キャンピングカーに薔薇の香り~秋バラ集めて初めての自作ポプリ制作

薔薇のポプリ薔薇・ガーデニング
この記事は約9分で読めます。
Sponsored Link

我が家では、自宅の庭で薔薇を育てています。

2020年秋に自宅で咲いた鉢植えの薔薇の花びらを集めて乾燥、薔薇のアロマエッセンスと混ぜて初めての薔薇のポプリを自作してみました。

思いのほかうまくできたので、キャンパーアルトピアーノの車内に置いてみたところ、ほんのり良い香りが漂っています。

キャンプなど自然の中にいて、この香りと樹木の香りが混ざったらどんな香りになるんだろう…などと想像していますが、今はまだ、緊急事態宣言なので出かけたい気持ちを抑えて我慢我慢です。

今回は、キャンピングカーブログらしからぬ記事ですが、自作の薔薇のポプリについて短めにまとめてみます。

我が家ではお気に入りの5種類の薔薇を育てています

薔薇に興味を持ち始めたのはそう昔のことではなく、ここ4~5年の間のことです。

当初は、横浜界隈や神奈川県下(横須賀・大船・鎌倉・平塚など)、伊豆などのバラ園を見学に出かけるのが、春・秋の開花シーズンの恒例行事でした。

薔薇は、香りのする品種が好きです。

もちろん、香りのない薔薇を鑑賞しても美しいのですが、我が家の薔薇鑑賞は、かなり「香り」偏重傾向です。

バラ園巡りをするようになって1~2年した頃に、我が家の庭でも薔薇が咲いていたら素敵だな…と思うようになり、香りの強い品種(強香種)の薔薇を購入しましたが、残念なことに枯らせてしまうことが続きました。

どうしても可愛がり過ぎて、水を与えすぎてしまうんですね。

常に水が鉢内にあり過ぎる状態になってしまい、次第に弱って枯れてしまうことを繰り返し、ようやく水のやりすぎをセーブできるようになったら、今度は病気と虫でした。

虫を駆除しようと薬剤を散布したのですが、希釈倍率を間違えて、本来2000倍に希釈するものを200倍で与えてしまい、一気に3鉢枯らせてしまうこともありました。



少しずつ育て方を勉強して枯れずに育てられるようになったのは、一昨年の冬からでした。

現在は、5品種を鉢植えで育てています。

我が家はマンションなのですが、1階で専用駐車場と小さな庭が付属していて、午後にならないと日が当たらない、あまり植物を育てるのに好適な場所ではありませんが、それでもなんとか、今年3年目を迎えました。

マンションの専用庭なので、階上の部屋のバルコニーがせり出していて屋根代わりになっていて、雨が当たらないスペースがあり、そこで薔薇を育てています。

雨にあてない方が薔薇に限らず花は綺麗な状態を長続きさせられるので、薔薇以外にも、ゼラニウムやガーベラなどを育てています。

ちなみに、バルコニー下以外の部分では薔薇だけでなく、他の花や樹木、野菜なども育てていて、最近では趣味の欄に、アウトドア、キャンプと並んで、庭いじりやガーデニングなんて書くようになりました^^

我が家で育てている薔薇を紹介します

前述の通り、私も奥さんも「バラの香り」が非常に好きなので、育てている品種も「強香種」オンリーです。

枯らせてしまいましたが、一番最初に買った薔薇は「ブルームーン」という品種で、神代植物公園で香りを嗅いですっかりお気に入りになったところ、公園の近所の花屋で売っていて衝動買いしてしまいました。

水のやりすぎで枯らせてしまいました。


こちらの品種は「ホワイトクリスマス」といい、ハイブリッドティー、四季咲き、大輪、半剣弁高芯咲き(※)でもちろん強香種です。

さわやか系の気品のある香りがするな~と思っていてとてもお気に入りの品種です。大輪で立派な花を咲かせます。

実は、薬剤の希釈を間違えて枯らせてしまった3つの中に、この「ホワイトクリスマス」もあって、3年生で購入したので、大きく立派な花を咲かせてくれていたのに勿体ないことをしました。

もう1度、どうしても育てたくて2代目として購入しました。

直立性の強い木で、新芽が出たと思ったら上へまっすぐにシュっと伸びて、先端に真っ白な大輪の花を咲かせます。今年で3年目になります。

写真は2020年の春バラシーズンの花です。

購入先は、姫野バラ園の通販です。

※薔薇は花の形で分類されることがあるのですが、花びらの先が捲(め)くれるように反り返って先端が尖った形になるものを「剣弁」といい、花の中心が高く盛り上がった形になることを「高芯」といいます。

薔薇と言うと誰もが思い描く形が、この「剣弁高芯咲き」で、多くの人から愛されているオーソドックスな形らしいのですが、ご多聞に漏れず自分も好きな形ですが、あまり花びらの先がとがり過ぎない「半剣弁」がしっくりきます。


自分が一番最初に好きになった品種は「クリムゾングローリー」という深紅の薔薇だったのですが、同じ黒赤系の品種と言う事でバラ園に勧められて購入した「オクラホマ」という品種です。

ハイブリッドティー、四季咲き、大輪、半剣弁高芯咲きの強香種です。

花びらのベルベットのような見た目や感触が独特です。甘く濃厚な香りがお気に入りです。

残念ながらあまり強くない個体でなかなか大きく育ってくれず、新しい枝も増えないのですが、春秋には必ず幾つかの花を咲かせてくれています。

今夏で3年生になります。写真は2020年の春バラの時の花です。

篠宮バラ園で購入しました。

篠宮バラ園


こちらは「ドフトボルケ」という品種で、ハイブリッドティー、四季咲き、大輪、半剣弁カップ咲きの強香種で、朱色に近い赤色が鮮やかな薔薇です。

他の薔薇と異なり、「高芯」ではなく、「カップ」のような形をしています。

何ともいえないよい香りがする薔薇で、こちらもバラ園で香りを嗅いだことがあり、購入する際に指名買いしました。

非常に生命力が強いと感じる薔薇で、春先も最も早くたくさんの新芽を出します。

非常に香りが強く、切り花にして室内に置くと部屋中にフルーティな芳香が漂います。今年で3年目になります。

姫野バラ園の通販で購入しました。

姫野バラ園 八ヶ岳農場


こちらは「ラ・フランス」という品種で、四季咲き、大輪、剣弁高芯咲きの強香種です。

ラ・フランスは最初の「ハイブリッドティーローズ」として有名です。

何枚もの花びらが重なって、外側から次第に捲れて開いてゆくのですが、反り返りがまるでカールしたような独特の形状で、まだ開いていない部分が「玉」のように真ん中にある見た目が可愛い薔薇です。

外側が濃いピンク、内側が淡いピンクの花弁は、開いてゆく過程で、開く前の濃いピンクの花弁の捲れた部分が淡いピンクのグラデーションになって美しい薔薇です。

柔らかい花弁は傷みやすく、なかなか最後まで開ききったのを見られませんが、写真はかなりきれいに開いた方だと思います。

甘い芳香にはうっとりしてしまいます。

伊豆河津町の「伊豆バラ園」で購入し、今年で3年目になります。

伊豆バラ園


ちなみに伊豆バラ園のご主人は、少々とっつきは悪い(笑)ですが、薔薇のこと、親切に教えてくれますので、困りごとなどあれば相談してみてはいかがでしょう。ご主人はバガテル公園にも関わっているようです(詳細不明)。


ティニーグレイス

「ティニーグレイス」(ささやかな祈り)という乙女ちっくなネーミングの薔薇で、ハイブリッドティー、大輪の強香種で、絵にかいたような剣弁高芯咲きが美しい品種です。

蕾からなかなか開花しにくい性格で、開花途中で切り花にしてしまうと、そこで開花が止まってしまって、そのまま枯れてしまいますが、長くベストな姿かたちを見せてくれます。

後に改名して「フレグラントヒル」と言う名で流通している…と解説されている事が多く、その際、花姿を「剣弁カップ咲き」としているのですが、自分には同じ品種には見えないのです。

我が家にある「ティニーグレイス」として買った薔薇は、完全に「高芯」ですので…。

甘くフルーティでありながら香水のような感じも併せ持っていて、こちらもお気に入りの薔薇です。

姫野バラ園通販で購入しましたが、5品種の中で唯一、現物を見たことがなく香りも嗅いだことがなく、カタログだけで選んだのですが、想像以上に素敵な薔薇が送られてきました。今年で3年目になります。



ここの5種類の他にも、黄色系、紫系の強香種の薔薇が欲しいと思っているのですが、昨年からキャンプを再開したせいで、薔薇に向ける時間が取れなくて今は様子見です。

とはいえ、2021年になって再び緊急事態宣言でどこにも行けないので、買い足してもいいかも…と思いますが、解除後に手が回らないのであれば可哀そうなので購入を決断できずにいます^^;


秋バラのすべての花びらを採集して乾燥させポプリに仕立てました

我が家は、マンションの小さな専用庭の上、あまり日当たりが芳しくないですし、育てている人が初心者ということもあって、あまり数は多くないのですが、咲いたバラの花びらを採集して乾燥させました。

花びらだけを採集したり、花姿のまま乾燥させたり、葉も何枚か入れています。

一番濃く黒ぽいのが黒赤薔薇の「オクラホマ」、深紅に見えるのが「ドフトボルケ」、ピンク色が「ラ・フランス」で、薄桃色の「ティニーグレイス」や、白い「ホワイトクリスマス」は茶色く枯れた色になってしまいました。


乾燥させた花びらをジップロックに入れ、Amazonで購入した「Rose」のアロマエッセンスを振りかけて、2週間ほど熟成(放置~笑)させました。

初めて自作のポプリなんて作りましたが、まあまあうまく行った感じです。


ポプリの容器に入れて、玄関やリビングにおいていますが、とても良い香りがします。

あまりキツイ香りだと、いい香りでも鼻についてきますが、程よく香るので、選んだエッセンスの香りも、振りかけた量も偶然、よかったようです^^


こんな感じで玄関に置いています。

アルトピアーノの車内にも置いているのですが、程よくほんのり香るので、これなら焚火や調理で焦げ臭くなった車内も良い香りにしてくれるかな~と期待しています。



薔薇たちは、1月末にガッツリ剪定を行って、新しい芽が出始めているところです。

春バラが咲いたら、再チェレンジしてみたいと思っています。



今回は、キャンプやキャンピングカーとはあまり関連性のなさそうな(自分的には車内に薔薇の香りさせたいというのがあったのですが)薔薇と自作ポプリのお話しでした。

緊急事態宣言でどこにも出掛けられないので、庭いじりばかりしている今日この頃です。

まあ、春先で例年、色々と庭いじりをする季節ではありますが、今年は一段と庭にいる時間が増えています。

何時になったら大手をふって出かけられるんでしょうか。

好きなバラ園巡りも控えていて2020年の春バラは見ていません。秋バラの時期は緊急事態宣言が解除されていた期間だったので、出かけてみましたが、人出が多く「密」になる場面もあって気になりました。

恒例の薔薇園巡りは断念~庭バラの香りに癒される春バラシーズン


せめてドライブだけでも出かけたいところですが、トイレ休憩なしと言う訳にはゆかず必ず誰かに接触してしまいますので、今は、もう少し頑張って我慢我慢というところです。

今年の春バラは見られるのかなあ。

それでは今日はこのへんで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました