キャンピングカー車中泊の防寒対策~秋冬シーズンに向けて対策強化

車中泊の防寒対策快適化・カスタム
この記事は約7分で読めます。
Sponsored Link

キャンパーアルトピアーノには、断熱材も入っていませんし、床も商用バンのままで「防寒」については全く考慮・対策がされていません。

FFヒーターはオプションにもなっていません。

車の中だからまあまあ暖かいんだろう…なんて大間違いです。

アルトピアーノを購入後、そんな甘い認識で、過去何度か出かけたキャンプでは、あまりに軽装な防寒対策によって毎回寒い思いをし、箱根では深夜に氷点下になり夫婦で死にかけました(自爆)。

そこで、2020年秋~冬の手前までの期間のキャンプを暖かに快適に眠れるように、防寒対策を強化を行いました。

9月~11月を想定して防寒対策を強化

箱根キャンプ場で凍り付くアルトピアーノ~防寒対策は甘く見てはいけない

基本的に「暑がり」なので、どうしても山間部の涼しいキャンプ場を選びがちで、その事もあって、過去のキャンプでは就寝時の気温が想定を下回り、たびたび寒い思いをしてきました。

特に、3月の箱根キャンプは、アルトピアーノを購入した直後のキャンプだったので、車内は外よりも幾分暖かいのだろう…と、完全に舐めていた事と、その直前まで春の陽気だったのに、急に気温が下がった事もあり、完全に対策不足でした。

結果、深夜には氷点下となってしまい、車が凍るような寒さで、本当に夫婦で死ぬ思いをしました(いや本当に死ぬかと思いました)

↑の写真は、実際の箱根キャンプの際の、朝のアルトピアーノの車体を撮影したものです。凍ってます…。

知らないって怖いですよね^^;;

アルトピアーノ車中泊~3月の箱根芦ノ湖はFFヒーター必携!?


そこで今回、アルトピアーノでの就寝時の防寒対策を強化する事にしました。

想定しているのは、9月~11月、そして年明けの早春からのキャンプです。

実は我が家は、夏と冬に長期の休みを取って実家へ遊びに行くのが恒例なので、夏冬はあまり行楽に出かける事がない上、自分が極度の暑がり、奥さんが極度の寒がりなので、真夏と真冬は一緒に行動できないんです(笑)。

なので、我が家の基本である夫婦キャンプは、春秋の気候の良い時期しかできない…という事情があるためです。

寒かったのは床と側面からの冷気の侵入

窓には遮光パネル、ベッド上には銀シート、敷きパッド、寝袋を重ねて防寒対策

これまでのキャンプを振り返って、どこが一番寒さを感じたのかを考えてみたところ、天井はあまり感じませんでしたが、ベッド下(つまり床)と、スライドドア(側面)周りからの冷気の侵入が一番強烈だった印象がありました。

本来なら、床とスライドドアやリアハッチ内に断熱材を入れると効果が期待できるのでしょうが、今すぐのタイミングではできないので、自分なりの対策で床とスライドドア周りからの冷気がベッドに及ばないようにする事を考えました。

また、床からの冷気は、ベッドそのものを下から冷やしていて、横になるとその冷たさが直接伝わってくるのも、身体が冷える原因と思われるので、ベッドの冷たさが身体に伝われない対策も必要と考えました。

アルミシートで冷気の上りをせき止められるか

写真は、アルトピアーノの左スライドドア側の防寒対策です。

まずベッドの上にアルミシートを敷きます。

あえて長辺を車幅方向に使ってシートを余らせ、それをマグネットクリップで立ち上げ、ベッド上を囲むようにしました。

想定通りに機能してくれれば、下方向からの冷気はベッド上には流れ込まなくなるはずです。

さらに、ベッドの冷たさを身体に伝えないため、アルミシートの上に、自宅で使っていた敷きパッド(白)を車内用に転用し、従来から使っている封筒型寝袋(緑)を広げた状態で敷いています。

ベッドの冷たさを身体に伝えないために敷物を強化

寝袋を新調し電気毛布も購入して今年の防寒対策はこれで万全?

さらに、寝袋を買い換えました。

安物ですが5℃ ~ 25℃対応の寝袋を用意し、さらに、電気毛布も準備しまし、敷きパッドの上に敷く事でベッドの冷たさは完全に抑えられると考えています(電気毛布の使用にはポータブル電源の使用が前提で考えています)。

ただ、現時点での想定は、電気毛布は寒がりの奥さん専用で、暑がりの自分は、電気毛布なしで大丈夫なんじゃないか?と考えています。

写真にはありませんが、従来から使用しているマイクロフリースの毛布もあるので、自分としては真冬でなければそれで十分では?と考えています。

後ろ半分はベッドが薄いので銀マットが必要

ベッドの前側半分はシートの厚みがあるのですが、後ろ半分は、3~4cmのボードにクッション材が張り付けられた簡易的なものですので、より床からの冷気で冷たくなりがちです。

アルミシート+敷きパッド+寝袋では身体への冷たさの伝わりを防げないと思うので、少し厚みのある銀マットを敷く必要がありそうです。

その上で、アルミシートを広げ周囲を立ち上げて、隙間からの冷気がベッド上に流れ込まないようにしたいと思います。

クッション類もできるだけ隙間に詰めて、冷気の流れ込みを防止します。

窓からの冷気の侵入は遮光パネルで

アルトピアーノのオプション品遮光パネルは防寒も兼ねる

ディーラーのサービスで付けて貰った遮光パネルは、光を遮るだけでなく、厚みがあるので、冷気の侵入を軽減する事にも多少は役立ちそうです。

完全には防止できなくても、端を立ち上げたアルミシートとボディとの間に隙間があるので、そこへ流れ込んでくれれば…と期待しています。

就寝時にはスライドドアからの出入りはしない

アルミシートをマグネットクリップで留めているので、就寝中の車外への出入りは、助手席へ移動して行う事にしようと思います。

7月に訪問した「神之川キャンプ場」で、シェルを乗せたキャンピングカーはいいけど、車中泊仕様のクルマは苦情が多い…という話しを聞きました。

話しを総合すると、たぶん、深夜のスライドドアからの出入りが原因のようでした(シェル架装だとスライドドアはない)ので、その事もあって、就寝中の出入りにはスライドドアを使わず、助手性(運転席)のドアを使おうと思います。

スライドドアの開閉が行われる前提では防寒を固定できませんが、出入りに使用しないのであれば、アルミシートを固定してしまっても問題なさそうですので。

最後の切り札はポータブル電源+セラミックファンヒーター?

ポータブル電源+セラミックヒーターが最強だけどバッテリーが朝まで持たない

アルトピアーノには、FFヒーターは装備されていませんし、オプションとして設定もありません。そのため暖房器具としては市販のセラミックヒーターを使う事も想定しています。

これまでのキャンプでは、深夜の気温を舐めていたことから、持参したセラミックヒーターは小さ過ぎて全く役に立ちませんでしたが、今回は、550/800/1350Wの3段階に切り替えられるデロンギのセラミックファンヒーターを持ってう行くことを考えました。

電源は、ポータブル電源「EFDELTA」になると思いますが、EFDELTAはリチウムイオン電池なので容量1260Whで、出力500W時の効率が95%なので、1,197Whを利用できます(※)。

※ EcoFlow社からご教示頂いた効率に関するデータ
  AC出力時
  50W 効率:71%
  100W 効率:80%
  500W 効率:90%
  DC出力
  50W 効率:89%
  100W 効率:91%

➡ ポータブル電源内にインバーターを備えているため、容量表示そのままには使えないとのこと。使用する出力によって効率が変わるため、実際の容量を計算する際には、上記の効率を掛ける必要があるとのことです。


これに対して、デロンギのファンヒーターは定格消費電力1350/1250W(50Hz/60Hz)なので、1,260Wh÷1,250W×95%×60分≒57分間使用できる事になります。

一応、FFヒータに代わるものとして想定はしてみましたが、1時間にも満たない運転時間なのであまり実用的とは言い難いですね。

消費電力500Wでも、136.08分≒2時間23分しか使えません。

こうしてみると、車中泊防寒の切り札は「電気毛布」になりそうです。

電気毛布に包まっちゃうしかないかなあ…。1人1枚、用意しといた方が良さそうですね^^;;

2020年秋冬 防寒対策まとめ

できれば、電気毛布を使わずに、敷物と新しい寝袋+毛布だけで暖かく眠れればそれが何よりです。

しかし、電気毛布という切り札を用意しておけば、過去キャンのように暖かさが足りずに震えながら一夜を過ごす…と言う事はなさそうです。

厳冬期にはこれでも足りないかもしれませんが、その際にはさらに対策を考えるとして、ひとまずは秋冬向けの防寒対策はこんな感じ行こうと思います。

将来的には、天井やドア内に断熱材を入れる事も考えないと…です。



実は9/24~9/25で一泊キャンプに出掛ける予定で連休を取っていましたが、まさかの台風ドンピシャ…、ってツイてないにもほどがある…^^;;;

日を改めてと言う事になりそうです。

それでは、今回はこの辺で。


JPDeal 寝袋 封筒型 軽量 保温 210T防水シュラフ

展開サイズ:縦(本体部約180cm×頭部約40cm)×横(幅約146cm)で適用使用温度範囲は5℃~25℃の寝袋です。自分が持っているのは20年以上昔のものなので、最近の寝袋の性能が分からず取りあえず安いものを買ってみました。
これを使ってみて、足りなければもう少し性能の良いものを買うつもりです。


電気毛布 電気ひざ掛け 電気ブランケット 160x130cm

こちらは奥さん用の電気毛布です。寒がりで冷え性の奥さんの安眠を助けてくれると良いのですが。寒かったら私の下にも敷かせてもらう予定です^^;;

コメント

タイトルとURLをコピーしました