キャンプは不要不急?意識調査結果に改めて思うStay Home

無分類・雑記・その他
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Link

報道などによれば、非常事態宣言もあって外出する人はめっきり減ったようですが、欧州のように「人っ子一人いない」という状況でもないようです。

実際、私の周囲にも仕事が完全にテレワークにならずに週に数回は出社しなければならない仕事もあるようですし、我が家でも週に1回程度は食料品や消耗品の買い出しに出かけなければなりません。

そんな中、キャンプ情報WEBの「キャンプクエスト」が、「キャンプは不要不急の当たるのか」について、キャンプ愛好家500人にアンケートした結果が公表されました。

キャンプクエストの調査内容とは


キャンプクエストが実施したアンケートの設問は以下の通りです。

  1. キャンプは不要不急の外出に該当すると思いますか?
  2. 自宅待機と比べた時に、キャンプで新型コロナウイルスに感染する危険性はどのくらいあると思いますか?
  3. キャンプ場の営業自粛についてどう思いますか?
  4. 緊急事態宣言が出されてからもキャンプに行った、または行く予定がありますか?
  5. キャンプの際にコロナ対策で行なっていることを教えて下さい。

キャンプは不要不急の外出に該当するのか?

「キャンプは不要不急の外出に該当すると思いますか?」という設問に対しての回答割合は以下の通りです。

Photo by PRTIME

  • 絶対に不要不急だと思う … 37.4%
  • どちらかといえば不要不急だと思う … 38.4%
  • どちらでもない … 3.4%
  • どちらかといえば該当しないと思う … 11.6%
  • 全く該当しないと思う … 9.0%

全体の75.8%の方が、程度の違いはあれ「キャンプは不要不急の行為だ」と考えていて、「どちらでもない」を含めた残りの24%の方は、明確に「不要不急だ」とは考えていないようです。

ちなみに「不要不急」とは、「特に緊急に必要ではない」とか「特に差し迫っていない」事を表す言葉です。不要不急でない事を表す対義語はありませんが、意味からこじつければ「必要火急」や「必須至急」と表す事ができるかもしれません。

つまり設問は、今現在の状況においてキャンプが「今行わなければならない事」「どうしても今する必要がある事(行為)」ですか?という意味で、言い換えると、今それをしないと生きてゆけない、生活が成り立たない事を不要不急ではない行為という意味です。

人それぞれの考え方があると思いますが、果たしてキャンプは不要不急なのでしょうか。


自宅待機と比較してキャンプでコロナ感染する危険性はどのくらい?

「自宅待機と比べた時に、キャンプで新型コロナウイルスに感染する危険性はどのくらいあると思いますか?」という設問に対しての回答割合は以下の通りです。

Photo by PRTIME

  • 自宅よりも大いに危険だと思う … 11.4%
  • 自宅よりは危険だと思う … 51.2%
  • どちらでもない … 19.0%
  • キャンプの方が危険性は低いと思う … 15.4%
  • キャンプで感染する危険性はないと思う … 3.4%
  • わからない … 3.4%

「大いに危険」「自宅より危険」を合わせた62.6%の方が、自宅待機をしているよりキャンプに出掛けた方が感染リスクが高いと考えていて、「どちらでもない」を含めた41.2%の方が、明確に「キャンプと言えど外出するのは危険」とは考えていないようです。

だれもいないキャンプ場でキャンプをした場合には感染リスクはかなり低いように感じますが、キャンプ場へ行くまでには、途中で食事や買い物に立ち寄ったり、トイレ休憩をする等、人と接する機会は皆無とは言えないので、筆者的には自宅待機より感染リスクが低いとは思えません。

さらに、途中で拾ってしまったウイルスは、キャンプ場のスタッフや地元の人々、他のキャンパーに媒介してしまう可能性も皆無とは言い切れないと思いますし、逆に今のキャンプ場は意外に人が集まっているとも聞きますので、自分が貰う事だけでなく、人に感染リスクを負わせる可能性も勘案すると、キャンプは感染リスクが低いとは言えないのかなあ…と感じます。


キャンプ場の営業自粛について

「キャンプ場の営業自粛についてどう思いますか?」という設問に対しての回答割合は以下の通りです。

Photo by PRTIME

  • 適正だと思う … 42.0%
  • 全面的に営業を休止した方が良いと思う … 16.8%
  • 十分な対策をしていれば営業しても良いと思う … 36.2%
  • 通常通り営業しても良いと思う … 3.4%
  • その他 … 3.4%

キャンプ場の営業自粛に関しては、「全面的に営業休止」を含めて、58.8%の方がキャンプ場の営業に関して自粛・閉鎖の意向を持っている一方、営業を是認する方も39.6%います。

キャンプ場の営業については、キャンプする側としては特に「しても良い」「してはいけない」と論ずる立場にないのかな…と言う気はします。キャンプ場が営業していても、いなくても、キャンプ場を訪れるかどうかは利用者の考え1つではないかと思います。ただ営業していれば行きたくなってしまう…という側面はあるのかもしれませんが。


緊急事態宣言下でキャンプに行く予定

「緊急事態宣言が出されてからもキャンプに行った、または行く予定がありますか?」という設問に対しての回答割合は以下の通りです。

Photo by PRTIME

  • いいえ … 86.4%
  • どちらでもない … 7.4%
  • はい … 6.2%

大多数86.4%の方が、非常事態宣言下ではキャンプには行かないと回答していますが、6.2%の方は行く、7.4%の方はどちらでもない(迷っている?)と回答しています。

設問(1)の「キャンプは不要不急か?」、設問(2)の「キャンプ場での感染リスク」については意見が割れていましたが、実際にキャンプに行く予定があるかどうかの問いには多くの方が「ない」と答えているのは特徴的です。

「不要不急ではない」「感染リスクは低いだろう」と考えていても、実際にキャンプに出掛けるかどうかはまた別といったところでしょうか。


キャンプの際のコロナ対策

「キャンプの際にコロナ対策で行なっていることを教えて下さい」設問に対しての回答割合は以下の通りです。なお、この設問のみ、前4項目で「はい(キャンプに行く)」「どちらでもない」と答えた方のみへの設問です。

Photo by PRTIME

  • うがい手洗い … 77.5%
  • アルコールを持ち歩いて消毒 … 60.0%
  • なるべく人の少ないキャンプ場へ行く … 55.0%
  • マスク着用 … 52.5%
  • コンビニやスーパーでの買い物を禁止または制限 … 15.0%
  • トイレや水道など共有設備を使わない … 15.0%
  • なにもしない … 0.0%

「うがい手洗い」「アルコール消毒」「マスク着用」など、キャンプに限らず推奨されている対策が上位に来ている一方、「コンビニやスーパー等の利用禁止・制限」「トイレや水道等の使用禁止」と回答した方が15%ずついますが、もし実行可能なのであれば効果は高いと思われますが、実際、キャンプへ出向いた際に実現する事ができるのでしょうか。ちょっと気になる回答です。

さすがに「なにもしない」は0%だったのは安心しましたが、ただ、回答に出た対策全てを実行できたとしても、それで感染リスクが0%になるとは限らないのではないかと思います。




人それぞれで考え方が違うのは当然ですし、自分と異なる意見を批判し排除する社会も好ましくありませんが、昨日・今日の報道等を見ていると、最早、そんな事を言っている場合ではない(そんな場合ではないからこその緊急事態宣言ですが)と感じます。

今までは、3つの「密」を避けましょう…という推奨でしたが、「密」でなくて例え「疎」であっても、可能な限り他者との接触・接近する可能性を排除すべき時なのでは?と思えてなりません。



筆者は年に2回、片道450kmを走って家内の実家へ遊びに行くのが恒例です。

5月はちょうど前半の帰省の季節に当たりますが、今年は九分九厘、帰省できないと思っていますし、また、帰省すべきではないと思っています。

帰省先には老齢の家内の両親がいますし、行けば近県在住の義理の妹が、姪や甥を連れて会いに来てくれ、彼らの成長ぶりを見るのも帰省の楽しみの一つです。

今回に限っては、今現在、自分自身や家内が感染していないとしても、高速道路を450kmも走ってゆく途中には、休憩で飲食物を購入するでしょうし、トイレや洗面所も利用せずには済まないはずです。

万が一、自分たち夫婦が帰省する途中で感染してまえば、自分たちはもちろんですが、両親や可愛い甥姪を感染リスクに晒す事になるのは、何としても防がなければならない…、そう思います。

もちろん、これはあくまで筆者の個人的な考えであって、誰もがみな同じ考えでなければならないというのは民主的ではないように思いますが、今は「3密」からもう一歩認識を進めて、せめて5月6日までは「Stay Home」に徹していようと改めて感じた次第です。




【注】本記事は、キャンプクエストが実施した「新型コロナウイルスに関するイメージ調査」の調査結果及びグラフ図を「PR TIME」の許可を得てダウンロード、掲載させて頂いております。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000054035.html




記事に関するコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました