【レビュー】防虫ネット リアゲート用・網戸(カーメイト)

グッズ・アイテム
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Link

夏のキャンプや車中泊の必需品「網戸」。

蚊や虫を防ぐためにはなくてはならない防虫ネットですが、今回、カーメイト製リアゲート用を購入しました。

汎用サイズなので我が家のアルトピアーノ(タウンエース)に大きさや形は合うのか、風通しはどうか、蚊や虫は防げるかなど実際に使ってみてレビューしていようと思います。

夏のキャンプや車中泊の必需品~網戸(防虫ネット)

夏のキャンプや車中泊の必需品の1つである「網戸」ですが、我が家のタウンエース・アルトピアーノの場合、リアの左右のスライドドア用の網戸はディーラーのサービスで無料で貰う事ができました。

また、運転席・助手席の窓は、リアの居住スペースにいる間は、手が届かないこともあって、まず開ける事がないので、網戸は不要と思っています。

風通しの点で一番の問題はリア・クオーターの左右が「羽目殺し」であるため、スライドドアの窓を開けて換気扇を動かしても、リアクオーター~リアゲート付近の空気が動かないことです。

扇風機で強制的に空気を動かしても限界があると言う事で、今回、カーメイト製の汎用リアゲート用防虫ネットを購入した次第です。

購入目的は「防虫」よりも、「防虫しつつリアへの風通しの改善」といえます。


アルトピアーノにはちょっと大きい!これで虫は防げる?

こちらは、先日、神之川でキャンプしたした際に、まだ雨が降り出さないうちに設置したリアゲート用の防虫ネットです。

遠目には問題ない感じですが、実は、かなりデカいのです^^;;

左右も上下もネットが余ってしまって、アルトピアーノのリアハッチの黒いゴム枠の外に「たわみ」がやたらできてしまって、隙間だらけで、「これで防虫できる?」って感じなんです。


そこで、目玉クリップで隙間ができないように数か所を留める必要があります。

さらに、この防虫ネットには取付け用のマグネットがいくつか取り付けられているのですが、弱い! ネットを固定するどころか、脱落を防ぐ磁力もありません^^;

ネットの「たわみ」の隙間を作らないようにしつつ、ネット自体を脱落させないように留めておく必要があります。


その結果、リアゲートの周囲は目玉クリップだらけに…(笑)



しかも、ゲートを全開放したままなら、見た目は別として、これで問題ないのですが、就寝時などにハッチの開放を小さくしたい場合には、上の方に大きな(クリップ力の強い)目玉クリップを使うと、ハッチに干渉してしまうので、上部は小さい目玉クリップが必要です。

防虫ネットを設置するのに、2種類のクリップを使い分けるって、正直面倒くさいです- -;


目玉クリップの代わりに、マグネットクリップを使うと小さくて固定力も強くて良いのですが、鉄板部分でないと使えない事と、横方向の力が加わってズレると塗装を傷めます。

ハッチの内側なので良いようにも思いますが、雨水が流れる部分でもあるので、錆が心配になりますので、マグネット使用はあまり気が向きません。


中央のジッパーは開閉し、リアからの出入りも可能

ネットは中央にジッパーが取付けられていて左右に開きますので、リア側からの乗り降りも可能です。


ジッパーは中外両方に取っ手があるので、どちらからでも開閉可能です。


車内からの見え方はこんな感じです。

日中に限りますが、冒頭の写真のように外→中は若干のブラインド効果があり、中→外は、ほとんど見え方に影響はありません。

夜間、中が明るく外が暗い状態では全くブラインド効果はありません。


リアハッチを半開きの状態にする事も可能ですが、ハッチの「受け」がゴム枠の内側にある車種によっては中央ジッパーからステーを通す必要があるかもしれませせん。

タウンエースの場合には、ゴム枠の内側には何もないので、ネットに干渉するものがなく、非常に取り付けやすい構造です。


車種によっては、という話しをするのであれば、ハッチを支えるステーがゴム枠の内側にある車種もありますが、その場合には左右に設けられたジッパーに通す事で隙間をなくして設置する事ができます。

左右のジッパーは、別々に分かれる構造なので、捨てを挟みこむように閉じれば、ステーの取り付け位置に関わらず防虫ネットを取り付ける事ができます。


防虫ネットの使い勝手や風通し、防虫性能は

こちらでは、防虫ネットを設置した上で、リアハッチを半開きの状態にしていますが、ハッチ全開放かこの状態での利用が多いと思いますが、実際に何回か使用してみましたが、充分に実用的だと感じました。

車載の換気扇を回せば、リアから風が通って空気が淀んでいたリアクオーター付近がスッキリした感じがします。

特に神之川では、高原の涼しい風が通り抜けていって、全くエアコンいらずで非常に快適でした。

残念ながら夕方から雨が降り出し、深夜にかけて強くなったので、防虫ネットを設置してリアドアを開けた状態での就寝はできませんでしたが、その有用性は充分に感じる事ができました。


防虫に関しても問題ないと思います。

さすがに涼しい神之川はほとんど虫がいなかったのに対し、我が家の駐車場にはわんさか蚊がいて無対策では刺されまくりなのですが、ネットと網戸をしていれば車内に侵入される事はありません。


家内に作ってもらうアロマの虫除けとの併用で、駐車場での蚊の被害はほとんどありません。



1点気になったのは「臭い」です。

何の臭いか分からないですが、開封時、薬品のようなというか、化学製品の臭いというか、何ともいえない臭いが強くしていましたが、屋外で陰干しをしたことろ、1~2日で臭いは気にならない程度に抜けました。

数回利用しても完全に抜けきってはおらず、設置すると周囲に独特の臭いが漂いますが、徐々に弱くなっているので、そのうち消えるのではないかと思っています。

個人的には、臭くて車内にいられない…というほどには酷くないと思います。



今回は、リアゲートの防虫ネットについてレビューしてみました。

就寝時に使った事がないので、その点でレビューとしては若干物足りないかもしれませんが、蚊の侵入を防ぎ、空気が滞りがちなリアクオーターの風通しも改善されましたので、たぶん、今後も継続的に利用すると思います。

ということで、今回はこの辺で。


created by Rinker
¥2,920(2021/09/23 10:47:55時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,322(2021/09/23 10:47:56時点 Amazon調べ-詳細)

記事に関するコメントはこちら

  1. 脱落を防ぐ磁力もないマグネットに思わず笑ってしまいました。
    メーカーも取り付けて検証しないのですかね。
    マイカーに合うネットを探してみます。

    • おはようございます。
      ご訪問&コメントありがとうございます。

      >脱落を防ぐ磁力もないマグネット
      いやまじで磁力はほとんどないに等しいです^^;

      >メーカーも取り付けて検証しない
      もしかすると、折りたたんだ状態で長期在庫になっていると、
      磁石同士が干渉して磁力が弱まったってこともあるかも?と思っています。

      でもネット自体は有効なのでうまく取り付けて使ってゆこうと思います。
      磁力回復も可能なようなので、回復出来たら記事に追記したいと思います。

タイトルとURLをコピーしました