【メスティンでケンタカオマンガイ】フライドチキンでカオマンガイ~ケンタの旨味が染みたご飯が旨い

メスティンで作るケンタッキーフライドチキンライス 料理・レシピ・アレンジ
料理・レシピ・アレンジ
この記事は約4分で読めます。
Sponsered Link


ポータブル電源セール情報はこちら
Sponsered Link


ポータブル電源セール情報はこちら

今回はKFCのフライドチキンでのカオマンガイ的炊き込みご飯を作ります。

KAZ
KAZ

カオマンガイをご存じのことと思います。鶏のゆで汁で炊かれたごはんにホロホロに煮込まれたチキンが乗っている代表的なタイ料理ですが、これをケンタッキー・フライドチキンを使って作ろう…というわけです。メスティンでもできるのでキャンプやアウトドアでも簡単です。

自分はケンタのフライドチキンライスはかなり好きで、そこそこ頻繁に購入するのですが、好きなだけについつい欲張って多めに買ってしまうので食べきれずに残ることがあります。

この食べきれなかったケンタが残った時が『ケンタ・カオマンガイ』を作るチャンスです。

よくある炊飯器を使ったレシピでも美味しく炊けますが、実はメスティンなどのアウトドア用クッカーとの相性もすごくいいんです。

直火を使うメスティンは車内調理にはあまり向きませんが、自分は先日車載用の小型炊飯器も購入したので車中泊でも『ケンタ・カオマンガイ』が食べられるんです^^


Sponsered Link

Sponsered Link

作り方は簡単~メスティンに米とケンタを入れて炊くだけ

メスティンでケンタめし

用意する材料は、最低限「ケンタ」「米」「水」だけです。

水だけだとちょっと味が単調になる…というのでしたら、ちょっとした「下味」的なものを加えるとよいです。

今回は、塩、ガーリック、鶏ガラだし(香味ペースト)、コンソメ顆粒、黒胡椒を加えましたが、ケンタだけでは味つけが弱いので、塩は必ず足した方がよいと思います。

米は硬めが旨いので水は少な目が原則です。

ついでにゆで卵を作るので一緒に卵も入れていますが、その場合は、最初の火力を弱くして加熱時間を長めにするようにすると黄身が固まります(少し半熟の方が旨い)。

最初弱火は、美味しいご飯の掟「はじめチョロチョロなかパッパ」にも合致するので、最初からずっと一定の火力で炊くよりおすすめでもあります。

・少し「出汁」的なものを加えるとより旨くなる
・ゆで卵を同時に作る時は加熱時間を長めにするとよい(15分加熱が目標)

メスティン炊飯中

愛用のYOLERのBBQコンロにメスティンをセット、その上に、缶詰などの重しを乗せて炊飯します。

熱源はアルコールバーナーを使いました。アルコールバーナーは燃焼音がほとんどしないため、メスティン炊飯時の炊き上がりのパチパチ音を聞きとりやすいので自分的ファーストチョイスです。パチパチ音がしてきたら注目していて、少し焦げ臭がしたら火を止めてください。

炊き上がり~フライドチキンをほぐしてご飯と混ぜて食べる

メスティンでケンタめし炊き上がり

炊き上がり。

ケンタの周囲の米に少し色がついていて、旨味が出たな~って感じです^^

メスティンでケンタめし~チキンをほぐす

フォークでフライドチキンをほぐし、骨を取り除きます。

固ゆでになったゆで卵も大ぶりに崩します。

メスティンでケンタめし~ゆで卵を混ぜる

ほぐしたチキンとごはん、ゆで卵も潰して混ぜます。

見た目はあまり美しくないですが、たぶんご想像通りの味でバカウマです^^ 写真ないんですが、これをレタスなどの葉物野菜で包んで食べるのもさらに旨さ倍増です。

口へ運ぶ際、肉、皮、衣が混じる部分とゆで卵の有無によって少しずつ違う味を味わえます。

・フライドチキンはそのままより、ほぐしてご飯と混ぜるのがおすすめ
・ゆで卵はあってもなくても…。でもあった方が見た目にも味の幅にもなる

この『ケンタ・カオマンガイ』、使うケンタの部位によって味わいが違います。内臓が少し残っているような「リブ」ではアバラ周辺のうま味が出ますが脂分が少ないのでヘルシー(少しパサつく)ですし、脂が一番多い「サイ」だとコメ1粒1粒が旨い脂でコーティングされたようになり滑らかな食感が味わえます。自分の一番のお勧めは「リブ」にコラーゲン質が多い「ウイング」を使うパターンです。黒胡椒やコリアンダーなどの香辛料を多めでパンチを効かせるのが好みです。

ケンタ・カオマンガイは直火炊飯がおすすめ

この『ケンタ・カオマンガイ』を作る時には、炊飯器が一番簡単ですし後片付けも楽なんですが、できれば「直火」での炊飯がおすすめです。

メスティンじゃなくても、他のクッカーでもいいですし、土鍋でもいいんですが、火加減で少し「おこげ」が作れると、より旨さがましますし、食感にもバリエーションが出ます。

また、ケンタのフライドチキンはそのまま食べる食品なので、カオマンガイにする際に、鶏肉への火の通りを気にする必要がなく、その分、火力のコントロールが容易…というメリットもあります。




今回は、ケンタッキーフライドチキンを使ったフライドチキンライス、自分命名ですが『ケンタ・カオマンガイ』を作りました。

ちなみに今回使ったフライドチキンの部位は「リブ」です。

「サイ」の方が脂がのっていて旨そうに感じるかもしれませんが、自分は内臓やアバラ骨の旨さが出るんじゃないか…と「リブ」を使うことが多いです。


次にケンタ買う際には、食べきれる数+数個多めにして『ケンタ・カオマンガイ』作ってみてはいかがでしょう。

それでは今日はこの辺で。

PVアクセスランキング にほんブログ村