SIXPAD Foot Fit liteを2か月使ったら血圧低下・安定、動悸の減少などに効果を実感

SIXPAD Foot Fit lite無分類・雑記・その他
この記事は約10分で読めます。
Sponsored Link

6月の誕生日にプレゼントとして家内が贈ってくれた「SIXPAD Foot Fit Lite」(シックスパッド フットフィット ライト)。

貰ったその日の夜から食後の休憩&団らん時間を利用して、入浴前に毎日欠かさず2か月間使ってみました。

その結果、いくつかの効果が現れましたが、それらはいずれも想定以上の効果だったので「使用2か月レポート」として書いておこうと思います。

ここまで効果があるとは思っていなかったSIXPAD Foot Fit lite

EMS治療器とかって、案外ナメている部分ってありませんか?

【EMSとは?】

EMSとは、「Electrical Muscle Stimulation」の略で日本語では「筋電気刺激」と訳されます。

筋肉を鍛えるには負荷をかけて動かす事が必要ですが、EMSは筋肉に電気刺激を与えることで筋肉に負荷をかけて動かすのと同じ効果が期待でる仕組みです。

つまり、SIXPAD Foot Fit は足裏から電気刺激を与え、足やふくらはぎ、前すね等の筋肉を負荷運動をした効果を与える機器ということになります。


実は以前にも某有名企業製の肩こりの低周波治療器を購入したことがあったのですが、ほとんど効果を感じることができず放置してしまったことがあり、家内から「(SIXPAD Foot Fitを)使う?使うなら買ってあげるけど」と言われた時に、正直、さほど効果があるとは思っていませんでした。

ただ、それでも食いついたのは、対象製品がお腹周りではなくて足(脚)用だったので、そもそも運動嫌いな上にコロナ禍でキャンプにも行けなくなってほとんど歩かない毎日になっていたので、さすがに自分でも足の衰えを気にしていたためでした。

今はまだ立ち座りも問題なくできますし、歩行にも差しさわりはありません。膝も痛くなく、足や膝に問題が生じている状況ではありませんが、それでも、運動不足、歩数不足は「やばい」という自覚がありました。

なにせ、Apple Watchで記録される毎日の歩数は、家内と一緒に買いものに出た日などで多くても3,000歩ぐらい、仕事が詰まってずっとデスクにへばり付いているような日には1,000歩未満なんて日も珍しくありません。

そんな経緯で家内にプレゼントして貰って我が家にやってきたのがこちら。

「lite」は、もともとあった「Foot Fit」という製品を、ユーザーの声などを取り入れて改善・改良した製品で、使い勝手が向上、計量&コンパクト化、手頃な価格…が特徴です。

左右にある足型のパッドに両足を置き、中央最上部のオレンジ色のメインスイッチをON、中央下のリモコン(脱着可能)で強弱をコントロールします。

電気刺激は10段階、最初は低刺激から初めて徐々に刺激を強めてゆく…

写真でもわかるように、電気刺激は10段階(Foot Fitは20段階)で、慣れないうちはかなりきつい。

痛いというよりは「攣りそうな」感じというか、「こむら返り」を起こしそうな感覚というか…。

自分も、最初は1~2ぐらいから始めて、2か月後の今は「8」なら普通に大丈夫、「9」だと日によってキツいと感じる日があったり、「10」はまだちょっと無理かな。

でも途中で強さはいくらでも変えられるので、途中から上げて、無理なら下げて…みたいにフレキシブルにコントロールすることが可能。

それでも、頑張って強めにして使った翌日なんかは、かるく筋肉痛みたいな症状がでるので、「ああ、多少は鍛えられているのかな」と感じることがあります。

これって大切で、前述の肩こり用の低周波治療器は効果が感じられず放置したので、何らかの結果が体感できていれば続けることは難しくないと思うんですよね。効果を感じられるのは大事です。

それと、このマシン(機器)で一番気に入ったのは、ジェルシートをつかわないこと。

パッドに何も貼らず・塗らずで素足のままで乗せればいいのが◎です。

粘着するシートは気持ち悪いし、夫婦とはいえ、自分以外の人が粘着シートを共用するのは嫌なので(プレゼントだったんだけど、届いたその日から家内も一緒に毎日使っている~笑)。

べたべたする粘着シートを使うのって、けっこう高いハードルだと思うんですよね。それが嫌でEMS買わないって人も少なくないんじゃないかな。


動作は、単に「ブーン」と電気刺激が来るだけじゃなく、トントンと叩くような刺激もあるし、グワっと摑まれるような感覚の刺激もあって退屈しない。

まあ、1回23分と短いのでテレビ見てたり、スマホいじっていれば「あ」っという間に終わってしまうので、毎日使う…といってもそう大変・面倒という感覚はなく使えるのもいいですね。

コロナのおかげでキャンプにも出かけられないので、文字通り、1日も欠かさず毎日23分ずつの電気刺激によって「足の筋肉を鍛えて」います。

SIXPAD Foot Fit liteを2か月間使った効果は想像以上だった

だいたい、22時~23時ぐらいに毎日使っています。

我が家はサラリーウーマンの奥さんと、自営業フリーランスの自分の二人暮らしですが、奥さんの帰宅は早くても20時少し前、だいたいいつも20時台後半、ヘタすると22時なんてことも…。

で、コロナになってからは、帰宅したら自室に荷物を置いてリビングやキッチンには立ち入らずまずお風呂に入る…をルーティンにして貰っているので、夕食は21時~21時半ごろになることが多いんですよね。

食後に少し休んで「やるか」とおもむろにFoot Fitをやって、終わったら自分が風呂で奥さんがFoot Fitって感じで使っています。

最初に効果を感じたのは「血圧が下がった」だった

まあ、夏場ということもあり暖かいので血管は開いていて血圧は下がってくる時期ではありますが、昨年の同時期の記録(医者に毎日記録しろ…と言われている~飛び飛びだけど)と見比べても、今年の方が低めの数値が記録されています。

最初に別の症状で病院に行ったときに血圧測定をしたら「上190」というなかなか凄い数値が出て、「目的の科目も受信するのは当然だけど、この血圧は放置しとくと命取りだよ」と言われて始まった血圧治療なんですけど、降圧剤も飲み続けているけどあまり効果が出ていなかったんです。

その後、高血圧が原因の1つとみられる心房細動があって救急搬送されるなんてこともあって、血圧は本気で下げないと…と思ってはいますが、なにせ運動しない、味の濃い食事、炭水化物と揚げ物が好き等々、ダメなハードル満載でなかなか下がりません。

こちらは、今年5月中旬~下旬ごろの血圧と脈拍のデータです。

朝の血圧の平均は「上:162.5、下73.0」、夜の平均が「上:142.0、下:61.0」でした。

実は上180~190がざら…といった状況だったものが、これでも下がってきているんです。

こちらが直近(8/7~8/13)の血圧と脈拍の記録です(Foot Fit liteを使い始めたのは5/26です)。

朝の平均値は「上:138.6、下:59.8」、夜の平均値は「上:121.5、下:51.8」となっていて、5月のデータと比較すると、朝「上:-23.9、下:-13.2」、夜「上:-20.5、下:-9.2」とすべての数値が減少傾向にあります。

夏なので血圧は低くなる傾向にあるとはいえ、上で20以上、下で10前後の減少はやはり何らかの影響があるとみてよいのでは…と思います。

余談ですが、血圧を下げる方法としてよく紹介されている「ふくらはぎマッサージ」ですが、心臓のポンプ機能だけでは老廃物が溜まった血液を心臓に引き戻す力はないため、ふくらはぎが「第2の心臓」として機能し、下半身に溜まった血液とともに老廃物などを心臓に送り返しているんだそうです。

そのふくらはぎの筋力が衰えると血液循環を心臓だけが負担することになり血圧が上がるのだそうなので、ふくらはぎの筋肉を電気刺激で鍛えたのと同様の効果があるFoot Fitを使うことで血圧が下がったとしても不思議はないのかな…と思います(とはいえ、メーカーは血圧下降効果は謳っていません)。

2か月ごとの内科の検診でも「血圧はいい数値です」と言われたので、これがFootFitの効果であれば嬉しいですね。

次に感じた効果は就寝中に「トイレに起きる回数」だった

血圧の低下の次に気づいた効果は、夜寝ている間のトイレに起きる回数が減ったことです。

減ったというより、朝の起床時間までトイレに起きることがなくなった…というのが正しい表現です。

就寝中のトイレについては年齢というより、数年前にやった前立腺肥大の手術の影響もあって泌尿器があまり優秀ではないですし、結石持ちなので水を大量に飲むってこともあると思います。

これについても暖かい季節だから遠くなったのでは?…という可能性がありますが、それでも、Foot Fitを使う前は、起床時間までは持たずに、1時間前ぐらいにトイレに起きることが多かったのですが、今は、起床時間まで起きずに寝ていることが多くなりました。

いわゆる「夜間頻尿」という症状についてはNHKの「ガッテン」で取り上げていました。

最近の研究によると、夜間頻尿の原因は日中に「むくみ」として足に溜まった水分が、横になることで戻ってきてトイレに行きたくなるのだそう。

朝までぐっすり快眠!夜、トイレに起きないための新秘策(NHK「ガッテン」)

そこで、マッサージをしたり、足上げをすることで「夜間頻尿」を防止できるとのことで、我が家の場合、生活リズムの関係で、就寝2時間前程度にFoot Fitを使用することが多いので、ちょうどふくらはぎへの電気刺激が運動と同様の効果を生んで、むくみが解消していたのかもしれません。

この点についてもメーカーは明確にそういう効果は謳っていません。

もう1つ気づいたのはいつの間にか「動悸がしなくなっている」

まあこれは肥満のせいに他なりませんが、ちょっとしたことですぐに「動悸」がするのは心配でした。

ちょっと動くとドキドキするし、息苦しさを感じることもあって「ヤバいなあ」と思っていたのですが、Foot Fitを使うようになっても「血圧」のことや「夜間頻尿」のことには気づきましたが、「動悸」がしなくなっていることにはつい最近まで気づいていませんでした。

先日、ふとした拍子に「以前、ここでドキドキしたことがあった」と思い出した場所があって、でも、その時には全然なんでもなくて、心臓はいたって平静に動いてくれていたので「そういえば最近ドキドキすること、あったっけ?」と気づいた次第です。

その件についてネットを調べたのですが、直接、ふくらはぎの筋力がアップしたから動悸が減る…ということは書かれていなかったのですが、少なくとも、心臓の問題で動悸は起きる…ということは確かなようでした。

だとすると、EMSによるふくらはぎの筋力アップで「第2の心臓」の機能が向上し、その分心臓の負担が減った…と考えると、あくまで自分の勝手な想像ですが、間接的にはFoot Fitを使い続けることで動悸が軽減されることがあるのかもしれないと思いました(あくまで自分の勝手な想像です、医学的な根拠はありません。またメーカーもそうした効果は謳っていません)。

どれも個人的見解で科学的根拠はないけれど…

今回は、「SIXPAD Foot Fit lite」を約2か月間毎日使ってみた結果、今、自分が感じている効果について書いてみました。

もう1つ細かいことでいえば、肩こりが少し軽くなった感じもあります。

理屈で考えれば、「第2の心臓」ふくらはぎの筋力が上がって機能が向上、必然的に身体全体の血流が良くなり、結果、肩こりも…なんて考えられなくもないですが、その辺はさらに「感じ」でしかないので付け足し程度に…。


文中でも何度も繰り返しているように、ここに書かれている「効果」は、あくまで筆者自身の感想に過ぎません。科学的な根拠はありませんし、メーカーもそうした効果を正式に謳っているわけではありませんので、その点はもう一度念押ししておきます。

ただ、自分は家内が「誕生日プレゼントにあげるよ」と言ってくれてよかった、有難いと感じています。血圧が下がったことで「下げなきゃ」という精神的なプレッシャーが軽減されていますし、就寝中も起床時間まで目が覚めずに熟睡できていますし、ちょっとしたことでドキドキしないなど「効果」を実感していることもまた事実です。

にしても、もう少し歩かないとなあ。

どうせ歩くならオゾンいっぱいの森の中を歩きたいなあ。キャンプ行きたいなあ。

それでは今日はこの辺で。

【蛇足的な追記】2021.09.20

昨晩、使用開始から初めて電池交換を行いました。

「SIXPAD Foot Fit lite」は、単三電池×3本で動作するのですが、6月に使い始めてちょうど3か月目に電池交換となりました。

この間、毎日欠かさずわたしと家内が1回ずつ使用しています。ご参考までに。

SIXPAD Foot Fit lite
created by Rinker
Amazonでは取り扱いがありません。また、この製品には重要な注意書きがありますので購入の際には「注意」「警告」等をよくお読みください。
created by Rinker
¥5,980(2021/09/23 17:58:22時点 Amazon調べ-詳細)

記事に関するコメントはこちら

  1. 二カ月でそれだけの効果を実感できるのは凄いですね。
    僕も運動しない、濃い味好きなので試したくなりました。

    • コメントが反映されずご迷惑・ご不快をおかけして申し訳ございませんでした。
      お返事遅くなり申し訳ありません。

      とはいえ、あくまで素人の体験に過ぎませんのでその点ご理解を…。
      濃い味のおかずで白飯、、、これが堪んないですよね。
      運動という点からは、お勧めできると思います。
      ただし、実際に歩いたのと違って、実際に歩く際の筋力が付いているのとはまた別の話しのようです。

タイトルとURLをコピーしました