キャンプめし~はるあんレシピで簡単石焼ビビンバ試作

キャンプごはん・レシピ
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link

キャンプめしに良さげなレシピをいつも探しています。

今回目に留まったのは、YOUTUBEで料理動画をアップしている「はるあん」ちゃんの「フライパンで超簡単ビビンバの作り方!」。

簡単なのでキャンプめしにいいんじゃない?って思ったので、外出できない今は自宅で…、という訳で、はるあんレシピのビビンバを「石焼き」に変更して試作してみました。

 ⇒はるあんちゃんのYOUTUBE フライパンで超簡単ビビンバの作り方!


焼き肉のたれで焼きめしを作る


ご飯は焼き肉のたれとひき肉で焼きめしに(フライパンで)。

うん、これならキャンプ場でも手早く作れそう。

はるあんちゃんは合いびき肉で作っていたけど今回は豚挽き。焼き肉のタレは「戸村本店の焼肉のたれ」。


この「戸村本店の焼肉のたれ」は、奥さんが会社の同僚から貰った宮崎土産で、地元の宮崎地方では鉄板(焼き肉だけに?)なんだとか。

確かに甘めで旨いたれです。
ファンになっちゃいました。奥さん、もう1本貰っておいでよ(買えよ)。

ガーリックも効かせてちょっと濃いめの味付けで焼きめしを作って、予め弱火にかけておいた石鍋に投入。ジュージューといういい音と、タレが焼けるいい匂いを嗅ぎつつ「ナムル」作りへ…。


ありあわせ野菜でナムルを作る


書くの忘れましたが、焼きめし作りの前に刻んだ野菜に塩をして水気を抜いています。

で、石鍋で焼きめしを「追い焼き?」している間に、レンチンで手早くナムルを作ります。今回使った野菜はありあわせで、もやし・ニンジン・玉ねぎ・わけぎ・長ネギ・春菊。

塩をして出た水分を手で絞ってから、だし醤油(※)・砂糖・ごま油・鶏がらスープで味付けをして、野菜全体に味が回るようによくかき混ぜます。

※だし醤油
我が家の定番醤油は、鎌田醤油のだし醤油。刺身以外はほとんどだし醤油で賄っています。
鎌田醤油公式WEB http://www.kamada-soy.co.jp/

程よく焦げた焼きめしにナムル&玉子ON


焼きめしとナムルを作ってしまえば、後は乗っけるだけなので超簡単。

最後に玉子(勿体ないので全卵使用)を割り入れたら完成です。

コチュジャンなどの辛味は入れていないので、食べる時につけたり、キムチをトッピングしてもよいかもしれません。

キャンプ場に重い石鍋を持参するのは無理ですが、はるあんちゃんの元レシピはフライパンなので、フライパンでもいいだろうし、スキレットがいいんじゃないかな~なんて思っています(若干浅い気もするが…)。



はるあんちゃんのレシピは時々見させてもらっていて、日々の食事にも活用させて貰っているんだけど、今回のビビンバはキャンプめし的に刺さったですね~。

キャンプめしって、見た目豪華で、ありふれてなくて、でも簡単に作れて、下準備や難しい味付けがない事が条件だと思っているので、今回のビビンバはかなり実現可能なレシピと感じました。

戸村本店の焼肉のたれは持参するとして、おそらく一番手間がかかるのはナムルの味付けだと思うので、事前に自宅で調合しておいて現場ではレンチンした野菜にぶっかけて混ぜるだけにすると良さげですね。

はるあんちゃんのおかげで、キャンプめしのレパートリーが1つ増えたかもしれません。キャンプめし候補として記録しておきます。



パール金属 石焼き ビビンバ 鍋 18cm

重いですがごく普通に使えています。ご飯をガジガジに焦がしても水に浸しておけば容易に落とせるので遠慮なしにがんがん強火で熱しています。値段も手頃なので普段遣いに使えます。

戸村本店 戸村の焼肉のたれ 400g

今回初めて知りましたし、口にしたのも初めてでしたが、自慢するだけあってかなり旨いタレでした。甘めなところが筆者の好みにドンピシャでした。 1本使い切ったらリピートしたいと思います。

鎌田醤油 だし醤油500ml 4本入り

我が家の定番醤油です。もう10年以上使っており、リピを繰り替えしています。 出汁入りなので、出汁を加える必要がないのでタレ作りなどにも便利です。




コメント

タイトルとURLをコピーしました