キャンピングカーにJAFロードサービスは必要か

無分類・雑記・その他
この記事は約9分で読めます。
Sponsored Link

JAFに加入していますか?
キャンピングカーにJAFロードサービスは必要でしょうか。

これまではクレジットカード付帯のロードサービスが充分と思ってきたのですが、思うところあってアルトピアーノ購入後にJAFに加入しました。

すると、なんと加入後間もなく救援依頼をする羽目になりました。

そこで思ったのは会費が高いと敬遠していたが加入して良かったでした。
こういうのを保険というのだなと実感した次第です。

CX-5では必要と思わなかったJAFを、なぜアルトピアーノでは必要だと思ったのか

実は、JAFへの加入は、アルトピアーノ購入と同時期ではありません。

アルトピアーノを購入したのが2020年2月契約、同3月納車でしたが、JAFへの加入は約半年後の同年9月でした。

アルトピアーノ購入当初は、CX-5やそれ以前のクルマたちの時と同じで、年会費の高いJAFでなくても、クレジットカードに付帯している無料や、年間数百円でりようできるロードサービスで十分と思っていました。

しかし、アルトピアーノと暮らす中で幾つか「JAF加入」を検討する要素があったのだと思います。

例えば、車としての信頼性。

性能が悪いとかそういう事ではなくて、バッテリーに負担がかかる可能性が高いことから来る「怖さ」みたいなものを感じます。

SUVでドアを全開放してエンジンを止めるケースってほぼないと思うんです。

エンジンを止める事があってもドアは閉めますが、アルトピアーノは、スライドドアである事も手伝って、スライドドアもリアハッチも開放したままエンジンを止める機会がすごく多いんです。

初期の頃、ドア&ハッチを全開にしていて、ふとルームランプが点灯しているのを見つけて「ドキッ」とする事が何回かありました。

ルームライト点灯は夜間なら分かりやすいはず…というのが普通のクルマの常識ですが、キャンピングカーの場合には、サブバッテリー電源の車内灯が明るく照らすため、弱々しいルームランプの点灯に気づかない事がありました。

「やば」と、幸いバッテリー上がりになる前に気づく事ができて大事にはいたりませんでしたが、キャンピングカーはSUVに比べて、バッテリー上がりのリスクが高いと認識するようになりました。

タイヤのパンクも怖いと感じる場面が何度かありました。

BBQをしに河川敷に降りた際に、あまり人がいない奥の方へとアルトピアーノを走らせていると、次第に他車に踏み固められておらず、結構とがった大きめの石が多くて、不安になりました。

また、どこのキャンプ場だったか忘れてしまいましたが、サイトまでの道が瓦礫状で、この時もパンクが怖いと感じました。

BBQやキャンプの際には荷物満載で、乗り心地が大きく変わってしまうほど自重が重くなっているので、タイヤへの負荷も相当だろうなあと思うようになりました。

そうした実際に利用し始めてから感じた怖さや不安が募っていって、クレジットカード付帯のロードサービスで、本当に「いますぐ来て」が通用するのか、その辺りに不安が広がって、ついにはJAF加入を再検討する事になりました。



ちなみに、JAFの出動理由の上位10傑は以下の通りです(2016年のデータ)。

1 . 過放電バッテリー 737,110件(33.05%)
2 .タイヤのパンク、バースト、エア圧不足 348,752件(15.64%)
3 .キー閉じ込み 205,053件(9.19%)
4 .落輪・落込 179,063 8.03%)
5 .破損/劣化バッテリー 125,282件(5.62%)
6 .事故 105,134件(4.71%)
7 .燃料切れ 53,411件(2.39%)
8 .発電機/充電回路 39,386件(1.77%)
9 .スタータモータ 33,314件(1.49%)
10.ハンドルロック・キー作動機構 26,923件(1.21%)
TOP10  1,853,428件(83.10%)

やはり、バッテリー上がりと、タイヤ関係がTOP2なんですね。

アルトピアーノ(タウンエースバンGL)は、リモコンロック付きでリモコンキーは1個のみ付属ですので、リモコンキーで施錠する限りはキーとじ込みはないと思いますが、4位の落輪・落込は山間部などに分け入るキャンパーはリスクが高そうです。

5位も8位もバッテリーや電気関係で、JAF入った方がいいかなあ…と考えるようになりました。



ただ、キャンピングカーが救援の対象になるのかどうか…ですが、幸いというか、アルトピアーノは区分上ではキャンピング登録の8ナンバー車ではなく、ベッドや冷蔵庫という荷物を載せている商用車4ナンバー車ですし、軽くて小型のタウンエースベースなので、全く問題なく対象になります。

JAFのロードサービス対象車の規定は「車両重量3,000kg以下、かつ最大積載量2,000kg以下の自動車」ですので、かなり大型のキャンパーでも大丈夫そうですが、その辺りは車検証などで厳密に判断した方が良さそうです。



実は、JAFへは過去に1度加入した事があります。

もう10年以上前ですが、2代目のエクストレイルを購入した際に、入会金が無料になるというキャンペーンを日産でやっていて、それならと加入した事がありましたが、エクストレイルに乗っていた2年間、1度も救援要請することなく、その可能性さえ皆無だったので、その後、解約していました。

エクストレイルの後、2012年の初代CX-5、2015年に改良版CX-5、2018年に2代目CX-5と乗り継いだ間も、JAFの必要性はまったく感じませんでした。

自分はスキーもスノボもやりませんし、当時はキャンプもやっていませんでしたので、救援要請するような場面に遭遇する機会が全くなかったためだと思います。

加入後すぐにバッテリー上がりで救援要請~20分でエンジン始動で会費分を一気にペイ


※ アルトピアーノはパネルにメインとサブ両方のバッテリーの電圧が表示される

そんなこんなで、なかなかのネガティブ要素の多い自分は、結局「JAF」への再加入する事になったのですが、キャンピングカーになってリスクが増えたとはいえ、長年クルマに乗ってきた自分が救援要請をする事はまずないだろう…と思っていました。

JAF再加入を決めた際にも、「これは保険、使わなくてもいい」と考え、万が一、使うにしても何年かに1度だろう…なんて考えていたのですが「すぐ」でした(笑)。

もう、そのトラブルを予見していたかのように、加入後すぐに救援要請する羽目になりました。

原因はナビです。

我が家のアルトピアーノは中古車で、下取りされてからしばらく在庫していた期間があったようで、ナビのバージョンが古いままだったんです。

購入後半年ほどはそのまま使っていたのですが、ディーラーからナビの無料更新の期間が過ぎると連絡が入り、「じゃあやるか」と言う訳で、ナビをネットに繋いでデータのダウンロードと、インストールをする事になりました。

ところが、基本的に4~5県分ずつDL~インストールを繰りかえす作業で、やたら時間がかかるので、一括DL~インストールに切り替えて、車を離れて昼食を摂ることにしたのですが、途中で仕事の電話が入ったり、たまたま並行して牛すじ肉を煮込んでいてそちらに気を取られ、ついクルマので作業を忘れてしまいました。

ふと思い出した時には、時すでに遅しで、アルトピアーノのメインバッテリーはセルを回すだけの電気を持っていませんでした💦

「ここで使わずしていつ使う」的な絶好の利用シーンに早速電話。

場所とバッテリー上がりである事を伝えると、「到着まで1時間以内です」と予想よりも早い所要時間を告げられ安心しましたが、実際に作業車が到着したのは12~13分後で、アルトピアーノのバッテリーにセルスターターを接続してキーを回して一発始動。

救援要請の電話から、エンジンがスタートするまで20分程度でした。

スタッフも快活な人で気持ちよかったですし、僅か10分ほどで駆けつけてくれてエンジン始動してくれて現場での支払いは「なし」。

しかもバッテリーの充電量が少ない時間が短かったので、その後、バッテリー交換する事なくそのまま使えている事を考え併せると、JAF再加入は正解だったと思います。

アルトピアーノは4ナンバーの商用車なので、車検をはじめ、毎年支払うものが多いのが悩みの種で、いかにコストを下げるかがアルトピアーノと上手につきあってゆく1つの方法だと思っているのですが、「毎年支払い」にJAF年会費ぶんが増えてしまいました。

何もない時の年会費4,000円は非常に割高に感じていましたが、こうして一度救援を依頼し助けて貰うと、この4,000円は確かに安くはないですが、保険だな…と感じるようになり、毎年支払う必要経費と考えられるようになりました。

ローンや税金・維持費・燃費などのカテゴリーはこちら


自分が利用したからJAFは必要だ…なんて断定するつもりもありませんし、そもそも救援依頼した内容がキャンピングカーなんてまるで無関係の状況ですし。

ただ、それでも「加入しておいてよかった~」と思ったのは確かです。

同時に、空気入れ(コンプレッサー)や、ジャンプスターターを買っておかなきゃ…とも考えていますが、パンクの場合はコンプレッサーだけあってもいみないですし、やはり「救援」が呼べるのと呼べないのとでは全然違うと思います。

JAFって意外と近代的と思う部分とアナログな紙のクーポン…実はこれが使える!

ちょっと余談ですが、最近のJAFって近代的なんですね(笑)。

JAFって、アナログなイメージで前時代的な印象があったのですが、スマホ向けのアプリがあって、そのアプリで会員証を提示できちゃうんですね。

これにはちょっと驚きました。ちろん、アプリから救援の連絡もできますしね。

かと思えば、「近代的」とは対極にあるような紙のクーポンが毎月送られてきます^^;

ドラッグストアや飲食店で使える紙ベースのレトロ感満載のクーポンが送られてくるのでよく利用するのですが、年会費4,000円の何割かはクーポンや値引でバックされています(正確にカウントした事はない)。

例えば、ドラッグストアの10~20%OFFクーポンを使って「消毒液・除菌シート」、「ミューズ(薬用せっけん)」等、キャンプ関連の商品も購入できるので助かっています。

キャンパー的に忘れてならないのは、燃料用アルコールですよね^^

あと、なにげに嬉しいのは、多くの施設で会員証提示で入場料などの割引(100~200円程度)が受けられます。額は小さいですが、毎年訪れるような施設~我が家で言えば伊豆の「バガテル公園」など~の割引は積もれば大きな額になります。



もう一つ余談なんですが、JAFって交通やクルマ関連のテストをやっていて、それはJAFの加入とは別に以前からよく見ていました。

「JAF CHANNEL 実験・検証」

5月でも車内ダッシュボード上の温度が相当上昇するなんて動画を見ると、絶対に炭酸系飲料やスマホを車内に置いておく事なんて出来なくなりましたし、SUVの頃からずっと4WDですが、タイヤチェーンは買い換えていました。

こういう動画って、YOUTUBEなんかでも時々見かけますけど、JAFのテストもなかなかですので、一度ご覧になってみてください。けっこう参考になります。

JAF公式サイトはこちら




今回は、怖がりな自分がJAFに加入したお話しでした^^;;

便利な都会にばかりいる訳ではないキャンピングカーだけに、JAFが必要かも…と思った訳ですが、再入会早々、全く想定外の事由でお世話になってしまいました。

まあそれでも、年会費分は1回で回収できたと感じましたので、このまま継続してみようと思います。

それでは、今回はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました