車中泊キャンプ用~今欲しい2万円以下のトレッキングシューズ5選

車中泊キャンプ向けシューズグッズ・アイテム
この記事は約9分で読めます。
Sponsored Link

新たに車中泊キャンプ向きの靴を新調しようと思います。

自分のキャンプは、アルトピアーノ車内での就寝を前提とした「車中泊キャンプ」ですので、用途にマッチした靴が欲しいと思っています。

車中泊キャンプにお勧めの靴はキャンプとも車中泊とも違う特徴があると思うんです。

車中泊前提ということは「オートキャンプ」であるわけで、サイト脇まで車両を侵入させることになるので、徒歩で荷物を担いでサイトへ向かうスタイルとは違いますし、もちろん、登山のような本格的なスタイルとも違います。

また、頭に「車中泊」が付くとはいえ、道の駅やSAなど許可された施設で車内で過ごす車中泊とも違います。

ずっと車内で過ごすわけではなく、調理や食事は車外になりますし、近くを散策して歩くこともあるかもしれません。

言ってみればテント泊の部分だけが車中泊に置き換わっただけで、他は通常のキャンプと同じなんですが、その少しの違いこそが「靴」選びを考えさせられてい原因といってもいいのかもしれません。

車中泊キャンプ向きの「靴」ってどんな靴?

では、車中泊キャンプに適した「靴」ってどんなタイプの靴なんでしょうか。

それが決まらないと靴を選べませんのでまずは「定義」から…。


まず第1に「歩きやすい」こと。

これはまあ、キャンプである以上、基本と言えます。

車中泊であろうが、テント泊であろうが、オートキャンプであろうが、徒歩キャンプであろうが、アウトドアに出掛けて歩くことを楽しまない手はないので、「歩きやすい」「動きやすい」が基本になるはずです。

歩きやすいと言っても、例えば舗装路を前提としたウオーキングやランニング用のシューズでアウトドアはちょっと無理ですので、ある程度、作りがガッシリしていて地面の凸凹があまり足裏に直接感じないような靴がいいのかもしれません。

第2には「脱ぎやすい」「履きやすい」こと。

車中泊キャンプの場合、車内に出たり入ったりするたびに靴を脱いだり履いたりが頻繁なためです。

例えば、くるぶしまでしっかり覆うようなハイカットやセミハイカット(ミッドカット)では、靴の脱ぎ履きが面倒で、ちょっと車内に入って、またすぐに出て…といった状況には不向きだと思うんです。

頻繁な脱ぎ履きを前提とするなら、やはりローカットかなと思います。

第3には「防水」であること。

絶対というわけではないですが、結構「雨男(あめお)」な自分は、昨年のキャンプの半分以上は降雨に見舞われていますので、「防水」はぜひ加えておきたい機能です。

ゴアテックスなどが採用されていて、多少の雨は染み込まない靴がいいですね。

第4に「自分の好み」。

そんなこと言ったら好みが全てじゃないか…なんて言われそうですが、1~3の条件を満たしつつ、好みも反映できるような靴が見つかるのが一番だと思います。

  • アッパーは固めでしっかりしているタイプ
  • ソールもしっかり固め
  • ひも付き

お気に入りのメレル カメレオン3

こちらは、メレル「カメレオン3 ベンチレーター」です。

もう10年近く使い続けている古参シューズです。

靴用接着剤などで補修しながら大切に、でも日常的に使っています。

ソールもアッパーもしっかりしていて、履くとキュッと引き締まるような感覚がお気に入りです。

がに股^^;の自分は柔らかい靴を履くと脚が開いてしまい、膝に痛みを発症するようなことがあるのですが、しっかり固めのカメレオンを履くと、脚が開かず膝の痛みが薄らぐことがあります。

かといって、姿勢を強制されているような感覚はなくて履き心地も「良い」と感じています。

デザインもお気に入りで、シリーズの中でも最もカッコいいと思っていて、3以降のカメレオンを購入しなかったのは、上部で長持ちだったこともありますが、デザイン的なこともあったように思います。

そんな大のお気に入りのカメレオン3ですが、脱ぎ履きが面倒なので、この靴で車中泊キャンプには行けません。

ローカットのモデルもあったので、それも買っておけばよかったかもしれませんね。


ちなみに、メレルの靴は好きで、最初に買ったのは「モアブ」で、雨天のルアー釣り用に購入しかなりヘビロテで使いましたが、アッパーが柔らかいので、カメレオン購入後は出番がなくなりました。

すでに手放してしまったので、写真はありませんが、おソロで買った奥さんは未だに現役でモアブを使っていますので、メレルは丈夫で長持ちなところもメリットです。

今、日常的に使っているのはこちら。

メレル ジャングルモック

メレルの定番中の定番「ジャングルモック」で、メレル直営店限定モデルです。

黒橙のコントラストが好きで買ったのですが、夏には色や素材的に暑苦しいのがタマに傷です。

こちらも自分の足にフィットしていて歩きやすく丈夫です。


実は自分、幅広足であまりスマートとは言えない足なので、海外製の靴は小指などが当たって痛くなるケースが少なくないのですが、不思議とメレルは大丈夫なんです。

メレル一度もマメができたり、どこかが痛くなるようなこともないので自分の足に合っていて、そもそも冒険をあまりしない性格なので、メレルを選んでおけば安心…ってことで、ついついメレルオンリーになりがちなんです。

ソールが石・岩などで滑りやすい等のネガ要素もありますがずっとお気に入りです^^

今回はメレル以外も積極的に候補に入れて選んでゆきたいと思います。

候補その① KEEN スティーンズ ウォータープルーフ シンセティック

以前からKEENを見かけると「好きなデザインだな~」と思っていたのでチョイス。

見た目だけじゃなく結構な高機能・高性能ぶりで、KEEN独自の防水透湿素材の「KEEN.DRY」を採用しているので自分の希望に合致していますし、さらにPUコーティングで防水性をアップしています。

ライニングはメッシュなのは好みの問題(モアブがそうだった)でどうかな?(アッパー全体が柔らかくなってしまわない?という意味で)という感じですが、通気性・速乾性に優れていそうです。

ローカットモデルを選べば車中泊キャンプでの脱ぎ履き問題もクリアしそうです。

KEEN スティーンズ (L-Breath)
※ ゼビオスポーツのオンラインショップ「L-Breath」にリンクしています
現在、キャンペーン中で2,500ポイント(20%)の還元付です

候補その② Columbia セイバー4 ロウ アウトドライ

王道Columbiaもいいかな…とか。

靴自体の成り立ちはKEEN スティーブンスと同じで、アッパーにメッシュを採用して通気性を確保。

「アウトドライテクノロジー」が水の浸入を防いで、さらに水含みによる重量増加を抑えてくれるそうな。確かに雨を吸って重くなった靴は疲れるので良いもかも。

ミッドソールは「テックライト」で軽量+クッション性があるとか。アウトソールはグリップ力に優れ、安定感があると説明されています。これもよさげですね^^

Columbia セイバー4 ロウ アウトドライ(L-Breath)
※ ゼビオスポーツのオンラインショップ「L-Breath」にリンクしています
キャンペーンで\13,200→9,190円(30%OFF)になっています

created by Rinker
¥12,500(2021/06/17 08:48:08時点 Amazon調べ-詳細)

候補その③ シリオ(SIRIO) PF116

シリオは日本メーカーで、日本人の甲高幅広の足の形に合わせたシューズ作りをしているそうですので、日本人の典型のような幅広足の自分にもフィットするかもしれません(あいにくこのメーカーは今まで知りませんでした)。

アッパーには透湿防水素材「ゴアテックス」、ソールにはメレルと同じく「ビブラムソール」を採用していることからちょっと親しみを感じますね。

ただ、写真を見ただけですが、メッシュ構造のアッパーは「モアブ」的に柔らかいように見えます。硬いアッパーが好きな自分的には柔らかいなら選択肢にならないです(ローカットを探している時点で硬いアッパーはないような気がしますが)。

でも日本メーカーというのはポイント大きいですね。

シリオ PF116(L-Breath)
※ ゼビオスポーツのオンラインショップ「L-Breath」にリンクしています
現在、キャンペーン中で2,960ポイント(20%)の還元付です

created by Rinker
¥16,280(2021/06/17 08:48:09時点 Amazon調べ-詳細)

候補その④ メレル Moab2 Gore-Tex

なんかやっぱり一番しっくりくるというか、慣れ親しんだこの感じがいいです。

最初に買ったMoabは釣りの雨対策だったのでハイカットにしたのですが、今回は車中泊キャンプの脱ぎ履きのしやすさを優先してローカットです。

使い慣れているし、どんな使用感かもわかっているので、安心という点ではMoabが一番かもしれません。ただちょっとアッパーが柔らかいんですが、気楽に履くにはいいのかもしれません。

キャンペーンで値引きやポイント増量を行っている「L-Breath」には、残念ながらもうサイズの在庫がないので、Amazon・楽天・Yahooショッピングで探すしかありません。

created by Rinker
¥11,991(2021/06/17 08:48:10時点 Amazon調べ-詳細)

候補その⑤ サロモン X ULTRA 3 GORE-TEX

前に一度、試着というか履いてみたことがあってフィット感が良かったことと、ソールが硬めでアッパーもかっちりしていた印象があります。

あまり聞き馴染みのないメーカーですがお勧めサイトなどでも必ずといってよいほど紹介されていますし、「X ULTRA 3 GORE-TEX」自体の評価も良好です。

「L-Breath」にはハイカットモデルしかラインナップがないので、Amazonなどから買うしかありません。




今回は1万円以上、2万円未満の製品を集めてみましたが、どれを買おうか迷ってしまいます。どれも魅力的だし、車中泊キャンプはもちろん、野山を歩くことが楽しくなりそうなシューズばかりです。

ソールもアッパーも硬めでしっかりしたものが好きですが、最近のアッパーは柔軟でいてしっかりホールドするタイプがトレンドなのかもしれません。

それと文中でも書きましたが、ローカットを探している時点で足首からしっかり安定させる…という機能は必要ないからローカットなんでしょ?って感じで、そもそも難しい課題なのかもしれません。


2020年の数回のキャンプの際には手持ちのシューズをとっかえひっかえで出かけましたが、カメレオン3、ノースフェイス(ハイカットのトレッキング)は歩きやすかったのですが、車内に入ったり出たりが頻繁だと脱ぎ履きがだんだん面倒になってしまいましたし、ジャングルモックは雨中の撤収で悲惨なことになってしまいました。

そこで、ローカットでトレックや降雨にも使えるシューズが欲しいと思ったわけです。


「シリオ」を除き、どれも「いいな」「欲しいな」と思っていたシューズを集めているので迷うのは当然です。

KEENとサロモンに惹かれていますが、コロンビアとメレルも捨てがたいですし、未知の「シリオ」に行ってみるのも手ですよね。まだしばらく悩んで楽しい時間を過ごしながら、実際にお店で見たり、試着したりして最終候補を選ぼうと思います。

それでは今日はこの辺で。

※「L-Breath」の商品は在庫完売、値引・ポイント付与終了の場合があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました