可燃物の塊~燃えやすい車内での湯沸かし方法の正解とは?

グッズ・アイテム
この記事は約6分で読めます。
Sponsored Link

クルマは燃えやすい。

普段あまり意識しませんが、実は自動車というものは可燃物の塊なので「燃えやすい」という意識があり、車内での湯沸かし方法について悩んできました。

せっかくキャンピングカーを購入したのですから、ドライブ途中に車内で軽い食事をしたりお茶を飲んだり、地元グルメを食べたりしたいと思っているのですが、その際にどうしても必要になるのが「お湯」です。

お茶を淹れるにも、コーヒーを淹れるにも、みそ汁やカップ麺を作るにもお湯が不可欠です。

でも、以前見た東名高速の路肩で燃えていた車の事を思い出してしまって、どうしても「可燃物の塊」というイメージが払しょくできず、車内で「火を燃やす」事に大きな抵抗感を感じていました。


サブバッテリーを強化して電気ケトル

電気ケトルで湯沸かし

アルトピアーノを購入する際にも、すでに車内での軽食やお茶を淹れるシーンは想定しており、どうやって車内でお湯を沸かすかを考えつつ購入車両を選んだ経緯があります。

結局、サブバッテリーを強化(※)する事で、電気ケトルやIHヒーター等、電気でお湯を沸かすのが最も安全性が高いと判断してアルトピアーノを購入しました。


※ 疑似正弦波500W → 正弦波1500Wインバーター+外部電源に強化

しかし実際にサブバッテリーから供給される電力での湯沸かしは、基本的には狙い通りでしたが、全てそれで「正解」という訳ではありませんでした。

狙い通りだったのは、外部電源に接続できた場合です。

オートキャンプ場やRVパークなど、電源に接続できる環境では、電気ケトルでもIHヒーターでも気兼ねなく利用する事ができました。

また、電気ケトルもIHヒーターも、セラミックヒーターも含め、これらでの湯沸かしや暖房は「燃焼しない」ため、車内の酸素を食わないというメリットも当初電気を主体に考えた大きなメリットでした。

しかし問題は、外部電源がない場所での車中泊などの場合には、サブバッテリーの電力をできるだけセーブしたいという気持ちが働き、思い切って家電を使えないケースが少なからずありました。

特にまだ寒い時期には、FFヒーターを装備していないアルトピアーノの暖房はセラミックファンヒーターに負うところが大きく、ヒーターが食う電力を賄うだけで精一杯で、優雅にお茶やコーヒーを淹れている場合じゃない…なんて場面がありました。


ガスやアルコールのバーナーは使いたくない


サブバッテリーの電力の事を考えても、湯沸かしにかかる時間等を考えても、電気を使うよりガスバーナーで沸かしてしまうのが最も効率が良い事はわかっていますし、アルコールバーナーもガスよりは時間はかかるものの充分実用的である事も分かっていますが、どうしても車内で火を燃やす事への抵抗感が払拭できませんでした。

他のWEB等を参考に拝見しても、多くは効率面からも「別にバーナーでいいだろう」という意見が主流という印象ですが、筆者も車内のテーブル上で使ってもさほど邪魔にならないサイズのコンパクトなバーナーも持っていても、どうしても燃える火を直接目で見られるようなスタイルでの湯沸かしは避けたい気持ちがありました。



怖いんですよね。

こういうのって、感覚や心理の問題なので自分でも理屈で覆せないんですよね。



とは言え、電気はダメ、バーナーもダメとなると他に方法といっても浮かんできません。

自宅で沸かしたお湯をポットで持ち込んでも、そういつまでも熱さを保てるわけではありませんし、車中泊スポットではキャンプ道具を車外に展開できないケースが多く車外での湯沸かしも現実的ではなく、結果的にはどこかで妥協をするしかなくなってしまいました。


あまりに平凡なアルポットという答え

Photo by ohki-tokyo.com

コロナ禍が収まって再びキャンプや車中泊に出かけられるようになった際に、外部電源に接続できる施設を利用する場合には、火を使わず「燃焼」しない電気による湯沸かしをすると思います。

この部分に関しては、どうしても車内で火を付けて燃焼させる事は極力避けたい気持ちが未だに強いためです。



それでは外部電源に接続できない場合はどうでしょうか。

ポータブルのサブバッテリーを購入する事も1つの選択肢だと思います。

電子レンジはもちろん、1000Wを超える電気ケトルでも賄えないかもしれませんが、車内用の湯沸かしアイテムや、小型のIHヒーター等であればポータブル電源でも何とかなるかもしれません。

ただこの方法のネックは価格です。

数万円の出費は痛いので、もう少しコスト負担の小さな方法がベターです。



やはりガスなりアルコールなりのバーナーしかないかな…そう結論付けそうな時にふと思い出したのが「アルポット」でした。

YOUTUBEでも、車内調理にアルポットを利用している方の動画をよく拝見していましたが、アルポットなら燃える火を直接見ない…(笑)。

アルコールを燃料としたバーナーである事は同じなのですが、構造物で覆うので火を直接見ないで湯沸かしができますので、ちょっと火に対する恐怖感が薄らぐ気がしました(気分的なものだけで火を使う点では同じなんですけどね💦)



なんだその結論。

そう言われてしまいそうですが、これ、本当に筆者がアルトピアーノ購入時がら悩みに悩んで出した答えなんですよね…。

もう1つあるとすればコストの問題でしょう。

ポータブル電源は数万円で、もし正解でなかった場合のダメージが大きいですが、アルポットなら8,000円程度ですし貯まっていたポイントを使って実質無料で購入したので、万が一、アルポットが車中湯沸かし方法の正解ではなかった場合でもダメージは大きくありません。

アルポットならキャンプごはん作りにも使えますし…。



あまりに面白くない結論で、ここまで読んで頂いて恐縮ですが、次のキャンプなり車中泊にはアルポットを持ってゆこうと思います。

車内でアルコールバーナーに火を点ける事にビビりながらアルポットを使う自分が見えるようですが、それで自身が納得すれば、アルポットが車内での湯沸かし方法の筆者なりの正解となるのだと思います。

散々悩んだあげくの結論なので、とりあえず一度やってみるしかないですね。



大木製作所 アルポット

炎が露出せず、本体もアルコールバーナー部分も熱くならないため車内での使用時に安心感があります。燃料用アルコールは火力は強いとは言えませんが、ドラッグストアでも入手可能です。

[山善] 電気ケトル 1.0L 沸騰自動OFF機能付き ホワイト

値段と評価で探しました。お湯に匂いが付く…というのだけは避けた結果、このケトルが最も安く値が評価が少なかったので購入しました。実際にしようしてみると、車内でも湯沸かしが早く重宝しています。ただし電気ケトルを使うのは外部電源がある場合だけなので出番はあまり多くありません。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

定番中の定番なので特にコメントする事もありませんが、CB缶を使うのでどこでも燃料が手に入るのも大きなメリットかと思いますが、極寒時には燃焼に難ありとの評価もあるのでライトキャンパー向けかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました