ポイント還元でキャンプ用品をお得にゲット!自分流【ポイ活】とは

スマホ決済アイコン無分類・雑記・その他
この記事は約16分で読めます。
Sponsored Link

お小遣いがあり余っていて使い道に困る…。

そんな方にはあまり縁のないお話しかもしれませんが、お小遣いがあまり多くない自分は、キャンプ用品や車載グッズの購入、キャンプや車中泊に関わる費用を捻出するため、できるだけポイント還元を活用しようと思っています。

一時、良くも悪くも話題になったQRコード決済の大型キャンペーンは少なくなりましたが、それでも、自分的には、クレジットカードやスマホ決済などを上手に使い分けることで、月に3,000~4,000円ぶんのポイントをお小遣いに充当できています。

そうした【ポイ活】を積極的に行うことで、用品やグッズの購入費に充てることができているので、今回はそうした「自分流ポイ活」をご紹介したいと思います。

自分のポイント活用スタイルとは

自分はポイ活の達人と言う訳ではありません。世の中にはもっと上手にポイントを貯めて「お得ライフ」を送っている方はたくさんいらっしゃるはずですので、今回のポイ活は、あくまで自分流です。

基本的にはメインになるクレジットカードと、その利用で得られるポイントが中心で、他の決済方法を利用した方がお得になるケースでも、後にメインとなるポイントに集約できる事を意識して利用するようにしています。

リクルート・プラスJCBカードで貯めたリクルートポイントをポンタに交換

まず、クレジットカードですが、自分のメインカードは「リクルートプラスJCB」カードです。

このカードは、2,200円(税込)の年会費がかかりますが、ポイント還元率が2%で月間利用金額の合計に対して付与されますので、年間110,000円の利用があれば年会費を上回る還元を受ける事ができます。

このカードをメインにしている理由は、まず2%の還元率はかなり高率である事、そしてポイント還元が月間総額に対しての付与だという点です。

人気の楽天カードなどが軒並み1%還元で、1.2%~1.5%還元のカードもあまりない中、2%還元カードは貴重ですし、その還元が月間の利用総額に対して付与されることも大きなメリットです。

月総額ではなく1回の利用ごとに付与される形だと、その都度端数を切り捨てているので無駄になっているポイントが勿体ないんです。

例えば、100円で2%の還元率のカードが2つあるとして、片方は総額の2%(A)、もう片方は1回の支払ごとに2%還元(B)だとした場合、仮に590円の買い物を10回したとすると、

(A)のカード=590×10回の総額5,900円×0.02で118ポイント付与
(B)のカード=100円に満たない90円は切捨てとなり、500円×0.02×10回で100ポイント付与

月間総額に対するポイント付与は非常に重要なので、もし同じ還元率のカードが2枚あるなら、総額での還元かどうか確認してみた方が良いです。

リクルートプラスで得られるポイントは「リクルートポイント」で、そのままリクルートの各サービスに利用する事も可能ですし、1:1でリアルタイムでポンタに交換することも可能です。

ちなみに、「リクルートプラスJCB」の新規申込みは終了しており、新たにこのカードを作ることはできないので、今現状保有している人だけしか利用できないカードです。

スマホ決済はポンタが貯まる・使える「au Pay」をメインで利用

ポイ活をする際に心がけているのは、「できるだけ1種類のポイントに集中させて貯めること」で、自分がメインで貯めているのは「ポンタ」です。

スマホ決済は主に「au Pay」を利用、残高チャージには「au Payカード」(クレカ)(※)を使っています。

※ au Payに残高チャージできるカードはマスターカードのみで、チャージがポイント還元対象外のカードもあるので、還元率1%でも「auPayカード」を使わざるを得ません。


「au Pay」をメインで使うのは、auが自社ポイントをやめて「ポンタ」に相乗りしたことで、「au Pay」でポンタが貯まるのはもちろん、ポンタを残高にチャージして「au Pay」での支払いに充てられるようになったのが大きいです。

しかも、貰ったポンタポイントをau Payにチャージして、スマホ決済やプリペイドカードで利用する際にも再び0.5%の還元があるので、ポイントを非常に有効利用する事ができます。

また「au Pay」の残高は、「au Pay」としてのスマホ決済以外に、「au Pay プリペイドカード」での支払いに充当できため、加盟店でマスターカードとして利用したり、Apple Payにも設定してQuickPayでの支払いも可能なので、幅広い店舗やネットショッピングで便利に使えます。

「au Pay」には通常は「au Pay カード」(クレカ)でチャージしますが、キャンプ用品やグッズを購入する際にはポンタからチャージして購入するようにしています。

コンビニでの利用の際には三井住友カードのVISAタッチでポンタ4%還元

クレジットカードは「リクルートプラス」、スマホ決済は「au Pay」+「auPayカード」チャージをメインに使用していますが、特定の利用先で還元が大きいカードがあるので、それもサブ的に使用します。

コンビニ(セブンイレブン・ローソン・ファミマ)とマック(マクドナルド)での支払いの際には、三井住友カード(クレカ)のVISAタッチを使用します。

三井住友カードは、コンビニ3社とマックでは2.5%還元となり、さらに、VISAタッチの利用でさらに2.5%還元となるので合わせて5%の還元になります(つい最近ファミマがタッチに対応しました)。

ただ、三井住友カードで貰えるポイント「Vポイント」は自分的には使い道がないので、ポンタに交換します(ポンタに交換できるから使っているという側面もあります)。

「Vポイント」をポンタに交換すると、1:0.8と少し目減りして最終的に4%の還元率でポンタにする事ができるので、充分高還元ですし、ポイントの集約の面でも利用価値があります。

三井住友カードの本来の還元率は0.5%ですのであまりお得とは言えないため、上記のコンビニ3社とマック以外では、キャンペーンでもない限り利用しません。コンビニ&マック決済専用です。

Apple Payでの支払いはセゾンパール・アメリカンエクスプレスでポンタ2.7%還元

Apple Pay(QUIC PAY)での支払いの場合の場合には、セゾンカードの「セゾンパール・アメリカンエクスプレス・カード」が高還元になるので、デジタルカード(※)を使用しています。

※プラスティックカードの実態のないバーチャルカード

このカードの本来の還元率は僅か0.01%と低くとても普段遣いには使えないのですが、QUIC PAYでの利用の場合に限り6倍のポイント還元になります(0.06%)。

それでもまだ全然低還元ですが、このカードで貰える「セゾン永久不滅ポイント」の価値は、対ポンタで1:4.5となるので、0.06×4.5倍で実質2.7%の還元率でポンタに交換できることになります。

コンビニ&マックの場合は三井住友カードのVISAタッチが優先しますが、コンビニ以外のQUIC PAY利用時には、メインカードの「リクルートプラス」の2%より0.7%ぶんだけ還元率が良いセゾンパール・アメリカンエクスプレス・カードを使用します。

最近は、QUIC PAYで支払える店舗が増えてきたので、リクルートプラスのプラスティックカードを出す機会が徐々に減っています。

もちろんキャンペーンがあればすべてのスマホ決済を利用する

では、上記の4パターンしか利用しないのか…というと、全然そんなことはなくて、キャンペーンを行っていれば、他のスマホ決済も利用します。2~3月に各社が実施していた「20%還元」なんて絶対に見逃しません^^

au Pay以外に使うのは、

  • PayPay(Yahoo!カード)
  • D払い(Dカード)
  • 楽天Pay

が多いです。

キャンパー的に言えば、ドラッグストアは20%還元キャンペーンの対象になりやすいので、アルコールバーナー好きの自分的には、燃料用アルコールはもちろん、CBガスボンベも基本20%引きでしか購入しませんし、JAFのクーポンと併用すると30~40%引きになったりするのでかなり割安に購入してストックしておく事ができます(➡「JAF」についてはこちら)。

スーパーも還元キャンペーンの対象になりやすいので、キャンプディナー用の塊肉やソーセージなどを買って冷凍しておく…なんて使い方もしています。



「メルペイ(メルカリ)」も「LINEペイ」「ファミペイ」なども当初は使っていましたが、最近はキャンペーンが小粒なのでほとんど利用しなくなりました(LINEペイは税金等の支払いに利用中)。

でも、美味しいキャンペーンが実施されればどのペイでも喜んで使います^^

そうすると、どうしてもPayPay残高や、Dポイント等が微妙に貯まりますが、損になるわけではないのでコンビニなどの少額決済でうまく利用しています。

楽天ポイントについては、楽天モバイルユーザー(※)でもありますし、楽天カードや楽天証券を使っているためSPUが「6.5倍」ほどになっているので、安いものが見つかった際には楽天市場(※)でポイント併用で購入する事があります(多くの場合ポイントを入れてもAmazonの方が安いので「安ければ」に限ります)。

ポイントを分散させると、1種類のポイントの額が小さくなり、まとまった買い物ができなくなるので、キャンペーン時には使いますが、心がけとしては「ポンタ」最優先で集約です。

(※)余談ですが、自分は楽天モバイルの料金支払いに楽天カードを指定していません。 自分的メインカードの「リクルートプラス」を指定しています(まだ無料期間で料金は発生していませんが)。

と言うのも、楽天モバイルを利用した際のメリットは「楽天市場での買い物の際に+1倍になる」だけで、どのクレカで支払ってもそれは変わらないからです。

もちろん楽天カードで支払えば、楽天カードの還元1%は適用されますが、リクルートプラスにすれば2%還元になりますし、「楽天市場+1倍」も失われないので、楽天モバイルの料金決済は必ずしも楽天カードが得ということはないんです。

当の楽天カード自体も同じで、楽天カード会員であることで「+1倍」と、楽天カード利用で「+1倍」、さらにカード決済時の還元1%を合わせて「3%」となりますが、楽天市場の決済をリクルートプラスにすると、楽天カード会員である事は変わらないので「+1倍」はそのまま、カード決済の還元率が2%になるのでトータルの還元率は同じ3%なんです。

もちろん、貯まるのはポンタになってしまうので、楽天経済圏の住人の方にはメリットはありませんが、ポンタ圏の自分的には、できるだけポンタが多くなる方法が「是」となります。

自分的にはポンタ圏の人ですし、あと、楽天ポイントは期間限定ポイントが多くて使いにくいというのもあって、楽天でもリクルートプラスを使っています。




ここまでをまとめると

(1)コンビニ3社+マック … 三井住友カード VISAタッチ(ポンタ交換時4%還元)

(2)QUIC PAY支払い時 … セゾンパール・アメックスカード(ポンタ交換時2.7%還元)

(3)通常のクレジットカード利用時 … リクルートプラスカード(ポンタ交換時2%還元)
   JCBが使えない場合には、リクルートMasterを使用(ポンタ交換時1.2%還元)

(4)スマホ決済は「au Pay」をメインに使用する(ポンタを残高にチャージ可能)
   au Pay残高チャージ用に「au Pay カード」を使用(1%還元)
   「au Pay」利用時に+0.5%ぶんの還元あり

(5)スマホ決済のキャンペーンがあれば利用する

アンケートやポイントサイトでもポンタを貯める

ポイントを貯める方法は、なにもキャッシュレス決済ばかりではありません。

例えばアンケートに答えると数ポイントが貰えるアンケートサイトでも、暇な時に回答するだけで月500~1000Pほどのポイントが貰えますし、サービス利用や会員登録などの必要がある場合には必ずポイントサイト経由で申し込めないかを確認し、経由できればそれもポイントが付与されます。

さらに我が家の電気とガスの供給元である東京ガスは、利用量に応じて「パッチョポイント」が貰えますが、これも1:1でポンタに交換可能です。

こうした直接ポンタが貯まらないサービスでも、調べてみると交換可能なケースがあるので、そうしたポイントもできるだけポンタに集約するようにしています。

月間で3,000~4,000円ぶんのポイントを用品拡充に充てられるが…

こんな感じでクレジットカードやスマホ決済を駆使して集めるポイントの約9割がポンタですが、ポンタは、前述のように「au Pay」残高にチャージできるため、スマホ決済の「au Pay」、Apple Payやクレカとして使える「au Pay プリペイドカード」で使う事で、Amazonも含めた幅広い店舗やWEBで利用する事ができます。

月間のポイント数(=金額)にすると、クレカやスマホ決済で貯まる分でだいたい3,000~4,000ポイントぶんになりますし、アンケートなどの他サービスからの交換で年に数千ポイントがボーナス的に増える感じです。

アルトピアーノを購入してキャンプを再開してほぼ1年という今のタイミングでは、用品・道具類もほぼ揃ってきているので、月間3~4,000円もあれば充分ですし、半年貯めれば2万円程度のものも購入できるので、お小遣いを用品購入に充てなくても間に合うようになってきています。

というか、ポンタポイントの範囲で用品・グッズを買うこと自体が面白くなっている部分もありますし、先日購入した「コーナン・メスティン」購入した際の支払いも、保有しているポンタを活用して実質無料で購入したものなんです。

【ダイソー製とコーナン製】トランギアじゃないメスティンを使い比べ

自分流ポイント還元システムに弱点がある

ここまで、自分流のポンタ集めの方法を書いてきましたが、実はいくつか弱点があります。

(1)リクルートプラスが使えない場合の還元率が低い

VISAタッチでもなく、QUIC PAYでもない場合には、通常のクレジットカード払いで「リクルートプラス」を使うので還元率2%なのですが、JCBが使えない店舗やサービスで使うカードが弱いんです。

リクルートプラスの次に高還元率なのは、三菱東京UFJが発行する通常の「リクルートカード」が1.2%還元でだいぶ差がありますし、他に保有しているカード「Dカード」「Yahooカード」「イオンカード」など全て1%還元なんで、全然面白くないんですよね。

(2)Apple Payを使用する際に、QUIC PAYが利用できない場合

自分的に一番使いやすいのはApple Payを使ったQUIC PAYなんです。スマホ決済ほど支払い画面を出すまでの操作に手間も時間もかからないし、非接触という意味も今は大事ですし、2.7%還元でもあるので、QUIC PAYがメイン決済なんですが、QUIC PAYが使えない場合に困ります。

「iD」が使えるのは、「Dカード」(1%還元)、「三井住友カード」(0.5%還元)しかないので、とても使う気になれないんですよね。

仕方ないので、通常のクレジットカード決済をする事になるのですが、時間かかるし、下手すると他人にカードを預けることになるので嫌なんですよね。

「リクルートプラス」が使えない場合と、QUIC PAYが使えない場合の高還元代替策を見つけないと…なのです。

ポイントサイトは利用するけれど過度な期待は禁物

  • ○○クレジットカードに入会すると××ポイント
  • △△の会員に登録すると××ポイント
  • ■■のアンケートに答えると××ポイント
  • ポイントサイト経由で◎◎でお買い物すると××ポイント

「ポイントサイト」の利用がポイ活のメインだ…みたいに書いている記事も時々見かけますが、筆者の実感としては、あまり過度の期待をするのは如何なものかと思います。

「大口」というか、付与ポイントの大きな案件はクレジットカード発行が多いですが、毎月毎月クレジットカード発行を続けられるわけではありません(案件もそんなにないし、使わないクレカを大量に持っていても…)。

あと大きいとすれば、FXとか、暗号資産とか、証券会社とか、やはり金融関係が多いですが、何カ月も同じ数だけ入会・利用し続けるのは無理です。

あとの、会員登録やアンケート、経由してお買い物で得られるポイントはあまり多くないので、毎月何万ポイントも得られる…というのは、嘘ではないにしても継続するのは難しいと考えるべきでしょう。

「毎月2~3万ポイント得られるなら用品やグッズがホイホイ買えるネ」などと過度に期待していると、そんな華々しい時期はすぐに終えてしまって、「なんだ儲からない」とポイ活自体を投げ出してしまうことになり兼ねません。

自分流で言えば、ポイントサイトで利用できる案件があればそれはボーナスだと考えて、通常は、やはり自分の生活の中で元々出費する金額で、最大限の還元を生み出すことが基本だと思います。

先日も某クレジットカードから「ナンバーレス(カードにカード番号が刻印されていない)カード」が発行されましたが、既存のカード利用者でも新しいカード発行が可能とのことだったので、ポイントサイト経由で申込み8,000Pを貰いました。

ナンバーレスの方がカード利用時に番号を読み取られる事がないので安心ですからね。

もちろん頂いた8,000Pもの「Gポイント」は、いずれ他案件で得たポイントと合算してポンタに交換する予定です。

自分が利用したポイントサイトはこちら:「G Point」

※ 上記クレカ発行でももっと多くのポイントが得られるポイントサイトもありますが、できるだけ老舗というか、長期間運営が継続しているポイントサイトを選んだ方が安心です。また、同じ案件に対して突出して還元ポイントが多い場合はちょっと注意した方が良いかもしれません。

利用可能な還元率が最大の支払方法がベストとは限らない

筆者と奥さんがよく買い物にゆくスーパーは、無料の会員制度があって、会員証を提示すると3%の値引きがその場で適用されます。

ただこの値引きは、支払方法によって対象外となるケースがあって、クレジットカード決済の場合は対象外になってしまいますが、スマホ決済は値引き対象なんです。

なので、そのスーパーでの支払いは、例えば2%還元のクレカや、2.7%還元のQUIC PAYを使うより、1%還元のクレカでチャージした0.5%還元のau Payを使って、3%の値引きを受けた(合計4.5%)方が全体としてはお得になるんです。

こんな事例もあるので、必ずしも単体の還元率が高い支払方法がベストではないのも面白いところです。

20%還元を利用する際にNGな考え方

最後に要注意点を1つだけ。

20%還元ってかなりお得なのは確かですが、以下のような考え方をすると逆に損をしてしまうかもしれません。

これはスマホ決済が普及し始めた初期の頃にウチの奥さんが発した言葉です。

「20%還元かあ、お得だよね。何を買おうかな」

これって、筆者が自分的に考えるNG行動だと思うんですよね。

いくら20%還元でお得だからと言って、元々買う予定のないものをあえて購入するのでは20%で還元されない分が新たな支出になってしまいますよね。

元々買う予定のあるもの、買う必要があっていずれ買うもの等の購入に充ててこそ20%還元が活きるというか、得になるのであって、20%貰うために無理やり買い物をしていてはダメです。

入力食品や雑貨類などの日々の必要経費や、買おうと思っていた家電や道具などを買うなら還元分だけ安く購入している事になりますが、買う予定もない、買う必要のないものを購入するのではまったく得にならないので、その辺は注意が必要です。

クレジットカードのスマホ決済も同じで、還元分は、還元されなくても使う出費に充ててこそ得になるので、その辺りを勘違いすると逆に損をしますのでご注意くださいね。

今は、奥さんもちゃんと理解しています^^



まとめると、自分が貯めるとメリットが大きいポイントを定め、そのポイントに集約できる事を前提に還元率が最も良いクレジットカードをメインに使い、スマホ決済のキャンペーンや、使い方によって還元率がアップするような決済方法を活用することで、毎月コンスタントにポイントを得ることが大事なのかなと思います。

前述のように、月間のポイント数はだいたい3,000~4,000ポイントで、アンケート回答や他サイトポイントの交換で年に数千ポイント、さらに、ポイントサイトやスマホ決済のキャンペーンなどでボーナス的に1~3万ポイントを得ているという感じしょうか。

1GB以内ならプラン料金無料…という破格条件の楽天モバイルも、ポイ活で得られたお小遣いの支出の抑制に役立ってくれていますが、せっかくポイント還元で割安に買えた用品やグッズをまったく活かす機会がなく、じりじりしながら自粛を続けていますが、季節もよくなってきたのでどこかへ出かけたいなあと、つくづく思います。

「面倒くさい」と思う方が多いかもしれませんが、ポイント還元を意識している側から見ると、貰える「お金」をみすみす捨てている…という感じで、勿体ないなあと思うんです。

年間、数万円ぶんのお金を「いりません」って、なかなか言えないんじゃないかと思います。

実は今、ポンタが18,000ポイントほど貯まっていて、さらに、今月~来月にかけて1万数千ポイント増える予定なんで、何を買おうかな~なんてかなりワクワクしてるんです。

ポイント投資に回しても面白そうですよね^^



今回は、お小遣いが足りない自分が如何にしてキャンプ用品やグッズ、キャンプや車中泊の費用を捻出しているか、「自分流ポイ活」について書いてみました。

それでは、今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました