キャンプ1回しか行けてないのにローン始まり自動車税も来るっていう…

税金・維持費・燃費
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link

アルトピアーノの購入を決めたのが2月末で、納車は3月21日でした。

納車前に予約していた箱根芦ノ湖キャンプ村で3月24~25日にアルトピアーノでの初キャンプが納車後唯一のキャンプで、ずっとステイホームに勤しんでいます。

タイミング最悪でのキャンピングカー購入だったかもしれません。

今までCX-5で行っていた温泉だったり、バラ園だったり、地元のパン屋さん等を家内と二人でアルトピアーノで巡ろうと考えていたのに…。

芦ノ湖キャンプ村以降、車中泊も含め一切の「おでかけ」「アウトドア」と呼べる事は自粛して、ステイホームに徹しているのですが、納車から2か月目のタイミングで、いよいよローンの支払いが開始になります。

1度っきりのキャンプだけで、ローンを支払うなんてなんとタイミングの悪い事よ…と我ながら悲しくなってしまいます。

今年は自動車税2台分になるし

そうこうしているうちに、自動車税の払い込み用紙も届くでしょう。

今年は、CX-5とアルトピアーノ2台分です。

2.2LのCX-5は45,000円、アルトピアーノは商用バンなので8,000円だと思うので、合計53,000円です。

自動車税に5万円オーバーって高いなあ…と思いますが、以前、5.2Lのグラチェロに乗っていたときは88,000円だったので、それに比べればまだマシですし、1500ccの商用車の8,000円は普通車に比べるとかなり割安で助かります。
(でも車検が毎年なので2年間のトータルコストは大差ない感じですが)

納車依頼、アルトピアーノをキャンピングカーとして、車中泊仕様車としてたった1回利用したきりで、ローンや自動車税などお金が出てゆくことばかり先行している感じです。

快適化計画も遅々として進まない

アルトピアーノの車内の「快適化計画」も思ったように買い物に出られないので遅々として進みません。

現在考えているのは、「居住部のカーテン設置」と「リアの背もたれ設置」を考えていて、他にもテーブルを横向きに設置できるように改造したいし、もう少しフカフカでカラフルなフロアマットも欲しいし、車載扇風機も物色したいし…。

また、あまりに商用バン然とした外観を少し変えたいと思っていて、作業灯を組み込んだルーフキャリアを取り付けたらどうだろう、ボディカラーも何とかしたい、耳(ドアミラー)の色を変えたらどうかな…等々やってみたい事は色々あるんです。

せっかく買ったアルトピアーノの使い勝手を向上させたいし、外見も少しカッコよくしたいと、色々と考えてはいるのですが、買い物に出られないので全然進みません。

Amazonで購入するにしても、事前に現物を手に取って見て触ってから買いたいですしね。

でも無理にホームセンターに出かけて、購入出来たとしても、改造した車内や外観を自宅駐車場でばかり見ていてもしょうがないので、結局、無理に買い物に行っても無意味な事に気づいてため息が出てしまう有様です。

ただただ、車内各所のサイズを図っては快適化計画に思いを巡らすばかりです。

おうちキャンプをすると余計に出かけたくなってしまう

最近、よく目にするのが「おうちキャンプ」とか、「おうちピクニック」なる言葉です。

要は自宅でキャンプする事を「おうちキャンプ」という訳で、実はわたしも自宅駐車場の車内でのランチなど、真似事をしてみた事もあるのですが、わたしの場合は、かえって行きたくなってしまうので最近は、「おうちキャンプ」を自粛です(笑)。

自宅での食事作りに、アルポットやスキレット等を使う事はありますが、アルトピアーノの車内で食べたり、泊まったりはしなくなりました。

今がチャンス…とばかり、またキャンプごはんを再開できた時のために、新メニュー開発に余念なく励んでいます。



アルトピアーノの購入時期を間違えましたかね~

そうは言っても、購入時点ではこんな状況になるとは予想できませんでしたからねぇ。。。

キャンプに行きたい、ドライブに行きたいという欲求は次第に充満してきているのも事実ですが、元々自宅事務所での事務仕事なので、ずっと自宅に居る事のストレスを感じない事だけはラッキーだったと思います。

普段からそうなので、コロナ禍で無理矢理自宅に押し込められている感じを全く感じていないので、ずっと自宅に居る事にストレスはありません。

しかし反面、自分の時間を自由に調整して、家内とドライブや旅行に出かけていた部分に関しては、出かけたい欲求が溜まっている事も事実です。

早く終息して、気兼ねなくキャンプやドライブ、温泉などに出かけたいものです。それまでは頑張ってStay Homeを堅持するしかないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました