クオッカの価格は?買う気満々本気の購入シミュレーション

三島ダイハツ クオッカ実車見学・試乗
この記事は約10分で読めます。
Sponsored Link

先日、三島ダイハツで見学した軽キャンパー「クオッカ」、実はかなり気になっています。

見学の際には、あまり深く考えずに必要と思われる装備をどんどん入れて見積もりを出して貰いましたが、若干、予算オーバーなのでオプション装備を必要最低限に絞り込んで、予算300万円前後に抑えたいと考えています。

軽自動車ってほとんど乗ったことがなくて、まだATが2速の時代に「ミラ」を奥さん用に買ってたまに運転したのが唯一と言える軽自動車体験です。

アルトピアーノも登坂は大の苦手でみるみる減速してしまいますし、エアコン切らないと乗り切れないですが、軽自動車はエンジンが小さい分もっと…なのかなと心配な面もあるんですが、あの「富士ヒノキ」の内装を見ちゃうと欲しい気持ちは抑えきれないんですよね。

まあアルトピアーノでのんびり焦らず運転することには慣れましたから。

ちょっと本気の購入シミュレーションしてみたいと思います。目標は総額で300万円+αで、MAX320万円に収まればと思います。

三島ダイハツでの見積額は、4WD・AT+スマアシで366万円なり

こちらが三島ダイハツで実際に出して貰った見積書です。

車両本体+仕様+オプション+手数料+税金+自賠責など、総額で3,656,392円で、若干、自分の想定より予算オーバーな感じですが、オプションを削れば300万円+20万円に収めることができそうです。

自分は、今回に限らずクルマを購入する時はいつも同じパターンなのですが、最初の見積もりでは、あまり悩まずに欲しい装備を付けていって、自分的なMAXを出し、その後、様々削って支払額を落としてゆきます。

今回は、欲しい装備を全部付けたら約366万円だったというわけですが、オプションの詳細を見つつ、そのオプションが必要か、あるいは無くてもいいのかを考えてみます。

ちなみにこちらが、車両・装備の一覧です。

車両(駆動・ミッション・スマアシ・寒冷地仕様)

ベース車の選択肢は、駆動方式(2/4駆)で2通り、ミッション(MT/AT)で2通り、スマアシの有無で2通りあって、さらに寒冷地仕様の有無で2通りになります(ハイルーフの選択もあるのですが自分は標準ルーフでいいと思って今回は除外しています)。

ハイゼットの4WDはパートタイムですが、雪や泥濘地はもちろん、キャンプ場も結構奥まで上がって行っちゃう方なので、あった方がいいんじゃないかと思います。

ミッションは迷わずATです。

スマアシが悩ましいところですが、実はコスト的にはあまり高額という訳でもない(49,500円)ので、飛び出しなんか考えると、あった方がいいのかなと思います。

スマアシ3tの内容は以下です。

  • 衝突回避支援ブレーキ(対車両・対歩行者)
  • 衝突警報機能
  • 誤発信抑制制御機能(AT車)
  • 車線逸脱警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能

寒冷地仕様は、バッテリーが大型化し、大容量スターター、クーラント濃度50%とのことですが、特に寒い場所へ行くわけではないので必要ないかなとも思いますが、11,000円なので付けておいてもいいかもとも思います。

ナビ・ETC・バックモニター

ナビは「不採用」です。

アルトピアーノでも車載ナビはほとんど使いません。iPhoneでGoogleかAppleいずれかのマップを使用しますので、クオッカではナビ自体をキャンセルしようと思います。

ディスプレイの部分にiPadを装着できるステーなどのパーツってないですかねえ。

ETCは必要ですが、なぜか見積もりから漏れています。本体と設定料でいくらぐらいでしょう。1~2万円程度みておけば大丈夫でしょう(15,000円で計上します)。

バックモニターは「不採用」にしました。

現在、ミラー型ドラレコで後方が見られるのですが、ギアをリバースに入れるとナビ画面に後方が移るのですがほとんど利用しません。ミラーばかり見ているので不採用でいいと思います。

その代わり、次項でミラモニターの取り付け・配線、リアカメラの設置・配線のコストを計上しています。

ミラーモニター&カメラ取付

これは、アルトピアーノに付いていて便利なので、ミラー型のドライブレコーダーの本体とリアカメラを持ち込んで設置工事して貰った場合の費用です。

量販店での取り付け費用の方が安いかもしれませんが、なにせ「富士ヒノキ」が全面貼られている特殊な構造なので、内装の施工前に配線とかしてもらった方がよいのでは?と思っています。

配線を通す経路など設けてあれば、自分でもできないかな~と思っていて、採用・不採用半々といったところです。「(コストが)勿体ない」が勝つか、「面倒くさい」が勝つか…ってところです。

省力パック・集中ドアロック

「省力パック」はメーカーOPで、運転席・助手席ドア&窓がパワーウインドウとキーレスエントリーになります。

「集中ドアロック」は、荷室にある扉(左右スライドドア+リアハッチ)のドアロックです。

クオッカを購入したら、普段乗りからドライブ、キャンプまで1台で賄うつもりなので、街中での使用を考えるとリモコン1発でドアロックできるのはいいですよね。ドア1枚1枚ロックして回るのは果てしなく面倒です。

キャンプを考えると、パワーウインドウはいらないんですけどね。

ってわけで、この2つのオプションは「採用」です。

ちなみにパワステは車両に標準装備です。

ワイドバイザー・カーペットマット

雨の日の車中泊・キャンプの際に、バイザーは必需品です。アルトピアーノにも付けていて、実際に雨のキャンプで窓を細く開けておけて助かっていますので、バイザーは「採用」です。

カーペットマットは特に必要ないかな…と思うのですが、マットはないわけにいはゆかないので別途購入するよりOPで付けてしまった方が手間が省ける…って理由で「採用」です。

FFヒーター

「FFヒーター」は欲しい装備です。

アルトピアーノでのキャンプで幾度となく凍えた経験から、「次にキャンパー買うときは絶対に付けよう」と思っていたので、検討の余地なしで「採用」です。

高断熱材パーフェクトバリア

これも即「採用」オプションです。

実はクオッカは富士ヒノキ張りの内側には断熱材が入っていないのですが、断熱材として用意されているのは、この「パーフェクトバリア」です。

すでに普及タイプの断熱材が入っていて、それを高断熱材に換えるということではありません。

1500Wサイン波インバーター・DC冷蔵庫・バッテリー残量計

一応、見積もりには含めたのですが、これは「アルトピアーノをもう1度買うなら」で検証したように、電源は、車外へ持ち出せないと使い勝手が悪いので、1500Wサイン波インバーターは「不採用」にしようと思います。

アルトピアーノをもう1度買うなら~今選ぶ、本当に必要な仕様や装備とは

現在所有しているEFDELTAでも十分電子レンジや冷蔵庫は駆動できますし、利便性を考えれば、6~7万円程度で7~800Whぐらいを供給できるポータブル電源を買い足しても、その方が割安になりますので。

DC冷蔵庫については、クオッカをフルフラットにした際の床下に収まるサイズということで、サイズを計算して選ばれた冷蔵庫だと思うので、最初は採用を考えましたが、そもそもアルトピアーノで冷蔵庫を使ったことがなく、昔ながらのロゴスのクーラーボックスで事足りているので「不採用」に格下げです。

電子レンジは、アルトピアーノで使っているものをそのまま継続利用します(外形寸法はピッタリで、縦横高さが全て-2~3mmなので問題なさそうです)。

残量計はあった方がいいと思うんですが、38,500円は高いかな~と思って。

外部電源(AC充電器+室内コンセント)

これは見積もり段階から「不採用」にしました。

アルトピアーノには後付けてOP注文したのですが、現在までのところ、外部電源から電気を使ったのは箱根のキャンプ時の1回のみです。

キャンプ時にも人のいない奥地へ入ってしまう方なので、外部電源のないサイトばかり…って考えると、クオッカには不必要かなと思いました。

フリップダウンモニター・リアスピーカーフロントスピーカー

キャンプに行ってテレビは見ない(電波が届かないという理由もある)し、動画もiPhoneやiPadで見るので不要…ということで「不採用」にしました。

音楽は聴くので、スピーカーは音の良いスピーカーを買おうと思います。

スライドドア部アクリル2重窓

これは必要です。このOPを採用しないと、後部荷室(パネルボックス)には窓が1つもないことになってしまうので「採用」です。

というか逆にこのOPがないならクオッカの購入は検討しないと思います。

ただ残念なことに、リアハッチははめ込み式の窓だけで開閉はできないのはマイナスです(バグトラックはリアハッチの窓も開閉可能)。

遮光カーテン

運転席・助手席までぐるっと囲えるカーテンが楽でいいな…と思ったのですが、カーテンぐらい100均でDIYしてもいいかな…と思って。

面倒くさがりの自分としては珍しく積極姿勢ですが、一度、アルトピアーノでやったのでコツがわかっているからだと思います。

それに、60,500円ってちょっと割高かな~と思います。

サイドパイプバー(左右セット)

スライドドア下に設置するステップ代わりのパイプバーで、これはちょっと悩みました。

ステップが必要なら注文すべきですが、見ていたら奥さんが使わずに乗り込んでいる(笑)ので必要ないかな…と思って(展示車には装着されていた)。

必要最小限に絞った場合の支払総額は…

4WD+スマアシ4WDのみ2WD+スマアシ2WDのみ
支払総額(A)3,261,092(B)3,182,640円(C)3,079,592円(D)3,001,140円
車両2,479,400円2,479,400円2,297,900円2,297,900円
スマアシ49,500円49,500円
寒冷地仕様11,000円11,000円
諸費用合計182,240円182,240円182,240円182,240円
オプション合計538,952円521,000538,952521,000
省力パック44,000円44,000円44,000円44,000円
ワイドバイザー10,626円10,626円
カーペットマット7,326円7,326円
集中ドアロック66,000円66,000円66,000円66,000円
FFヒーター253,000円253,000円253,000円253,000円
アクリル2重窓82,500円82,500円82,500円82,500円
高断熱材44,000円44,000円44,000円44,000円
ETC+セットアップ15,000円15,000円15,000円15,000円
ミラーモニター取付16,500円16,500円16,500円16,500円

オプションを必要最小限に絞った上で、車両を4WD/2WD、スマアシと寒冷地仕様の有無で4タイプに分けてみました(オプション品はバイザーとマットを有・無に分けました。諸費用は見積額のまま)。

2WDのスマアシなしが最少額で、300万円ぎりぎりの価格になりました。

最高額は、4WD+スマアシで上限額320万円を6万円ほど超えてしまいました。

現実的に考えると、スマアシの有無というよりは、4WDか2WDかだと思うので、選択肢は(A)か(C)になりそうです(2/4駆の価格差は181,500円)。

クオッカはさらに進化する可能性あり

こちらは前回記事でも使用した画像で、展示車ではなく、新たに制作中のクオッカなのですが、〇で囲った部分に注目してください。

これ、エアコンなんだそうです。

車載のバッテリー(もちろん強化はするでしょうが)で動かせるようにしたいと思って実験中…とのことなので、実験がうまくいったら、もしかするとエアコンがオプション品に載って出てくるかもしれません。

エアコンをチョイスすると300万円では買えなくなってしまうでしょうけれど、エアコンとFFヒーター両方装備していたら、怖いものなしですね^^




さてどうしましょう。

冒頭にも書いたのですが、クオッカの木の内装はかなり気に入っていますし、軽キャンパーで対面対座が必須となると、選べるのはシェル架装のキャブコンだけ…といってもいいぐらい選択肢が狭まりますので、そういう意味でもクオッカは魅力的です。

内容が「木」なら、自分で改造・改装するのもやりやすいんじゃないか、なんて期待もありますしね。

よろしければ前回記事もご覧ください。
クオッカは丸太小屋が気持ちいい軽キャンパーだった

購入したい気持ちは満々なんですけど、なにせアルトピアーノを去年買ったばかりですから、もし買換えとなれば残債なしで再販できることが前提になりますかね。

しかも、アルトピアーノも気に入っているので、買い替えるのもどうなの?って思っている部分もあるので、クオッカ購入はそんなに「即決」では決まらないかもしれません。

じっくり楽しみつつ検討したいと思います。思い切り前のめりで^^

それでは今日はこの辺で。