30年ぶりのキャンプ再開にあたって新たに購入したキャンプ用品

この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link

アルトピアーノで初キャンプ

昔取った杵柄。

そんな言葉がぴったりくる程、筆者がキャンプに勤しんでいたのは遠い昔です。

テントやタープ、テーブルや椅子、パラソルや食器などは小学生になった甥に譲ってしまいましたし、3台も購入したミニバーナーは、すでにメーカーが存在せずガスボンベが供給されないため使えません。

手元に残っていたのは、1988年製のかなり年季の入ったコールマン「413H パワーハウス 2バーナーストーブ」と、ノーネームのコッヘルと飯盒、3シーズンのマミー型寝袋が3つと、封筒型が1つだけでした。

オートキャンプ向けに道具を購入

そんな訳ですので、アルトピアーノを購入して いざ キャンプへ…と思っても道具が全然足りないので、Amazonとダイソーを中心に買い集めてみました。

それがこちら。

とりあえず目ぼしいものをズラっと並べてみましたら17種類ありました。一応、番号を振ったので、「何なのか」や「何に使うのか」等を記しておきます。

  1. 食器
    昔からどうもシェラカップで食事するのが嫌いなんで、とりあえずダイソーのプラ食器で間に合わせました。いずれ木の食器等にしたいと思っています。
    それにキャンピングカーなので「軽量コンパクト」である必要はあまりないので。
  2. スキレット
    朝食のソーセージと目玉焼き想定です。いずれパン焼き等に使ってみたいと思います。焼きと油塗布を繰り返しシーズニング済です。
  3. やしがら炭
  4. イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB
    昔のミニバーナーはガスの供給がなく使えないので新たに購入。自宅に何本もあるCB缶を使えるタイプをチョイス。
  5. ミニ・チェア
  6. カーサイドタープ用ポール
  7. 折りたたみローテーブル
    BBQコンロを乗せる用
  8. マイクロファイバー毛布
    自宅でも使っていて暖かく肌触りが良いのでキャンプ用に2枚購入。
  9. 木のトレーとBBQ串
    串は短いタイプで「焼き鳥」を想定。木の串はゴミになるしゴミ袋に穴が開く。再利用可能なので経済的。
  10. コーヒーサーバーと計量カップ
    大のコーヒー好きなのでキャンプでもコーヒーなしではいられない。
  11. ソーラー式ランタン
    嫁の夜中のトイレ行き用を想定^^;
  12. カーサイドタープ
    車の脇に付けるタープ。初めて使うので超安もので様子見。ここには写っていないがクルマの屋根に取り付ける吸盤も購入。
  13. 折り畳み式BBQコンロ
    逆さにすると組み上がり、もう1度逆さにすると収納完了の簡単コンロ。炭でもアルコールバーナーも使える想定。付属の「網」はシーズニング済です。
  14. たまごケース
  15. トング・フライ返し等
  16. カッティングボード・まな板

これらは新たに購入した道具だけなので、他の道具類も合わせるとかなりの量になりますが、キャンプする場所までクルマを乗り入れ可能なオートキャンプなら気になりません(^-^)

グッズ1つ1つの詳細や使い勝手などは、個別に別記事で紹介したいと考えています。実際にキャンプで使ってみないと分かりませんからね。

大物!電子レンジも積んでゆきます!

これはキャンピングカーならでは…です、電子レンジです^^
これを使いたいので、1500Wインバーターが必要だったんです。

消費電力の小さな電子レンジを探しました。
500Wで使えば、800Wなので、スマホの充電などで使っていても充分使える計算です。

まだ買えていないものがあります

まだもうちょっと快適キャンプに足りないものがあるかな。

「IHヒーター」もしくは「電気ケトル」です。
キャンプ場ではなく、ドライブ途中の休憩などで車内でお湯を沸かしてコーヒーを淹れて飲みたいな…と思っているので、お湯を沸かすアイテムが欲しいです。

車内では「火」は使いたくないので、せっかくの1500Wインバーターを活かして、ヒーターもしくはケトルでお湯を沸かしたいと考えています。


あとは細かい事ですが、使った食器や道具類を洗うための、洗剤やスポンジ、タワシを買っておかないといけませんし、ティッシュやペーパータオル、ゴミ袋などの消耗品も用意しないと…です。


今回は、アルトピアーノでのキャンプに備えて、新たに買い足したキャンプグッズを紹介しました。グッズ個別の詳細や使い勝手は別記事を立てたいと思っています。

それでは今日はこの辺で。


コメント

タイトルとURLをコピーしました