税金・維持費・燃費

タウンエース・アルトピアーノ車検(2020年)激安民間車検「速太郎」で低コストで当日車検完了

税金・維持費・燃費
この記事は約9分で読めます。
Sponsered Link

TEMUバナー8

Sponsered Link

TEMUバナー8  

 

今回はタウンエースバンベースのキャンパーアルトピアーノの車検についてです。

KAZ
KAZ

皆さんは車検費用ってどうしていますか?アルトピアーノ(商用4ナンバータウンエースバン)の維持費を考える際、最大の懸案事項が「毎年車検」です。4ナンバーバンは自動車税などが優遇されている一方、毎年車検が義務付けられているため『車検費用』を削減しないと、せっかく税金優遇が相殺されてしまいます。

ご存じの通りアルトピアーノ(タウンエースバン)は4ナンバーの商用車登録なので毎年車検です。

最初の車検時にディーラーに確認したところ、車検代費用で4~5万円、これに法定費用などが上乗せになるので、少なく見積もっても8~10万円といったところ…とのことでした。

これだけでも十分「高い!」と感じますが、昨今はコロナの影響で何ごとも値上げ値上げで車検費用もじんわりと値上げされています。

正直、こんな金額でディーラー標準車検を毎年受けてたら、せっかくの税制面での優遇が相殺か、下手すれば足が出てしまいます。

しかし、そこは良くしたもので、探せば割安な車検はいくらでも見つかります。筆者的にいろ色調ベル中でいくつかの条件を設けて車検場を探しました。

  1. 当日車検であること
  2. 料金がやすいこと
  3. スタッフの応対、接客が一定レベルであること

この中で(3)は「できれば…」の条件で、肝心なのは(1)と(2)です。

※本稿は広告リンクを掲載しています
Sponsered Link

Sponsered Link

 

 

当日車検で車検だけを通したかった

まず最初の条件は「当日車検」です。

代車だの、店と自宅の往復の交通だの…といった事を考えなくてよい「当日車検」を最初の条件にしました。「持ち込んで→預けて→車検通して→乗って帰る」のが当日車検です。

「それと車検だけを通したい」という希望がありました。

あれもこれも…と言い出したらキリがないほど車両の整備には終わりがありません。そうしたプラスアルファの点検整備は別の機会(というかその辺はディーラーへ持ち込みたい)に実施するので、必要最低限のことをして車検だけ通してほしいのです。

過剰整備を行わない車検

キャンパーアルトピアーノ、車検前の点検中
車検前の点検を受けているアルトピアーノ

今回探したのは、点検整備等は何もしないで良いので車検をしっかり通してくれる民間車検場でした。

「何もしない」というのは、車検が通らない不具合や劣化があれば修理や調整を行うが特に喫緊で必要のない過剰整備をしない…と言う意味です。

自分自身で毎日のように乗っていて「たぶん不具合はどこもない」と感じていました。もう自家用車を持つようになって40年近くになるので、乗っていればクルマの調子はだいたいわかります。

ただそういう感覚的なことはなかなか再現しません。「音がする」「音が変わった」「振動がある」等々は大抵の場合、再現することはなくなかなか整備する側には伝わりにくいものです。それを当日車検の場で求めてもおそらく除く結果は出ないと思うので、本当に、必要最小限で車検だけ通してくれればいいんです。

近隣にもたくさん「安い車検」はあります。

  • オートバックス、イエローハットなどの大手カー用品店
    30,000円~60,000円
  • Dr.Drive、コスモ石油などのガソリンスタンド系
    25,000円~50,000円
  • 車検専門店
    20,000円~40,000円
  • 整備工場
    30,000円~

実は一口に「安い車検」といっても、細かく見ると上記の4つに分類した車検も価格に差があります(上記の価格はあくまで筆者の住まいの周辺で調べた価格です)。

また車検を依頼すると各々に特典が付与される場合もあるので、その辺りも含めて損得を検討する必要があります。例えば、ガソリンスタンド系なら一定量の燃料が無料あるいは割安で提供されたり、車検専門店では次の車検までの期間に数回「オイル交換」無料が付帯する等です。

民間車検探すなら「楽天車検」が便利

『楽天車検』は、楽天が提供する「楽天car」のサービスの1つで、地域ごとに車検場を検索出来て、だいたいの費用の概算が分かって、車検日の予約まで可能です。

「口コミ(の良い)順」や「費用順」で並べ替えもできるので、評判重視で選ぶか、コスト優先で選ぶなど自分の都合に合わせて、「安い車検」の中からさらに割安で評判のよい車検店をさがすことができます。

しかも「楽天車検」を通じて予約すると、1,000~2,500Pの楽天ポイントがもらえたり、車検の時期になると通知が来るなど、2年目以降の車検もぐんと楽になるサービスです。

楽天車検を通して予約しても、店独自の特典はそのまま適用される上、楽天ポイントまで付与されるので、「楽天車検」を使わない理由が見当たりません。

そんな「楽天車検」はこちら。

数ある候補から「速太郎」を選択

地元の実店舗も見ましたし、楽天車検で費用や口コミを検索した結果、自分はオレンジ色の看板が印象的な「速太郎」を利用してみることにしました。

自分自身も激安民間車検を利用するのは初めてだったので、一抹の不安はあったのですが、実際に使ってみると得体のしれない不安は杞憂であったことがわかりました。

店舗の雰囲気やスタッフの応対もちゃんとしていた

初めて店内を訪れた際の「いらっしゃませ」から始まって、パターン通りとはいえ、大きな声であいさつがあるのは心地よいものです。

スタッフは現場の技術者も事務スタッフもみなフレンドリーな印象で、接客は悪くなかったので安心しました。この点については、利用した横浜店のことしかわかりませんが、良い意味でマニュアル化されている様子なので、ども店舗でもだいたい同じ接客なんだろう…という気がします。

比較的広いスペースに、ゆったりの椅子やテーブルが配置されていて、作業を待つ間は好きな席に座って、スマホを弄るなり、テレビを見るなり、雑誌をよむなりして過ごします。待っている間は、自販機の飲み物が無料でした^^

待ち時間は「予約時刻」から「(帰りの)クルマのエンジンをかける」まで1時間20分でした。

会計前に、どんな点検をしたのか、どこか不具合や部品交換やメンテの必要な個所の指摘(ディーラーで部品交換やメンテを受けた方がよいといわれる)があって、納得しながら車検を進められたので安心感がありました

料金は想定していたよりさらに安かった!

速太郎での車検費用は思ったより割安だった

こちらが今回の最終的な見積もりです(会計時の請求書も兼ねている)。

最終的な…というのは、最初の見積もりには「光軸」ともう1つ、調整が必要かもしれない項目が入っていましたが、実際に検査したところ問題なかったので2項目が省かれて最終見積もりとなりました。

整備料金は13,000円なのですが、今回は初めての利用ということで△4,000円の割引が適用され、9,000円+税=9,900円となっています

法定費用は、
自賠責保険15,050円
重量税9,900円
印紙代1,200円

で、合計26,150円、総支払額は36,050円でした

法定費用は現金で、整備料金はクレジットカードでの支払いが可能でした。

ディーラー車検と比べると4~5万円は安くあがった計算になります(法定費用は変わらないので純然と車検費用として4~5万円の差額があるということです)。

「(毎年4~5万円ずつ違うって)大きいよなあ…」と感心しながら帰途につきました。

実際に激安民間車検を受けた感想は…

アルトピアーノ車検~点検中

料金は想定以上に安かった上に、当日乗って帰れるのが何よりでした(車検証が後日郵送)。スタッフの応対も悪くないし、待合室は清潔でドリンクフリーだし、待ち時間は短いし…で、正直文句は何もありません。

強いてあげれば「大丈夫?」という不安感だけです。

その点は皆さんも同じだと思いますし、皆さんが激安民間車検を利用しない最大の理由でもあるんじゃないか…と思います。それすごく分かるんです。だってつい先日まで自分もそうだったので。

でも、実際に使ってみると「杞憂」だったな…と思いました(これは使ってみないことにはわからないと思いますが)。

実際に検査した上で、指摘があったのは、

  • 光軸は規定範囲だがかなり下向きになっている
  • ブレーキパッドが半分以下になっている

この2点でした。

トヨタで6カ月点検をする際に、トヨタに伝える事にします。

激安民間車検の「不要な整備をする」という悪評について

実は「速太郎横浜店」未使用登録車(中古車)を商う「アクティブコレクション」の経営です。

一部で不要な整備を行うような口コミも見られますが、当然ながら最初の「依頼」の際に「あれはいかがですか、これは必要ありませんか」と聞いてきますが、ファストフード店で「ポテトも一緒にいかがですか?」と聞かれるのと同じでだと自分は思っています。

その声がけ自体が余計だ、嫌だ…というなら致し方ありませんが、商売をしている側が客単価をあげたいのは当然の話しで、それ自体なんら悪いことではありません。必要なのに忘れていた人にとってはいいサービスである場合もあり得ますしね。

明確に「必要ない」と伝えれば望まない整備が実施されることはありません。

悪評に繋がるのは、自分も含めてですが(おそらく)車に詳しくないユーザーとしては、「必要じゃないですか」と言われるときっぱり断りきれないために生じる齟齬だと思います。

勧められるままにお金をかけたもののやはりどこかで気になっていて、しかも整備したので不具合は起きないことから「無駄だったのでは?」と思うケースで、あまりよく分からないうちに「ハイ」と返事させられてしまった感じが残り、それが後から「不要な整備をされた」という感情に変わるのかもしれません。

速太郎での車検費用は思ったより割安だった

でも作業報告書兼請求書には『基本料金』と消費税、『法定費用』の他は計上されていません。

実は、冒頭部分の「車検だけを通してくれる車検」はここに繋がってくるんです。

つまり、車検を通すことに必要な作業以外いっさい行わないでくれることが、その店舗を信じることに繋がるんです。こんな請求書では『良く知らない利用者を言いくるめて不要な整備を行っているのではないか』とは誰も思う余地がありませんよね?

だって、最初から決まっている「技術料」と「消費税」と「法定費用」しか請求書に書かれていないのですから、余計な整備などどこにもないことが一目瞭然というわけです

初回利用時にこの請求書が出てきたことで、自分は「速太郎横浜店」の車検には、そういう「怪しさ」はないと感じましたし、安心して車検整備を依頼できると思えたんです。

もし、それでも民間車検が信じられないのであれば、明確に「車検だけ通してくれればいい」と伝えればいいだけです。ディーラーの方が信頼できるなら、車検は通したけど整備は任せる…とディーラーに依頼すれば喜んで点検整備してくれるはずです(少なくとも自分は民間車検を利用することでトヨタディーラーとの関係が悪化したなんてことは皆無です)。




今回は、アルトピアーノの初めての車検についてでした。

4ナンバー車は税制で優遇されているとされていますが「毎年車検」がネックです。

車検費用をうまくコントロールしないと、逆にコストは割高になってしまう可能性がありますので、速太郎のような激安民間車検専門サービスは助かりますね。

また集客の方法として「楽天車検」などの情報サイトに掲載しているので、楽天車検を経由して申し込めば楽天ポイントが貯まるのも、ポイント好きの自分としてはプラス要素でした。

それでは今日はこの辺で。

Sponsered Link

■ 著者紹介 この記事を書いたのは…
KAZ

当ブログの管理人KAZです。

「喜田宗彦」の筆名でWEBライターをしています。ライター歴は10年超で専業ライターになって7年になります。執筆ジャンルはモバイル通信・格安SIM、iPhone等のガジェット関連、アウトドア・車中泊・車載家電・ポータブル電源や節電関連、アウトドア料理・キャンプめし等です。

本ブログの記事は、実際の体験を中心にライターとしての経験や取材で得た知見、懇意にしてくださるメーカーさんなどから得た知識・情報等を反映した記事を執筆・掲載しています。

また食べることが好きで食べ物関連の記事多めです。特に安くて美味しいものに目がありません。地元グルメやチェンめしも好物です。

2020年3月に購入した小型バンコン「アルトピアーノ」でバンライフに目覚めました。現在は乗り心地改善や車内電化、ポータブル電源による節電に興味があります。

喜田宗彦Portfolio
当ブログについて

Sponsered Link

 

Enjoy Camper Blog

  1. KAZ Enjoy Camper より:

    こんにちわ。
    日ごろからご覧頂いているとのこと、ありがとうございます。

    アルトピアーノ・オーナーおめでとうございます!^^
    コロナを考えるとベストタイミングでしたねえ。

    4ナンバー車は自分も初めてなので、毎年車検が怖くて…(笑)。
    しかもうちは中古車なので、納車と車検が合っていないんです。
    ちょうど半年ズレてるんで、整備は納車タイミングから半年ごとに
    ディーラーでやってもらうことにして、車検は通すだけってどうなの?
    と思い、安かったので(かなり)不安でしたが速太郎を使ってみたんですが、
    悪くないチョイスだったかな…と思います。

    参考になったのならよかったです^^

  2. nobu より:

    初めまして!いつも楽しく拝見させて頂いています。
    自分も今年の4月にアルトピアーノのオーナーになりました。
    車検の事は心配していたのでとっても参考になります(^^)