グッズ・アイテム

山善電気ケトルYKG-C800実機レビュー~ポータブル電源で使える1000W/温度調節で節電効果も

山善電気ケトルYKG-C800 グッズ・アイテム
この記事は約8分で読めます。
Sponsered Link


Sponsered Link


車載用電気ケトルを買い替えました。

巷で非常に高評価を得ている山善電気ケトルのうち、消費電力1000Wの「小さい方」を選びました。

従来の電気ケトルも同じ山善製品でしたが、ポット内部が樹脂製で独特の匂いがとれず、香りを楽しむコーヒーにはまったく向いていないポットでした。

今回はその辺りの反省も活かしつつ、巷で非常に高評価を得ている「YKG-C800」を選びました。

YOUTUBEなどでも山善の電気ケトルは絶賛を得ていますが、多くは消費電力1200Wの「EGL-C1280」に対するものですが、今回は車載前提なのでサブバッテリーやポータブル電源からの給電でも使いやすい消費電力1000Wの方を選びました。

自分のポータブル電源の定格出力は1600Wなので、1200Wタイプでも問題ないのですが、レビューの少ない1000Wタイプにしてみました。

Sponsered Link


Sponsered Link


YKG-C800をチェック

山善電気ケトルYKG-C800とEFDELTA

今回は「白」を購入しました。

大した理由はないのですが、基本的に白い家具や家電が好きなのと、アルトピアーノは車内の明るさがメリットだと思っているので車内に置いた時に暗くならないように…といった程度のことです。

外観上の違いは、本体下部と蓋のつまみに金色の枠の有無です(小さい方にはない)。

容量は最大800mlですが、ケトル内の「MAX」の印は、800mlよりも若干少ないようです。

この「MAX」表示はケトル内に水滴がつくとほぼ見えません^^;

また、取っ手側に刻まれているので自然な角度で確認しにくいです。あとどちらかに90℃ずらして刻んでくれればよかったのに…って感じです。

最小は300ml入れるように取説に書かれていますが、コーヒー1杯が150~200ml程度なので、ちょっと多いかな…という感じです。車載では余ったお湯の処分も気を遣うので、できれば200mlで使えるといいのですけれど。

本体手触り

山善電気ケトルYKG-C800の質感

ちょっと思っていたのと違ったのはケトル本体の表面で、写真で分かるかもしれませんが、つるつるしておらずザラザラでした。

本体汚れると、布巾などでさっと拭う…では落ちない可能性がありそうです。

大きさに関しては最大800mlなので当然かもしれませんが、思っていたより小さいと感じました。

ポータブル電源「EFDELTA」との対比は写真の通りです。

蓋の脱着

蓋に関しては、色々なところでいわれている通り「キツめ」で、赤丸部分の突起をペンチで少し押し込んでやることで開け閉めがスムーズになります。

本体と蓋の遊び

蓋がパカパカなんですね。ポッチを押し込むこととは無関係にパカパカです。湯を注ぐ際に蓋が落ちてしまうほどではなく、ちゃんとポッチで止まりますが、写真程度の遊びがあります。

余談ですが、赤丸の部分、新品なのにキズが…^^; 写真拡大して気づきました。
(でも本機能に影響ないし交換が面倒なのでこのままにします)。

残り水

山善電気ケトルYKG-C800

もう1点気になったのは、ケトルを逆さにして水を捨てた際に、最後にこれだけ水が残ります。

ケトル上部の折り返しに溜まって捨てきれない水で、注ぎ口からも出せません。

この残った水、どうにか全て排出しないと水が悪くなったり、カビが出そうで嫌ですね。

この水の出し方は要検討です。

このことに触れている記事や動画は見たことがなかったので「あれれ?」って感じですが、自宅でコーヒー淹れる用の場合と、毎日は使わない(であろう)車載用途では、同じ「残り水」でも感じ方がちょっと違うのかもしれません。車載前提だとけっこう大事なことのように思います。

操作部

山善電気ケトルYKG-C800

操作部はタッチパネル式で、ぴ、ぴ、と感度よく反応します。

60・70・80・85・90・95℃の温度指定が可能で、別に「沸騰」機能があります。

温度を指定すると5回点滅後に、現在の湯温に表示が切り替わり湯沸かしを開始します。

指定温度(または沸騰)の手前で加熱をやめてすでに熱くなった加熱部分の熱で温度を設定温度にするので、吹きこぼれることはありません。

これは良い機能だと思いました。自宅で使っている無印良品のケトルは100度まで加熱し続けるので、吹きこぼれがすごいので、それが普通と思っていたので吹きこぼれず静かに設定温度まで到達するのが新鮮でした。

保温をしてしておけば、冷めたら加熱して指定温度を保ちます。

実際の消費電力は956~958W程度

湯沸かし中の消費電力は、設定温度や沸騰機能に関わらず、常に1000Wをわずかに下回る956~958W程度でした。これなら定格出力1000Wのポタ電でも使用することができそうです(保証はできません。定格出力は少し余裕がある方が無難です)。

常温の300mlの水を90℃まで沸かすのにかかった時間は実測で2分19秒52≒2分20秒かかりました(ポタ電は50Hzに設定、ケトルは50/60Hz共用)。

958W÷60分×2.4分=38.32W

1回の湯沸かし(常温300ml)で消費する実際の電力は38W程度ということになるので、キャンプや車中泊での使用でも、サブバッテリーやポータブル電源の蓄電量を大きく減らすことはないはずです。

ただ湯沸かしの機会は案外多いものですので、気づいたら他で使用する必要量を割り込んでいた…と言うことがないよう、電気ケトルや電子レンジなど家電製品の使用には注意が必要です。

実際にコーヒーをドリップしてみた

山善電気ケトルYKG-C800でコーヒー用に湯沸かし

ちょうど日ごろコーヒーを飲む時間だったので、実際に淹れてみました。

小さなドリップバッグを選びました。

注ぐ湯量や落とす場所をコントロールしやすい

山善電気ケトルYKG-C800の細口

水滴、連続水滴から細い流水まで、注ぐ量をコントロールしやすく注ぎ口からほぼ真下に落とすことができるので、小さなドリップバッグでも思った場所に落とすことができます。

反面、コーヒーには良い細い注ぎ口ですが、カップ麺などへの給湯では大量には出ないので向いていません。非常にコーヒーを淹れることに特化しているケトルと言えます。

注ぎやすい角度でバランスする

山善電気ケトルYKG-C800

もち手の角を支点にしてぶら下げると、ちょうど注ぎ口からお湯がでてくるあたりの角度でバランスするので、注ぎやすいのかな…と思います。特に力をいれなくても注ぐ角度に勝手に傾いてくれるので重さが軽い事と相まって、使いやすいケトルになっていると思います。

逆に、お湯が入った状態で水平に持つ方が力がいります(といっても湯量が少ないので大して重くはありません)。

電気ケトル使用時の節電

電気ケトルは湯沸かしに大きな電力を消費します。

自分は、ポータブル電源からの給電による使用を前提としているので、消費電力1000Wの本製品を選びましたが、一般的に家庭で広く使用されている電気ケトルの消費電力は、1300~1400W程度の製品が中心です(ちなみに消費電力とは1時間に消費される電力量です)。

消費電力1400Wのケトルでお湯を沸騰させる場合に、例えば2分かかるとします(水量にもよるので仮に…です)。

すると、実際に消費される電力は1400W÷60分=23.33W(1分間に消費する電力)×2分≒47Wとなります。日に4回、湯沸かしするとすると1日の消費電力は188Wになります。1か月では5,640Wとなります(湯沸かしだけでです)。

では同じケトルを使って節電するにはどうしたらいいでしょう?

方法は2つです。

(1)水量を必要な分だけにする
(2)必要な温度までしか加熱しない

「(1)水量を必要量にする」は、無駄に加熱する水が少なければそれだけ早く温度があがるので、必然的に消費される電力も少なくて済みます。

「(2)適温まで加熱」は、コーヒーなら90℃、緑茶なら60℃といった淹れるのに適温とされる温度があるので、それ以上は飲みものも美味しくなくなるし、電気も無駄に消費してしまいますので、適温で加熱を止めることが節電になります。

ただそのためには、温度調節機能や、温度確認機能がついているケトルが必須になります。ちなみに「節電」を重視するなら、温度調節機能は使わず「沸騰」で沸かして、適温5~6度手前で加熱をストップすると狙った湯温に一気に過熱することができます。

調節機能を使うと、加熱⇔停止を繰り返しながら少しずつ温度を上げてゆくので非効率なんです。傍らにくっついていられる時には「沸騰」で目視で止める方が節電になると思われます。

また、さらにその電力を太陽光発電で得られれば、電気料金はまったくかからず湯沸かしができたことになります。

※「節電」や「ソーラーパネル」に関する記事は以下をご参照ください。

created by Rinker
¥8,700 (2023/05/28 05:37:34時点 Amazon調べ-詳細)



今回は、山善電気ケトル「YKG-C800」をレビューしました。

1000Wの消費電力なのでサブバッテリーやポータブル電源からの給電でも十分使用可能ですし、コーヒードリップに特化した形状や重量バランスは、作業を楽にしてくれます。

反面、カップ麺などへの給湯には一度にお湯が出ないので向いていないと感じます。

また、温度調節機能を使って適温で加熱を止めることができるので「節電」効果も期待できます。

コーヒードリップや飲み物を作る目的に「節電」の要素も加味すれば、ちまたの高評価以上におすすめのケトルと言えそうです。

それでは今日はこの辺で。