アルトピアーノ車中泊~3月の箱根芦ノ湖はFFヒーター必携!?

快適化・カスタム
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link

先日、1泊2日の車中泊キャンプで、 箱根「芦ノ湖キャンプ村レイクサイドヴィラ」に行ってきました。

首都圏では、3月になって夏日(25℃)を超える日もあるなどめっきり春めいていたのですが、キャンプ予定日の前々日から気温がぐ~っと下がって、箱根の最低気温は2~3℃との予想でした。

とは言え、2~3℃でもしっかり防寒すれば大丈夫じゃない?等と軽い気持ちでキャンプに望みましたが、2~3℃どころか氷点下(最低で-2℃)にまで気温が下がってしまって、用意していた防寒では全く足りず、凍えるような寒さを体験するハメになってしまいました(正直、夫婦で死にかけました)。

キャンプについては、また別の記事でレポートしたいと思いますが、今回は、3月の箱根を舐めた防寒対策しかせずに、極寒を味わった事をお話しします。

芦ノ湖キャンプ村レイクサイドヴィラ


箱根を舐めた防寒は全く役立たず

※アルトピアーノ車中泊時の様子


アルトピアーノは、FFヒーターのオプションがありませんので、当然、 我が家のアルトピアーノにも装備されていません。

しかし、キャンプに出掛けるのは3月である上、予定日前の例年にない暖かさも手伝って、箱根と言えどももうそんなに寒くないだろう…。そんな安易で、箱根を舐めた見込みで用意した防寒対策は、アルトピアーノ車内での車中泊前提で、シートをベッド展開した上で

  • 3シーズン用のマミーシュラフが2枚(各自1枚)
  • 3シーズン用の封筒型シュラフ1枚(ベッド上に敷く事を想定)
  • マイクロファイバー毛布2枚(各自1枚、シュラフ内で使用)
  • マイクロフリース厚手靴下各自1足
  • 500Wセラミックファンヒーター
  • 全窓用遮光スクリーン(厚みのあるキルティングで防寒効果も期待)

以上を用意しました。少し寒いかもしれないが、それは着るもので補えば大丈夫だろう…と考えていました。

しかし、3月と言えど寒い日の箱根の最低気温は厳しいものがありました。夜中にトイレに行った家内の報告によれば、その時点での気温は-3℃だったとの事ですし、朝起きたら、前日使って洗っておいた食器の水滴が氷って、地面も凍って歩くとザクザクと音がするあり様でした。

普段、アルトピアーノの装備には特に不足を感じないのですが、この時ばかりはFFヒーターが付いていれば…と心から思いました(オプションにもありませんが)。

寒がりの家内は一睡もできなかったと嘆いていましたが、ほぼ初めてと言ってよいキャンプで辛い思いをさせてしまいました(反省)。


500W程度のセラミックヒーターでは暖風も出ない

※500Wのサラミックファンヒータは全く役立たず


持参した防寒用品は余すことなく使用し、衣服もできるだけ重ね着をした上で、用意した500Wのセラミックヒーターを一晩中ONにしていました。

このセラミックヒーターは、普段は筆者のデスクの下で足元を暖める役割を担っており、小さい割に暖かくなる…という印象を持っていたのですが、寒い箱根の夜には全く太刀打ちできず、暖かい風さえ出ませんでした(冷たい弱弱しい風が出るだけ)。

芦ノ湖キャンプ村レイクサイドヴィラは、AC電源が使用できるサイトを借りていたので、いざとなれば一晩中でもセラミックヒーターで暖め続けられる…、そんな読みは脆くも崩れ、暖房器具としての役割を果たす事はありませんでした。

せめて、強1350W/中800W/弱550Wの切換えができるデロンギの方を持ってくればと後悔ばかりでした。


来冬までにFFヒーター装備を目指す?

今年はもうそんな極寒状態でのキャンプはしないと思いますが、また寒くなる次の冬までには、是非「FFヒーター」を後付けで装備させたいと思いました。

ただ、アルトピアーノにはオプションにも選択肢はないので、後付けの場合には社外品を取り付ける事となり機械本体だけで20万円、工賃込みでは25~30万円にもなる高価な装備なので、経済的に必ず装備できるかは微妙です。

早めにソーラー充電も取り付けたいと考えており、予算的に「無理」の判断をするかもしれません。

とりあえず次のキャンプ時には、デロンギのセラミックファンヒーターを試してみようと思っていて、 先日程は寒くないにしても、もしそれで寒さが凌げそうなら、FFヒーター装備は見送るかもしれません。なんたって高すぎますから…。



今回は、3月の箱根芦ノ湖を舐めた防寒対策で厳しさを思い知らされたお話しでした。ここ数日の寒さを過ぎれば、また暖かな日が続くようですが、山間部にあるキャンプ場の寒さは思いのほか厳しいので、万が一の防寒対策はしっかり整えてゆくことをお勧めします^^;

本当に死ななくて良かったです(笑えない…)。


【2020.09.23】

箱根の寒さを教訓に防寒を見直しました。2020年秋冬版の防寒対策です。

キャンピングカー車中泊の防寒対策~2020年秋冬向け強化仕様
【防寒】セラミックヒーター車内使用を断念!最終防寒対策とは?




コメント

タイトルとURLをコピーしました