出揃った格安SIMの新料金プラン~容量別のお勧めMVNOとは

格安SIM・スマホ・iPhone
この記事は約24分で読めます。
Sponsored Link

NTTドコモのAhamoをきっかけに、KDDI(au)のPovo、SoftbankのLINEMOといった大手キャリアの新料金プランが提示され、スマホの料金プランに注目が集まっています。

ただ、これらのプランはデータ通信を使っても使わなくても20GB分の料金が請求されるので、「20GBで2,980円なんて安い!」と思っても、実際の自分の使用量で使った場合には、必ずしもお得なプランとは言えない点に注意が必要です。

例えば、毎月3GB以内しか使わない人が、Ahamo/Povo/LINEMOを契約すると、使わない17GB分の料金も含め、必ず2,980円が請求されてしまいます。

それであれば、元々3GB、5GB、10GBなど自分が利用する容量にマッチした料金プランの方が無駄な料金支払いを防ぎ、その分をキャンプ道具に回せるってわけです。

月に2,000円料金削減できれば、年間で24,000円、5年で120,000円もの無駄な料金を節約できて、欲しかったポータブル電源も購入可能になっちゃいます。

【追記】楽天モバイルで新キャンペーン!「UN-LIMIT Ⅵ 3カ月無料」が開始に

格安SIMサービス各社から出揃った新料金プランを一覧で比較してみる

多くのスマホユーザーにとっては、あまりお得とは言えないけど、見た目のインパクトはそれなりの破壊力を持っているキャリア3社の20GB新料金プランです。

ご存知かどうかわかりませんが、ある調査によれば、全体の7~8割のスマホユーザーが契約しているのは5GB以下の料金プランであり、さらに半分は3GB以下だそうです。

そう割合のユーザーが20GB2,980円のプランを契約してくれれば、例えば全体の平均の使用容量が5GBで収まった場合には、キャリアは、5GBプランを2,980円で提供していることになり、20GB使い切れない多くのユーザーは、非常に割高なプランを契約していることになり、キャリア的には痛くも痒くもない…ってわけです。



そんな大手キャリアに対抗せざるを得なくなった格安SIMサービス各社も、基本的に2020年4月から提供開始となる新料金プランをリリースしましたが、ぎりぎり3月末のタイミングで、「OCNモバイルONE(NTTコム)」の新料金プランが発表されました。

そこで、先陣を切って発表した、日本通信やmineoから、最新のOCNモバイルONEの7サービスに、MNO(自社通信網保有キャリア)である楽天モバイル、MNOのサブブランドであるY!mobileとUQmobileを含めた「音声通話機能付きプラン」10サービスを一覧にまとめました。
(金額は税別表示です)。

各プランを判断する際の要素として以下をを含めています。

  • 通信回線(D…NTTドコモ、A…KDDI/au、S…Softbank)
  • 推奨回線(マルチ・キャリアの場合の速度が速いとされている回線)
  • 初期費用(契約事務手数料)
  • SIM発行(SIM発行手数料=初期費用と合わせて契約時にかかるコストです)
  • 通話OP(基本料金込みの通話サービスがある場合は記載しています)
  • 通話アプリ(料金半額通話やかけ放題を使用する際に専用アプリが必要か不要か)
  • 5G通信(5G通信サービスへの対応)
  • eSIM(eSIMの取扱の有無)
  • データ容量ごと料金(1GB~10GB、15GB、20GB、最大容量の料金です)
  • 最低利用期間、解約金(最低利用期間の設定の有無、解約金の有無・金額)
  • MNP転出(MNP転出手数料の有無・金額)
  • 通信速度(参考)
 日本
通信
mineoIIJmioAeon
mobile
BIG
LOBE

mobile
NURO
mobile
OCN
mobile
ONE
楽天
モバイル
Y!
mobile
UQ
mobile
プラ
ン名
合理的…マイ
ピタ
ギガ
プラン
さい
てき
新料金バリュー
プラス
新料金UN-
LIMIT
Y!
mobile
UQ
mobile
通信
回線
DD/A/SD/AD/AD/AD/A/SDRSA
推奨
回線
AAAS
初期
費用
3,000
3,000
3,000
3,000
3,000
3,000
3,000
3,000
3,000
SIM
発行
400円394円400円394円
通話
OP
70分
無料
10円/
30秒
かけ
放題
通話
アプリ
不要不要不要不要
5G
通信
あり
200円
あり
無料
あり
無料
あり
無料
あり
無料
eSIMあり
データ
あり
通話可
あり
通話可
1GB
未満
930円
1GB1,180
980円980円700円無料
2GB780円1,080
3GB1,180
1,200
720円900円980円1,980
1,480
4GB980円1,280
5GB1,380
1,380
900円
6GB1,480
1,700
1,200
7GB1,580
- 
8GB1,380
1,680
- 1,350
9GB1,780
- - 
10GB1,780
1,880
- - 1,600
15GB1,680
- - - 2,980
2,480
20GB1,980
1,980
1,880
2,180
- - - 1,980
最大
容量
4,480円
/30GB
1,980円
/20GB
1,880円
/20GB
5,980円
/50GB
未定1,350

/8GB
1,680円
/10GB
2,980円/
無制限
3,780円
/25GB
3,480円
/25GB
最低
利用
期間
翌月末12か月12か月
解約
1,000
1,000円
~12,00
0円
MNP
転出
廃止廃止廃止廃止廃止廃止廃止廃止廃止廃止
速度BCCBBCA-A+A+A+

通信回線(NTTドコモ・au(KDDI)・Softbank・楽天)

1つのサービスの中で通信回線を選べるのはMVNOの特徴でありメリットの1つです。

MVNOはほとんどが、2つ以上の回線を選べるマルチ・キャリアで、mineoとNUROモバイルは楽天を除く3キャリア全ての回線を選べるトリプル・キャリアです(現在、楽天回線は楽天モバイルでしかりようできません)。

MNOやサブブランドは当然ながら自社回線しか選択肢がありません。

初期費用(契約事務手数料)・SIM発行手数料

通信サービスと新規で契約を結んだ場合、MNPで他社から転入した場合などに契約事務手数料の名目で初期費用を徴収されます。さらに、一部のサービスでは契約事務手数料の他に「SIM発行手数料」を徴収するメースがあります。

唯一、楽天モバイルだけが初期費用もSIM発行手数料も課しておらず、3,700円(税込時)程のコストを節約する事ができます。

通話サービス・通話アプリの有無

「かけ放題」や「半額通話」などの通話サービスが、プラン料金に込みでセットされている場合にはそれを記載しています。

日本通信の「合理的20GBプラン」では、月間70分(通常料金で2,800円分)がプラン料金に含まれています。70分以内であれば追加料金なしに通話が可能です。

OCNモバイルONEでは、専用アプリを使用せずに通常の電話アプリでそのまま発信しても、10円/30秒の通常の半額の料金で通話が可能です(2021/04/07以降)。

楽天モバイルは「Rakuten Link」という専用アプリを使用する事で、上限なしの通話/SMSし放題が可能です。「Rakuten Link」利用にかかるコストや料金はなく、無料で話し放題+SMSし放題です。

通話が多いユーザーはこの3サービスに注目しても良さそうです。

この3社以外のサービスでは、専用アプリ(プレフィックス)を使用したかけ放題等を有料で提供しています。

5G通信の有無・料金

現時点で5G通信サービスを提供しているのは、mineo、楽天モバイル、Y!mobieです。今後の提供予定を明示しているのは、IIJmio、UQ mobileなどがあります。

個人的な意見ですが、現時点での5Gサービスは非常に限定的で実用性に欠けるため、特に重視しなくてよいと思います。

当然ですが、5Gサービス利用には5G対応スマホが必要です。

eSIMの提供

現時点でeSIMを提供しているのは、MVNOではIIJmio(ドコモデータ通信のみ)、MNO・サブブランドでは楽天モバイル、Y!mobile(いずれも音声通話機能付)です。

iPhoneのデュアルSIM仕様の機種(iPhone XS以降)であれば、物理SIM×1枚、eSIM×1のデュアルSIM利用が可能です。

楽天モバイル、Y!Mobileを利用する場合は、通話付きのメイン回線にeSIMをチョイスしておくと、副回線にMVNOを物理SIMで使用することができます(MVNOではeSIMの取扱いがほぼないため)。

最低利用期間・解約金の有無・金額

通信サービス各社を解約(MNP転出含)する場合の、最低利用期間や解約金、MNP転出手数料の有無や金額です。

最低利用期間や解約金は廃止した通信サービスが増えてきましたが、MNP転出手数料については上記サービスはすべて2021年4月以降は無料化・廃止することを告知しています。

MNP転出手数料の有無・金額

これまで、通信サービスの乗り換えには、転出サービスに「MNP転出手数料」、転入サービスに「契約事務手数料」「SIM発行手数料」を支払い、少なくとも、6,600円(税込)以上のコストがかかっていましたが、転出サービスへのMNP手数料が廃止となることで、乗換えに要するコストが半分に軽減されます。

ただし、サービスによっては、3月中に発行された予約番号で実際の回線切換えが4月になってから行われた場合の対応がことなるケースがあり、日本通信などは、3月中に発行された予約番号を使う場合には切り替えが4月でもMNP転出手数料が課金されるとしていますし、UQ mobileなどでは、3月中発行の予約番号でも切り替えが4月1日以降であれば、MNP転出手数料は課金されないとしています。

転出するサービスの規定を確認した方が良さそうです。

通信速度

通信速度は自分の利用経験や計測サイトさんのデータなどから、筆者の独断で「A」~「C」に評に評価しています。

「A」… 問題なし。速度低下を起こす事はほとんどなく常に高速通信が可能

「B」… MNPやサブブランド程は速くないが、MVNOとしては速い方で混雑時の速度低下も軽微

「C」… 空いている時間には高速通信が可能でも、混雑時の速度低下が著しい

この項は筆者の独断なので、参考程度に見て頂ければと思います。

容量ごとの料金以外のコストがかからないサービスがお得、通話サービスにも注目

「データ容量ごとの料金」以外の部分をまとめると、

  • 事務手数料などの初期費用はなくならない(楽天モバイル以外)
  • 「5G」は未だ実用性が低いのでここ数年は気にする必要はない
  • eSIMは対応機を持っていて、複数回線が必要(データSIMなど)な場合のみ勘案
  • 通話が多いユーザーは、無料で通話サービスが付く3サービスに注目
  • 有料の通話サービス(10分かけ放題など)は850円ほどのコスト増になる
  • 最低利用期間・解約金はいまだ課すサービスもあるので要確認
  • MNP転出手数料はほぼ全サービスで廃止の方向

というわけで、手数料などは縮小傾向にあるので、容量ごとの料金以外にはお金がかからなくなりつつあると考えてよいようです。

データ容量ごとのコスト

1GB未満、1GB~10GB(1GB刻み)、15GB、20GB、最大容量時のプラン料金を表示しています。

1GB以下

1GBまでで最も料金が安いのは、「楽天モバイル(無料)」と「OCNモバイルONE(700円)」です。
音声通話機能付きでこの料金は破格と言えます。OCNモバイルONEはNTTグループですので、回線はドコモ回線のみとなります。
楽天モバイルは自社回線MNOですので常時高速は当然ですが、計測サイトさんのデータでは、OCNモバイルONEも混雑時の速度低下が軽微で相対的に速いSIMと言えそうです(ただしMVNOは必ず速度低下は起こるので「絶対」ではありません)。

3GB以下

3GBは激戦です。

最安はNUROモバイルで720円、OCNモバイルONEが900円、楽天モバイル・Aeonモバイルが980円です。速度で言えば、OCN(D回線)もNURO(S回線)、Aeon(A回線)も速度には定評があり、MVNOとしては速い部類に入ると思いますが、この中では自社回線MNOの楽天が最も速いのは疑いないところでしょう。
通話で選ぶなら「通話・SMS無制限無料」の楽天か、通常回線での半額通話のOCNに注目、回線で「A」を希望ならAeon、「S」ならNUROになりそうです。
少し割高ですが、Y!mobile/UQ mobileのサブブランド勢の通信品質や速度はMVNOとは桁が違いますので、500円程度の差額であれば、速度重視でUQ mobileチョイスも充分「あり」です。

5GB/6GB/10GB/15GB

5GBではNUROモバイルの900円が最安、6GBではOCNモバイルONEの1,200円が最安です。
NUROモバイルは1GBあたり180円、OCNは同200円です。

NUROモバイルの5GB/900円を通話機能付きのメイン回線に契約し、1GBまでなら無料で使える楽天モバイルを副回線で持っておけば、トータル6GBを900円で利用でき、1GBあたりのコストは150円まで圧縮できます。

10GBではOCNモバイルONEが最安です。

15GBの料金を設定しているのは、IIJmioとサブブランドの2社のみです。金額的にはIIJmioが最安ですが、上位プランの20GBとの差額は200~300円なので、あえて15GBにする意味合いは希薄かな…と思います。

20GB/20GB超

大手キャリアの20GB新料金プランに対抗して、格安各社も20GBの料金を打ち出しており、キャリアより1,000円割安な1,980円が標準値となっています。

日本通信、mineo、楽天モバイルが1,980円、IIJmioは100円削って1,880円、Aeonは200円高い2,180円です。

毎月20GBをきっちり使い切るならどのサービスでもコスト的には損得はありませんが、月ごとにプランを変更して最適な容量契約にすることができる格安各社の料金プランは、大手の20GB新プランよりもフレキシブルと言えます。

また、20GBを超える容量となると、日本通信(最大30GB)、Aeon(最大50GB)、楽天モバイル(上限なし)、Y!mobile(最大25GB)、UQ mobile(最大25GB)となり、他のサービスでは割高な「追加購入」となるので避けた方が無難です。

容量と金額で見れば、楽天モバイルの無制限最大2,980円が最も好条件と言えます。

格安通信サービス各社

各社サービスの一覧には書ききれなかった特徴などを短くまとめます。あくまで筆者の印象や感想ですので、必ずしも意見が一致するとは限りませんので予めご了承を。

日本通信~合理的20GBプラン

日本通信はドコモAhamoに最も早く反応し、20GB=1,980円を打ち出しました。

元々、日本通信は国内初のMVNOサービスを開始、国内初のSoftbank回線MVNOサービスを開始…など、「日本初」の冠をいくつか持っている老舗で、ここ数年、データを使った分だけ料金を支払う従量課金制を特徴に打ち出したプランで地味ながら人気を得てきましたが、20GBプランについては、正直、あまり魅力があるとは言い難い部分があります。

従量課金制やある程度の速度が見込めるので筆者も一昨年ぐらいまで好んで利用していた事業者ですが、今回のプランに関しては「先だしジャンケンの典型」で後続のサービスが踏み台にして有利な条件を出している印象です。

  • 月間70分まで無料通話が付帯(専用アプリ不要で通常の通話アプリからの発信でOK)

日本通信SIM

mineo~マイピタ

mineoは、契約数で上位5指に入る人気MVNOで、ユーザーフレンドリーの姿勢を好むユーザーが多いことで知られます。他社にはない「マイネ王」(コミュニティ)や、マイネ王で提供される独自サービス(フリータンクなど)が気に入れば居心地の良いサービスではないでしょうか。

そういう意味では、国内で唯一、料金や速さだけで判断できないMVNOとも言えますが、ただ、人気MVNOの宿命とも言えると思うのですが、通信速度、特に昼12時台など混雑時の速度低下は著しいものがあるので、速度重視の向きには選択は難しいサービスかもしれません。

日本通信同様、20GB競争ではいち早く新プランを発表しましたが、その分、後続のサービスに凌駕されてしまっている印象で、料金も少し割高感があり、あまりインパクトのあるプランに見えないのが残念ですが、「mineoはそこじゃない」と言える特徴を持っている事も確かです。

  • トリプル・キャリア(3キャリアの回線サービスから選べる)
  • 高速⇔低速の任意切替可能
  • ユーザーコミュニティが盛ん
  • 国内正規版iPhoneを購入可能

IIJmio~ギガプラン

IIJmioも人気MVNOですが、技術力の高さなどで玄人好みの事業者とも言えます。

堅実な同社にしては思い切った料金を打ち出したな…と感じます。
プラン料金内で5Gが利用可能(6月以降)で、低速時の速度が300kbpsにアップ、さらにeSIMの発行など、逆にあまり目立たないのが不思議なぐらい良いサービスを提示していて、さすがIIJという印象です。

特に、eSIMに関しては「普及させるため」にあえて割安料金に抑えているそうで、2GB/400円、4GB/600円のデータ通信料金は破格と言えます。eSIM利用が可能なデュアルSIM仕様の端末で、他社メイン回線と組み合わせて低コスト大容量通信を実現できるサービスです。

惜しむらくはeSIMはドコモ回線(速度があまり期待できない)のみの提供で、しかもデータ通信専用で音声通話機能がないため、あくまで副回線でしか使用できない点です。

  • マルチ・キャリア(ドコモ、auから回線を選べる)
  • プラン料金内で5G通信を利用可能(6月以降)
  • eSIMを発行している(ドコモ回線データ通信のみ、破格の料金設定)
  • 高速⇔低速の任意切替可能

IIJmio

Aeonモバイル~さいてきプラン

イオンモバイルは、その名の通り流通大手のイオンが運営しているMVNOで、全国の商業施設イオンにカウンターや店舗を設置していて、ファミリー層にアピールしているサービスです。

ドコモショップの場所は知らなくても、イオンは知っているという主婦層・ファミリー層・シニア層は多く、家族で利用できるシェアプランの充実など、自社ユーザーを把握した上でのサービスを展開しています。

従来はあまり速度には期待できないサービスでしたが、計測サイトさんを参照させて頂くとau回線の速度が良好なようですので、選ぶならau回線かもしれません(ただし通信速度はユーザ数の増加と回線増強のイタチごっこなので速くなったり遅くなったりを繰りかえすものです)。

新料金プランについては、容量による区切りが細かいため、ユーザーの利用にマッチした料金を選ぶ事ができます。設定料金も標準的なもので特段割高な印象はありません。

  • 全国のイオンに店舗・カウンターがある、ファミリー層に認知度抜群
  • マルチ・キャリア(ドコモ、au回線から選べる)
  • 料金区分が細かい(自分に合った容量を選べる)
  • シェアプランが充実、シニア向けプランも提供
  • 高速⇔低速の任意切替可能

イオンモバイル

BIGLOBEモバイル

元々はNTTドコモ回線を使ったMVNOサービスを提供していましたが、2017年にKDDIの資本が入って子会社化され、au回線サービスも提供するようになりマルチ・キャリアとなりました。

社名も、KDDIグループの法則に従って「BILOBEモバイル」になりました(KDDIグループの社名は「○○モバイル」~UQmobile、Jcomモバイル)。

新料金プランでは、従来プランの値下げを行い大きなプラン改変は行っていません。通信速度に関しては親会社であるau回線が良好と言われています。

新料金プランでは、au本体の「Povo」、UQ mobileの「くりこしプラン」などとの兼ね合いから大容量プランが消滅してしまいました(最大で6GB)。auやUQとの競合を避けるための施策と思われますが、そのせいで全体的に勢いを失っている印象を受けました。

同社の大きなメリットの1つに「エンタメフリー」という動画・音楽などのエンタメ系コンテンツに絞ったカウントフリー(対象コンテンツ利用時の通信が高速データ容量を消費しない)サービスがあります。

このオプションを利用する事で、動画や音楽利用時の通信費が無料(有料容量を消費しない)にする事が出来るため大変な人気ですが、画質を高画質にできない等の制約もありますので、高画質での視聴を希望する場合には意向に添わない可能性もありますので注意が必要です。

  • マルチ・キャリア(ドコモ、au回線から選べる)
  • エンタメフリー・オプション(エンタメ系コンテンツのカウントフリーオプション)

BIGLOBEモバイル

NUROモバイル~バリュープラス

NUROモバイルはSony系のMVNOで、ドコモ・au・Softbankの3キャリアの回線を扱うトリプル・キャリアです。MVNEとして他社に回線を供給しているので技術力は高い事業者です。

あまり速度に関しては速いイメージがありませんが、最近はSoftbank回線が好調とのコメントをネットで目にする事が増えました。

新料金プランでは、小~中容量プランで最安クラスとなり俄然注目を浴びています。

  • トリプル・キャリア(ドコモ・au・Softbankから回線を選べる)
  • 小~中容量では最安クラスの料金設定

nuroモバイル

OCNモバイルONE

NTTグループのNTTコミュニケーションズが運営するMVNOですが、NTTグループの再編の中で、OCNモバイルONEはドコモのサブブランド化されると言われています。

今回は一旦3月中旬に新料金プランを発表するとしていましたが直前になって延期、3月末になってようやく新プランが発表されました。ドコモのサブブランド化や、eSIMの発行などを期待しましたが、割安な設定となった料金プランのみの発表でした。

元々技術力が高く、LINEモバイルによる国内初のカウントフリーの仕組みはNTTコミュニケーションズが開発したものです(現在は登録商標を明示しています)。OCNモバイルONEの通信品質にも定評がありましたが、2019年末に「新コース」として加わった新たな回線によるサービスでは通信速度も大幅に改善され、以降のOCNモバイルONEは速いMVNOとして認知されています。

今後、ドコモのサブブランド化されれば、Y!mobileやUQmobileと同等程度の高速通信も望めそうですが、現状ではまだどうなるか不透明な状態です。

今回の新料金プランは、料金体系が見直され大幅な値下げが行われると共に、専用アプリ不要で通常の電話アプリから発信するだけで、10円/30秒の半額通話が可能になるなど目立ちませんが、改善が行われています。

  • 1GB=700円、3GB=900円の割安となったプラン料金
  • 通常電話アプリからの発信でも10円/30秒の半額通話が可能
  • 「Musicカウントフリー」オプション(無料)で音楽系コンテンツの通信料が無料
  • 無料で使えるWiFiスポット
  • 高速⇔低速の任意切替可能

OCNモバイルONE

楽天モバイル~UN-LIMIT Ⅵ

現在の「UN-LIMIT V」は4月1日より自動的に「Ⅵ」に切り替わり、料金体系も変更になります。

やはり最大の特徴は1GBまでなら無料、20GB超は容量無制限で2,980円という料金プランです。

その他、専用アプリを使用して通話もSMSも無料でかけ放題、各種手数料をほぼ全て無料化など、プラン内容だけを見れば、魅力満載の楽天モバイルですが、後続キャリアだけにどうしても通信エリアだkは一朝一夕に大手キャリアに比肩するのは難しいようです。

ただ、郵政などから調達した資金のほとんどを基地局整備に充てるそうなので、現時点でも本来の予定を大幅に前倒ししていますが、さらに基地局整備が進むのではないかと考え、筆者は4月以降は楽天モバイル1本に絞ることにしました(すでにUQmobileのMNP予約番号を取って転入申し込みをしました)。

楽天モバイルの詳細については前回記事もご参照ください。

楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵはキャンパー御用達SIMになれるか

  • 1GB=無料、3GB=980円、上限なし=2,980円のワンプラン
  • 諸費用、手数料がほぼない(初期費用、転出、SIM交換などすべて無料)
  • eSIMで通話機能付きのメイン回線を運用できる
  • プラン料金内で5G通信利用可能(実用はまだ先の話し)

【2021/04/08 追記】

楽天モバイル「UN-LIMIT Ⅵ」の1年間無料キャンペーンは4/7にて終了しましたが、4/8より新たなキャンペーンが開始になりました。その名も「UN-LIMIT Ⅵ 3カ月無料キャンペーン」です。

先のキャンペーンが終了間際に申込みが殺到し、処理しきれなくなるほどだった事を受け、新たに3か月間に絞って「無料キャンペーン」を再開したものと思われます。

今のところ「終了日未定」でのキャンペーンです。

前キャンペーンの1年無料の1/4のスケールになってしまいますが、「しまった!」と思っている方にももう1度チャンスが生まれるわけで、今回は活用したいところです。


楽天モバイル

Y!mobile~シンプルプラン

Y!mobileはSoftbankのサブブランドで、同じSoftbankの運営ながら格安通信を担当する第2番目の通信ブランドです。

キャリア自身が運営しているので、通信の品質や速度に問題があろうはずがなく、家族割引を活かせば3GB容量のSプランが月額900円で利用できるのはインパクトがあります。

キャリア品質を格安料金で使える…と考えるのがサブブランドのメリットと言えます。

プラン料金内での5G通信や、eSIMの提供など、キャリアのサブブランドらしい付加価値も注目です。

  • 常時安定&高速通信、混雑時の速度低下もほとんど気にならない
  • 家族割引で大幅値引きとなる
  • 国内正規版iPhoneを購入可能(iPhone 12もラインナップ)

Y!mobile

UQmobile~くりこしプラン

従来はY!mobileに追従する事が多かったUQmobileですが、新料金プランからY!mobileとは違う独自色を出し始めています。

元々、Y!mobileにはない「余った容量の翌月繰越し」を差別化ポイントとしてアピールするようなプランのネーミングも挑戦的ですし、家族割引自体を廃止してしまって1人でも割引適用時と同等の金額で利用できるなど、UQ mobileならではの特徴を打ち出していますが、反面、5G通信やeSIMについてはY!mobileよりも慎重な姿勢のようです。

家族割引なしで1人でも、キャリア品質で3GB=月額1,480円を利用できるUQmobileの新料金プランは品質とコストのマッチングが非常に良いプランと感じます。

自分的には、UQに残るか、楽天モバイルへ電話番号回線を移すかでかなり悩みましたが、結局、1GB無料~3GB980円、通話・SMS無料かけ放題に惹かれました。しかし都内へ通勤する家内は、「楽天モバイルがメイン回線なのは怖い」ということで、UQに残り、くりこしプランS(3GB)+楽天モバイルサブ回線(1GB無料)でトータル4GB=1480円を選ぶ事にしたようです。

UQmobile

結局のところどのサービスがお勧めなのか

今回比較してみた10サービスや、今回紹介し切れなかった「Jcomモバイル」や「Links Mate」等も含め、いったいどのサービスを選べばいいのか分からない…。確かにこんなに一度にリリースされると一瞬何がなんだか分からなくなりがちですね。

でも、Ahamo直後に発表された「日本通信」と「mineo」はちょっと他のサービスの踏み台にされた感があってかわいそうですが、もしかしたら、もう一段の改変があるかもしれませんので、少し様子を見た方が良いかもしれません。

またmineoの特徴であるユーザーフレンドリーな姿勢や運営、ユーザーどうしのコミュニケーションなど、プランや料金以外の部分で気になる、気に入ったという事であれば、そちらを優先すべきかと思います。

IIJmioについては、さすが老舗…と感心する部分と、eSIMがドコモ回線のみ、データ通信のみであることや、そのドコモ回線が快適な通信速度をあまり期待できない点で惜しい…と思う部分があります。あまり速度は関係ない、ということであれば充分選択肢になり得るサービスです。非常に割安設定のeSIMを試してみるのも良いかもしれません。

Aeonモバイルはやはりファミリー色が強いサービスかな…と思います。もちろん1人で使っても差し支えないのですが、そこまで料金も安くないですし、通信速度もサブブランド並みとまで行きませんし、サービス内容もファミリーやシニア向けの印象です。

BIGLOBEモバイルはちょっと板挟みの状態なのかな…と言う感じです。au本体とUQmobileが大容量・中小容量をカバーしてしまったために、棲み分けができなくなっており、さらにUQmobileほどの通信での優位性もないとなると、中低速で動画を楽しめる「エンタメフリー」ぐらいしかアピールポイントがないかもしれません。

NUROモバイルも、パッとそれとわかる明確な特徴に乏しい印象です。以前は「0SIM」や「5時間プラン」など他社とは異なる特徴的なサービスをたくさん持っていましたが、分かりやすくなった反面、特徴も薄れたような印象です。ただ、今回の新料金プランでは「小容量クラスでは最安」という特徴を出してきました。

OCNモバイルONEは、料金が割安になった事と、元からの通信品質の良さ・速さが、サブブランド化が進む事でさらに好転する事が望めるかもしれません。また端末を回線セットで買うならOCNと言われるほど端末をリーズナブルに購入できるのもOCNのメリットの1つです。iPhoneの在庫も豊富です。

楽天の問題はエリアです。少し前まで東京や大阪などの大都市圏でのauローミング終了問題が取り沙汰されていましたが、今は、大都市郊外の住宅地域でそれが起こっているようです。自分は4月からメイン回線も楽天に移す予定ですが、都内へ通勤する家内はメイン回線はUQmobileに残すそうです。
使い方、使う地域によって楽天モバイルは、お勧め・非お勧めがはっきり分かれそうです。
ただ、このところの急速なエリア拡大で、筆者の地元ではパートナーエリアへの接続が大幅に減り、県外にもなっていないので楽天エリアの拡大を実感できています。

Y!mobile、UQ mobileのサブブランド勢については、通信については何ら問題はありません。上質ですし速度も充分以上に早いですが、MVNOの頑張りで、料金的には少し割高感が出てしまいました。
品質と見比べれば妥当な料金とも言えますが…。

Y!mobileは、2回線目の3GB=900円が魅力的です。UQmobileは、家族割引適用なしで1人で3GB=1480円はすっきりして分かりやすくなりました。

我が家の中でも、自分と家内の判断は分かれましたし、知人たちの話しを聞いても、何が正解なのか分からない状況です。しかも、乗換えを検討せずに今のままのプランを継続…という人も多く、せっかくの新プランなのになあ~とちょっと残念に感じています。




もし自分なら…という仮定で「楽天モバイル」以外を選ぶなら「OCNモバイルONE」は選びたいと思います。「IIJmio」はeSIMの割安感が半端ではないので活かしたいところです。あとはやはり通信の安定と高速さでUQmobileといったところでしょうか。

自分的格安通信チョイスランク
1位:楽天モバイルUN-LIMIT
2位:OCNモバイルONE
3位:UQmobileくりこしプラン
番外:IIJmio eSIM(サブ回線)




今回は、格安通信各社からリリースされた新料金プランを比較してみました。

大変長くなってしまいましてすみません^^;

それでは今日はこの辺で。

記事に関するコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました