に置いていたアルトピアーノ車内の電子レンジを棚上に移動させたいと思うようになりましたが、我が家のアルトピアーノの棚(正式にはコーナーテーブルという)上に電子レンジを常時設置するのはちょっと対策が必要です。

というのも、棚下には冷凍冷蔵庫が収まっており、上部の蓋代わりの棚板がただ載せてあるだけだからです。

ただ載せてあるだけのボードの上でも、停車している時~つまり車中泊やキャンプ中は棚上に置いておいても問題ありませんが、走行中もそのまま置いておくとなると、落下防止の対策が必要…というわけです。

今回は、電子レンジを、停車中はもちろん走行中も含めて常に棚上に電子レンジを置いておくための落下防止対策についてです。

電子レンジを棚上に設置するとメリットがいっぱい

電子レンジは、アルトピアーノ(というより車中泊可能な車両)を購入すると決めた時から車内に設置しようと決めていました。

どちらかというと、車中泊も含めて車内での飲食の中心は「電子レンジ」と決めていた節があります(その理由は、車内で直火を使わない、油ハネする調理をしたくない…という思いがあります)。

購入車両をアルトピアーノに決めて以降は、アルトピアーノのどこに電子レンジを置けるのか…を考え、結果、テーブル下のスペース(床に直置き)にすることに決め、ベッドまでの高さに合わせて全高が合う製品を選びました。

この場所に設置した理由はもう1つあって、この真上が電装のコントロールパネルでAC100Vのコンセントがあるので電源を取りやすいというメリットもあったんです。

実際の使用でも、飲食する場所の足元にあるので、少し身体を屈めれば使えますし、就寝時にベッドに展開したばあいでも、テーブルを外すだけで電子レンジの移動不要でベッドのボードを設置できるので、「またとない場所」と思って1年以上ここに据え付けたままでした。

でもだんだん常時積んでおく荷物が増え、電子レンジ上にもストックを置くようになると、足の置き場がなくなり、次第に居住性が悪化してしまいました。

車載冷蔵庫は「防災備蓄」のストッカーとして使うことに決めた

先日の「防災備蓄の6か月点検」の記事でも書きましたが、アルトピアーノの車載冷蔵庫は購入以来、一度も電源を入れたことがありません。

使うには、まず棚板を外してから冷蔵庫の上部扉を開閉する必要があって面倒くさいのと、キャンプ時に車外に持ち出せないので、要冷蔵の食品や飲料などはクーラーボックスを使ってしまいます。

つまり「車中泊+外キャンプ」の自分のスタイルにマッチしていないってことで、冷蔵庫の出番はまったくないのです。

それでどうせなら「防災用備蓄」のストッカーとして使うことにしました。

なので、実際に災害が発生しない限り、およそ半年ごとの賞味期限チェック意外に冷蔵庫は開けない…ということになり、それなら、冷蔵庫上に電子レンジを常時設置してしまっていいだろうという訳です。

ただ棚上に置くだけでは走行中に落下の可能性~どうやって固定するか

電子レンジを棚上に置くことで、着座の目線の高さに置かれることになり電子レンジ自体の使い勝手が向上するとともに、テーブル下の車内スペースも広々と使えるようになります。

さらにキャンプ時にはキャンプ道具などを開いたスペースに積載できるのでパッケージが楽になる期待もあります。

ただ、単に電子レンジを棚上に置くだけでは走行中の落下の可能性があって怖いので、なんとか固定しなければならないのですが、乗せる棚板自体が固定されていないので、そこに電子レンジを固定しても棚板ごと外れてしまう可能性がありました。

まず、何らかの方法で棚板が簡単に外れないようにしなければならず、その上で、電子レンジを固定する方法を考えなければなりません。

最初に考えたのは、棚板自体を木ねじか何かで固定してしまう方法ですが、木ねじでは止めたり外したりしている間にネジが馬鹿になってしまいそうなので、木ねじではない何かで固定する方法を探しています(頭の平らなネジを閉められるネジ穴を開ける道具があるといいのですが名前がわからず見つけられていません)。

その次に思いついたのがこれ。

こちらは「クランプ」という部品で、よく卓上照明などをデスクに固定するために使われていて、ねじを締めて上下から挟み込んで固定する道具です(実際、商品名は「デスククランプ」)。

Amazonで散々探してやっと見つけて商品名がわかって、ホームセンターに買いにいったところ、工具としてのクランプはあるけど、このデスククランプは全く取り扱いがなく結局Amazonで購入しました。

このクランプに板材を長めに挟み込んで、固定されている棚板と載せてあるだけの棚板を固定しようと考えたのですが、残念ながら、これをはめ込むスペースがなく活用できませんでした。

そこで妥協案として考えたのは、乗せてある棚板に強力な粘着テープを貼り、その上で大きめの目玉クリップで止める方法です。

写真の中央に縦に走る線が、固定された棚板(右側)と、乗せてあるだけの棚板(左側)の境目で、その両方に噛むように大きめの目玉クリップで挟んで止めています(滑り止めを一緒に噛ませています)。

大した耐久力はないかもしれませんが、粘着テープの粘着力と、目玉クリップは目いっぱい開いているてそれ以上開かないので、ある程度の抵抗があると思います(少し様子を見てダメそうなら木ねじで直接止める事も考えます)。

固定された棚板に固定ベルトを通すカラビナを取り付ける

棚板にこんな部品を取り付けました。

固定金具とカラビナは別売りの部品で、もう少し大きいカラビナを付けたかったのですが、固定金具がこれしか見つからず、穴に通るサイズのカラビナしか使えなかったのでこの大きさです。

使った部品はこちら。

「スプリングフック」と「平甲板」(カラビナぢゃない)という名前だそうですが、頭の中で想像できても名前がわからないので検索することも、店舗スタッフに伝えることもできず、売り場をしらみ潰しに見て回ってやっと見つけました。

こんな感じで棚板の奥側にこんな感じで固定して、固定ベルトを通します。

手前側は、コーナーテーブルの一部(リアハッチの前)を取り外した際に回収した部品(ツマミ)を流用しました。

この奥側のカラビナと、手前側のツマミに掛けて固定ベルトでレンジを固定しよう…という訳です。

こちらは、実際に電子レンジを棚上に置き、固定ベルトで固定した様子です。

手で揺すっても思ったよりしっかりしていて、あまりに『急』な運転をしない限り、滅多なことでは落下しそうにありません。

レンジ下には滑り止めを敷いてあり、横滑りしにくくなっていますし、固定ベルトでの固定も想定以上にしっかり固定できているので、今回の作業はここまでにしました。

走行中は固定ベルトで固定、車中泊、車内食、キャンプ時など停車時にはベルトを外せば電子レンジが使える…というわけです^^

ただ、走行してみて落下の危険性があるようなら、棚板を木ねじで止めてしまうことも考えています。

延長コードで電子レンジ用のコンセントを設置

サブバッテリーは車体反対側にあるので、延長コードをベッド下から回して電子レンジ用のコンセントを作りました。

粘着テープで仮止めしているだけですし、テーブルタップもあり合わせで汚いので、「やる気」が出たら新しいテーブルタップをもっと綺麗に敷き直したいと思っています(やるかな~~笑)。

というわけで今回はここまでです。

最終的には、現状こんな感じのレイアウトになっています。

あテーブル下の足元が広々と開いていて使い勝手が大幅アップ、電子レンジ自体も扉を開けやすく、ダイヤルの目盛りも見やすくなって使い勝手がアップしました。

電子レンジの向こう側にはダイソーの小さい方のコンテナを置いて、不要なカーテンや雨合羽などを入れています。下のストッカーには、食器やカトラリー、ドリップコーヒー、ランタン、飲料水・お茶などを入れています。

あ、そうそう。ポータブル電源がないじゃん?って話なんですが、真夏の車内は50℃近くにもなりますので、バッテリーには過酷すぎる保管場所なので降ろしています。使うときに載せます。

やっと電子レンジの移設が完了…ってお話でした。

アルトピアーノの快適化が、また1歩向上した感じです^^

それでは今日はこの辺で。

電子レンジ選びはこちら
最小コストでキャンパーに車載電子レンジを設置するには

記事に関するコメントはこちら

  1. こんばんは~私もアルトピアーノを購入することになったので参考にさせていただきます

    レンジは私もほしいのですが、私の装備にはシンクが付いているのでどこに置けばいいか悩みまくりです・・・

    カーテンの付け方などもとっても素敵です

    今後とも仲良くしてくださーい

    • コメントが反映されずご迷惑・ご不快をおかけして申し訳ございませんでした。

      3週間近く放置してしまって申し訳ありません。
      アルピ、購入されたんですね。ツートンですか?可愛いですよね。
      ボクは今回棚上に置くまでは床に置いてました。他に置き場所ないんで。
      あと置くとすればリアハッチ前ぐらいしかないですかねえ。

      カーテン、ありがとうございます。
      またあそびにいらしてください。

タイトルとURLをコピーしました