日本市場撤退の「Camping Gaz(キャンピングガス)」のポケットストーブはもう使えないのか?

Camping Gazのポケットストーブ グッズ・アイテム
グッズ・アイテム
この記事は約6分で読めます。
Sponsered Link


ポータブル電源セール情報はこちら
Sponsered Link


ポータブル電源セール情報はこちら

今回はちょっと懐かしい「CampingGaz」について。

昔々、今から30年以上も前の話しですが、まだ私が20代後半~30代前半の時分、流面形セリカやトラックだった頃のハイラックススサーフに道具を詰め込んでキャンプに出掛けていました。

その当時、最もよく使ったストーブが、キャンピングガスの「ポケット型」という折りたたみ式のコンパクトなストーブでした。

黄色やモスグリーンより、快晴の空のような明るいブルーが印象的だったのが「キャンピングガス」でした。

Sponsered Link

Sponsered Link

30数年後に帰ってきて驚いた~すでに日本から撤退済み!

我が家にはキャンピングガス製品がいくつか残っている

キャンプから遠ざかって30数年、2019年になって急にアウトドアやら、キャンプへの興味が再燃し、昔の道具たちも復活させてやろうと取り出してみたら、風防は錆びているもののしっかりしてるし、これなら現役復帰間違いなし…、しかしボンベのガス残量がほとんどない。

そこで新たにボンベを買おうとして衝撃の事実を知ることに…。

キャンピングガスが日本から撤退していたなんて…。

そう言えば、アウトドア売り場にあの青い缶がない事ことは視界に入っていたような。調べてみたら日本から撤退(キャンピングガスはフランスのメーカー)したとか、コールマンに買収されたとか。

30数年ぶりにキャンプ復活しようと思ってこっちの世界へ帰ってきたら、メーカーがとっくに日本から消えていましたとさ。

お気に入りでよく使っていたメーカーだったけど…

キャンピングガスのポケットストーブはコンパクトに折りたたんで収納できる

当時、使っていた熱源はいくつかあったと記憶しています。

かのコールマンのホワイトガソリンを使う2バーナーも持っていたんですが、小さくて軽量で、組み立ても手早く、火力もまあまあだったので、使用頻度はCG(CampingGaz)のストーブが圧倒的に多かった記憶があります。

しかもシンプルな構造だけに故障しない(故障する程複雑じゃない)し、耐久性もあるので、使いっぱなしでバッグに放り込んでいても特に問題なしでしたしね。

それに安かったしね^^

すでにCV250缶は市場には存在しない!

キャンピングガス「CV250」

店頭では青い缶を見かけないものの、Amazonなんかでは細々とボンベが売られていて、「あな嬉しや」と買おうと思ったが、念のため互換を調べると、手元にある「ポケット型」には「CV250」という缶しか使えないそうな。

名前が似ているCV450でさえ使えないなんて、そりゃそんな身勝手な商売してたら撤退を余儀なくされても当然かもしれませんね。

だけど、残されたユーザーはどうするの?

2006年にはCV250は出荷が止まったらしく、フリマ等にたまに出品があるようでも、今さら気づいた浦島さんでは後の祭りのSOLDOUT。

なんか、調べてゆくとツワモノどもは、ガスを自分で充填して使っていて、専用のアダプターも売られているみたいだけど、怖くない?いや~、知らないが故の恐怖なのかもしれないけど、やっぱり自分で充填するのは怖いなあ。

だったら、ポケット型は今あるガスがなくなったら終了ね…

キャンピングガスのポケットストーブはいまだ健在で青い炎がきれい

って事になるよねえ。いやあ慣れ親しんだ道具だし、試しに掃除も何もせずにいきなり着火してみたたけど、つい昨日まで使っていたかのように普通に着火してくれて、ガスさえあれば…とより強く思ってしまった次第です。

青い炎が青いタンクとよくマッチしているでしょ?

残り少ないガスを温存するため、写真を撮って速攻消したけれど…。

キャンピングガスのランタンもある~予備マントル付き

キャンピングガス製ガスランタン

実は、CGのランタンも持っているんですが、これもポケット型ストーブとボンベ共用で使ってたって事は、これもCV250専用ってことでしょ。

CV250がなきゃお手上げじゃん^^;

キャンピングガス製ガスランタンの予備マントル

しかもご丁寧に予備のマントルが2つもあるっていうね、ガスボンベさえあれば「ラッキー」「物持ちいいよね~」となる処が、何の意味もないもんねえ。

CampingGazのポケットストーブでメスティン飯を炊いてみた

キャンピングガスのポケットストーブでメスティン炊飯

「使えるのかな」

というわけで、何年かぶりにキャンピングガスのポケットストーブを使って炊飯をしてみました。

ポケットストーブは全く問題なくきれいな炎でメスティンを加熱中

だいぶサビサビですが、きれいに燃えますね^^

はじめチョロチョロ、なかパッパで基本に忠実に飯炊きをしました。

ダイソーの「砥石」でメスティンに重し

余談ですけが、「重し」なんだと思います?

100均の包丁研ぎ用の砥石です。

重さや大きさがちょうどいいので良く使います。副次的なメリットとして、石なので蓄熱性がよく火と消した後でもずっと熱いので、米を蒸らす間はずっと乗せています。

キャンピングガスのポケットストーブで美味しそうに炊けたメスティンめし

なかなかいい感じに炊けました。

ポケットストーブ、久々に使いましたがまだまだ全然現役で使えます。

メスティンで炊いたご飯は程よいおこげが旨い

適度に焦げて香ばしく美味しいご飯が炊けました。

現役復帰か完全引退か…さてどうする?

ポケットストーブは1988年1月の製造

どうしますかね。

バーナー自体は錆は浮いているものの、ちゃんと使えるし綺麗に燃焼してくれますが、問題はぼんべですよね。

ボンベの問題は「充填」と「耐久性(=安全性)」です。

アダプターを入手して自分で充填するか。

あるだけのガスを使い切ったら「我がキャンプの歴史」の遺物として保管するか、フリマで売りはらうか。

充填すること自体には危険はないのかなあ。いや、無いわけないよね。

  1. ガスを移すための「正規」のアダプターは存在しない
  2. 何らかの方法でガスを移したとしても自己責任 事故が起きても補償なし
  3. ボンベ自体、購入から30年以上も経過していて耐久性などに不安がある
  4. そもそもガスバーナーの使用頻度が低い

どうしてもCampingGazを使おうと思えば、怪しい「かの国」の部品を購入して自分でCB缶から移すことになるが、メーカー純正品や正規部品はないのであくまで自己責任だし、何かあっても一切補償がはない…。

ボンベの中からどれだけの圧力がかかるか知らないけれど、購入から30年以上経過していて、所々錆が出ているボンベにガスを充填して大丈夫なのかという心配・不安も拭いきれないし。

何よりも、復活したアウトドアは当時のスタイルとは異なり、BBQコンロでの焚き火や炭火、アルコールバーナーを使うことが多い上、さらに、最近ではもっぱら車中泊メインで車内で火気を使わないことに決めているため、イワタニのコンパクトバーナーもほとんど出番がない状態。

キャンピングガスのガスボンベは当時500円程度で購入できた

そんなことを考え併せると、怪しげな道具でリスクを冒してまでガスを移す必要はあるのか…思案のしどころかもしれません。

単なる結論の先送りに過ぎないかもしれないけれど、とりあえず今残っているガスを使い切ったら、その時にどうするか決めることにするのはどうだろう…。おそらく、現時点の想像では、ガスバーナー自体の使用頻度が低いことから、きっとずっとこのままなんじゃないか…なんて思います。

そのうち、ボンベが保管できないレベルに劣化してそのまま廃棄…。

そんな未来が見える感じです。

今もし、ガスを充填して使えるようにしたとしても、ガスボンベの耐久性の限界が来るのは同じなので、ここで無理にガス充填することもないかな…という感じです。

やはり安全を優先すれば、早めに使い切ってしまうしかなさそうです。

created by Rinker
¥3,882 (2022/12/06 13:44:32時点 Amazon調べ-詳細)



と言う訳で、今後どう対処すればよいやら決めかねているキャンピングガスのポケット型ストーブについて書いてみました。

残り少ないガスを炊飯で使ったので、ますます「どうする?」状態ですが、やはり使い勝手が良いという印象を持ったものの、だからといって現役復帰してメインの熱源にできるわけでもないし。

本文中にも書きましたが、ガスバーナーをあまり使わないスタイルに変化した事と、ぼんべの耐久性が心配~今は良くても近い将来には限界が来るのは確実~なので、現役復帰は難しいんじゃないかと思います。

あと、あるとすれば誰かに譲る…って方法ですかね。メルカリとかで(ボンベは出せないけど)。

なんで撤退しちゃったかなあ。。。

Camping Gaz、悩みがつきません。

それでは今回はこの辺で。

PVアクセスランキング にほんブログ村

  1. Enjoy Camper より:

    こんばんわ。
    >ガス漏れが止まらず
    それは怖いですね。うちにも少しずつガスが残ったボンベが5缶ありますが、幸いどれも正常のようです。
    もし、同様の症状が出ていて何かで改善できた経験などお持ちの方、教えて頂けると助かります。

  2. 峠のひととき より:

    私も、キャンピングガスの ポケットストーブ を持っていいて、CV250がいくつか残っていたので、最近再び使い始めました。困ったことに、ストーブを抜いた時に、CV250側のゴムパッキンが劣化しているためか、ガス漏れが止まらず危険です。
    皆様、同じような現象はありませんか?

  3. Enjoy Camper より:

    こんばんわ。
    そんなサービスがあるんですね。
    良い情報をありがとうございます。
    もし、本稿をお読みの方で同じシチュエーションでお困りであれば、教えて頂いたサービスを検討してみるとよいかもしれませんね。
    こうした情報の共有は大歓迎です。

  4. 半田孝太郎 より:

    こんにちは。初めてコメントさせて頂きます。
    随分昔の話ですがCGのランタン(CV250専用)を使ってました。CGが国内撤退によりCV250ガス・ボンベは入手難。そこで一般的入手しやすいEPIやIWATANIなどの(ODタイプ)ガス・ボンベが接続できるように、ランタン側の接合部を改造してもらいました。
    http://alva.ne.jp/tumekaet
    ここの〔製品一覧〕→〔改造・修理〕をご覧ください。安全確実で、今でも現役で使っています。困った時でもボンベが簡単に入手出来るので安心です。こんな方法もあるので参考まで!

  5. Enjoy Camper より:

    こんにちわ、白井さん^^

    ご訪問&コメントありがとうござます。

    >ご心配の充填アダプターを使用していますが、特に心配する危険もないと思いますよ

    そうなんですね。
    人一倍、火を怖がるタチでビビッていたのですが、
    考えてみればライターにガスを充填するのと理屈はおなじですものね。
    キャンプに行けるようになったらトライしてみたいと思います。
    (すぐにやらないのがビビってる証拠~笑)

    >家庭用カセットガスから充填して安く使えるメリットには代えられません
    >流行りのLED照明と比べ優しい灯りで雰囲気は絶対にこっちが良いですね。

    いずれもごもっともですね。確かにそう思います。

    >なるべく多く充填する為にカートリッジを冷やしたり

    ほほう、ボンベを冷やすのですね。
    やり方はしっかり勉強してから…ですね。
    それとまずはアダプターを買わないとです。

    ありがとうございました^^/

  6. 白井 継司 より:

    こんにちは、いつも楽しく拝見させて頂いていますが、コメントは初めてです。
    私もCX-5に乗っておりまして、キャンピングカーもバンテックのコルドバンクスを娘夫婦に共用させて貰っています。
    実は私もEnjoy Camperさんと同じくキャンガスのランタンを持っており、ご心配の充填アダプターを使用していますが、特に心配する危険もないと思いますよ。
    法的には資格云々もあるのでしょうが、家庭用カセットガスから充填して安く使えるメリットには代えられません。
    ただ、なるべく多く充填する為にカートリッジを冷やしたりと面倒ですが、流行りのLED照明と比べ優しい灯りで雰囲気は絶対にこっちが良いですね。