カルディのナシゴレンの素で作るメスティン簡単アジアンごはん

メスティンで作るナシゴレンキャンプめし・車中泊ごはん
この記事は約5分で読めます。
Sponsored Link

アジアンごはんが好きです。

例えば、「ガパオライス」とか、「カオマンガイ」とか、「海南鶏飯」など、アジアごはんはどれもおいしくて大好きです。

中でも超メジャーと言えるのが「ナシゴレン」ではないかと思いますが、そうしたアジアごはん好き御用達ともいえるお店が「カルディ(KALDY)」ではないかと思います。

様々なアジアンごはんの「素」や「キット」があってみているだけで涎が出てしまいます。

今回は、キャンプでメスティンを使うことを想定して、カルディの「ナシゴレンの素」を使ってで簡単に「ナシゴレン」を作ってみたいと思います。

カルディ「ナシゴレンの素」を使ってメスティンでナシゴレンを作る

キャンプなどのアウトドアごはんでは、使用する調理器具や食器はできるだけ少なくしたいもの。

洗い物や後片付けが楽なだけでなく、貴重な水の使用を減らし、環境へのインパクトも可能な限り少なくしたいと思います。

そこで、今回は洗い物が必要な調理器具と食器はメスティンとスプーン、包丁程度と極力少なくしてみました。


まずはナシゴレンのレシピですが、今回は以下のものを使いました。

  • 「メスティンで5分で炊けるお米」… 1袋(150g)×1
  • 鶏もも肉 … 100g
  • 玉ねぎ … 1/4個(粗みじん)
  • にんじん … 少々(粗みじん)
  • カルディ「ナシゴレンの素(2袋入り)」×1袋
  • 塩、コンソメ顆粒、オリーブオイル、ガーリックパウダー、黒コショウ、ナツメグ、コリアンダー各少々

米は「5分で炊けるお米」を使いました。

普通のコメと大差ない炊きあがりなのに、事前の給水が不要で水量も少なく短時間で炊けるので、時間がないときには重宝しています。急にごはんが食べたい…って時には自宅でもよく使っています。

150ccの水と一緒にメスティンに入れ、コンソメ顆粒、ガーリックパウダー、塩、オリーブオイル各少々を加えました。好みで、ナツメグやコリアンダーなどを加えてもOKです。

あり合わせの野菜を粗みじんに、鶏肉も小ぶりの一口サイズにカットしておきます。鶏皮は嫌いでなければ「出汁」が出ますので残します。

※野菜と鶏肉を容器に入れて写真を撮っていますが、実際の調理の際にはカットした傍からメスティンに入れてしまうので不要です(その分洗い物がすくないです)。必要ならメスティンの蓋で。

米の上に鶏肉と野菜を乗せて、普段通りにメスティン炊飯をしますが、水量は白飯を炊く時の量のままか、気持ち少な目(野菜から水分が出る)でOKです(「5分で炊ける…」は水量150mlを推奨していますので指定通りの水量で炊飯しました)。

メスティンの蓋をして、重しを乗せて炊飯します(いつも同じ絵なので炊飯の様子は省略)。

炊きあがったごはんに「ナシゴレンの素」1袋(1人前)を入れ、ごはんが冷めないうちに手早くかき混ぜます(混ぜ終わったナシゴレンご飯の写真を撮るのを忘れました^^;)。

付け合わせの「目玉焼き」をメスティンの蓋で焼いて、乗っけてできあがり

メスティンの蓋に油をひき、冷凍の揚げナスと目玉焼きを焼きます。

あまり火力が強いと目玉焼きが焦げ付きますので、今回はアルコールバーナーを2/3の開口にして加熱しています。

ただ蓋をフライパン代わりにする際には、持つ部分がないので、ペンチなどがあると便利です(というか熱い蓋を持つ、あるいは支えるものがないとうまくゆかないと思います)。



ナシゴレンの上に、目玉焼きと茄子を乗せて完成です^^

目玉焼きの黄身が破れてしまって残念ですが、まあお腹に入ってしまえば同じですから。

今回のナシゴレンは、ごはん自体は炒めていませんが、炊飯時に油を入れているのと、鶏皮からもうまい脂が出ているはずなので、炊飯後に「素」と混ぜるだけでおいしいナシゴレンになっていました。

コツは、炊きあがったご飯を「蒸らし時間」なしにスグに「素」を手早く混ぜること(
ナシゴレン全体が「べちゃ」にならない)と、やはり、魔法の「目玉焼き」を乗せることに尽きます(笑)。

玉子って、絶対に人を幸せにする見た目だし、味ですよね。

玉子が乗っているだけで、めちゃめちゃ旨そうに見えるし、ハッピーオーラがでますよね^^

特に、ナシゴレンやチキンライス等の「赤いごはん」には『たまご乗っけ』が基本です。

後片付けも簡単~メスティンとスプーンを洗うだけ

あまり美しくない画像で恐縮ですが…

目玉焼きを焼いた後のメスティンの蓋ですが、あまり焦げ付いていないでしょ。

シーズニングなんて、買った直後に1回だけしかやっていませんが、別にこびりついたり、焦げ付いたりすることもなく使えています。洗う時も、気にせず洗剤とタワシ、スポンジでガシガシ洗いますが、特に使い勝手が悪化するってこともありません。

何十回と使ううちに調理するごとに何かが染み込むんですかね。特に何かを気にしなくても使いやすいクッカーです。

少し水に浸しておけば、スポンジだけで十分にきれいになります。

ひっかき傷は初期の頃に、汚れが落ちない事を前提に金だわしでこすってできた傷ですが、この傷の部分がこびりつくこともありません。



今回は、メスティンレシピシリーズとして、カルディの「ナシゴレンの素」を使った簡単ナシゴレンを作ってみました。

辛みのあるアジアンごはんはこれからの暑い時期にピッタリです。もしよければぜひおためしください。

それでは今日はこの辺で。

KALDI ナシゴレンの素(31g×2袋入)×2セット
created by Rinker
メスティンで5分で炊けるお米~会津米倶楽部
created by Rinker
「メスティンで5分で炊けるお米」は、8月いっぱいで終売となっています。

  1. Enjoy Camper より:

    コメントが反映されずご迷惑・ご不快をおかけして申し訳ございませんでした。
    たびたびコメント頂いている煮に、本当に申し訳ありませんでした。

    キャンプめしは簡単で旨いが何よりですよね^^

  2. ojisann より:

    美味しそうですね
    キャンプ以外でも十分役に立ちそうです
    後かたずけも楽そうでいいと思います、参考にさせていただきます

    時にもう3回位コメントしてますが、どこに保存されてるんでしょうね
    誤記入がないかなって、気になりますが再確認ができませんです