【RIVER MAX】スマホからリモート操作など新機能満載!

ポータブル電源・充電池
この記事は約9分で読めます。
Sponsored Link

EcoFlow社から新たに登場したポータブル電源「RIVER600」。

現在クラウドファンディングでお試し購入が可能な「RIVER600MAX」のデモ機を借りて使い勝手を体験してみました。

EFDELTAとは違うキャラクターを与えられたRIVER600は幅広いユーザーのニーズに応えられそうです。

RIVER600シリーズは用途に応じて容量を選べる!

現在、クラウドファンディング「Makuake」において、お試し購入が可能となっているEcoFlow社の新しいポータブル電源「RIVER600」は、斬新な特徴が満載の、言わば新しい時代のポータブル電源と言えるかもしれません。

今回は、「RIVER600MAX」のデモ機をお借りする事ができたので、その使い勝手や特徴的な機能を実際に試してみる事ができたので、その一端でもお伝えできたら…と思い記事化してみます。



「RIVER600」について、まず最初に「ほほぅ」と思ったのは、ユーザーの使途や都合で容量を選べる点です。

RIVERシリーズでは、4タイプの製品がラインナップされています。

  • RIVER600(288Wh)
  • RIVER600MAX(RIVER600+エクストラバッテリー:576Wh)
  • RIVER600Pro(720Wh)
  • RIVET600Pro+エクストラバッテリー(1440Wh)

つまり「RIVER600」と「RIVER600Pro」という2つのメインになるバッテリーがあって、各々に専用(互換性はない)のエクストラバッテリーを合体させることで、元のバッテリーの倍の容量を持たせ、ユーザーの使途や予算などで最適な機種を選べるようになっています。

例えば、私の話しをすれば、先日自腹で「EFDELTA」を購入しており、1260Wh容量・1600W出力を確保しているので、容量的には1440Whの「Pro+EXバッテリー」は必要ありませんが、「EFDELTA」は大きく重たいので、日帰りや外部電源設備のあるキャンプ場などでは、RIVER600MAX(576Wh)辺りで十分ではないか…といった感じです。

電気毛布は大抵50Wの消費電力の製品が多いですが、就寝時間7時間(※)を連続して使用した場合の消費電力の合計は350Whになりますので、576WhのMAXであれば充分暖かく一夜を過ごせるという訳です。

定格出力は600Wなのに1200Wまでの家電が使える「X-Boost」機能

もう1点、RIVER600シリーズがすごいな…と思ったのは、「X-Boostテクノロジー」についてです。

これは、EcoFlow社が特許申請中の技術で、高度なアルゴリズムによって高出力電化製品の「電圧を下げる」ことで作動させることができるものです。

しかも供給されるのは、家庭用のコンセントと同じ「完全正弦波」の安全な電気なんです。

簡単に言ってしまうと、一応600Wの定格出力となっていますが、高度な技術によって家電の電圧を下げる事で、最大1200Wまでの消費電力の家電を駆動することができるってことです。

これって、実際にポータブル電源を使っているとよくある「あと(出力が)もうちょっとなのに…」を解消してくれる「スグレモノ」じゃないかと思います。

例えば、我が家のアルトピアーノに乗せている電子レンジは、車載を前提に探したので、50Hzで800Wというかなり小さな消費電力の製品ですが、それでも、これまでのポータブル電源では、10万円を超える高価な大出力タイプでしか駆動できませんでした(だからEFDELTAを買ったんですけど^^;)。

ところが、「X-Boostテクノロジー」を搭載したRIVER600シリーズであれば、最小の「RIVER600」でも1200Wまでの家電を使う事ができちゃうわけで、これってポータブル電源界の本当の意味の新たな「幕開け」じゃない?なんて思う次第です。


スマホからリモート操作が可能~本体ノータッチで設定・操作・管理が可能

RIVER600シリーズに驚いた事はまだあります。

RIVER600は、スマホアプリと連動して、本体の設定や操作、管理ができる機能を持っています。

アプリトップには充電量や充放電の状態など、現在のバッテリーの状況が表示され、ライトの点灯やAC/DC出力を操作でき、さらに、項目ごとの設定では最大充電量(※)を事前に設定できたり、イルミネーションの色や光るパターン等を設定しておけます。

以下は、実際のアプリの画面です。

充電量が80%以下の場合にはフルで充電を行います。

充電量が80%を超すと充電圧を下げ「優しい充電」(トリクル充電)を行います。

RIVER600には充電時の「静音モード」が搭載されており、充電圧を下げファンを静かに回します。

「静音モード」がOFFの場合にはフルモードで充電します。

ちなみに、「待機時間」とは出力ONの状態を維持する時間、「LCD待機時間」はバッテリー本体の液晶画面の点灯時間を表し、任意の時間でオートオフにすることができます。



スマホで操作できる事のメリットは、例えば、秋冬の車中泊で寝袋などの防寒対策で間に合わなくなった際に、予め電気毛布をRIVER600のコンセントに繋いでおけば、必要となった際に電源を入れに起きあがらずともスマホで出力をONにすることができる…なんてケースが想定できます。

特にアルトピアーノのように車内スペースが限られている場合には、ポータブル電源をベッド下に置くケースが多くなりますが、ベッドにしてしまってから操作しようとするとベッドのボードを一旦外さなけれななりませんが、RIVER600ならコードを繋いでおけば必要な際にスマホから出力させる事ができます。

これってかなり便利そうですよね。

リチウムイオンバッテリーは満充電は避けた方がいい

そのリチウムイオン電池の基本的な性格は、スマホ用でもポータブル電源でも変わらないようです。

EFDELTAの時にEcoFlow社に問い合わせた際にも、80%を超えると充電圧を下げる「トリクル充電」を実施している…という回答が得られました。

「トリクル充電」と行う理由は、リチウムイオンバッテリーは80%以上まで充電するとバッテリーへのダメージが大きくなるためですが、そうは言っても、80%までしか充電せずに使用するのは実用的でないのも事実です。

ちなみに私は、それで効果があるのかどうか分かりませんが、EFDELTAもスマホも90%程度で充電を止めそれ以上の容量にしないようにしていますが、たまに忘れて放置してしまい100%まで充電してしまう事もあるので、こうしたオートストップのような機能が付いているのはGOODだと思いました。

放電の場合も、100%放電はしてはいけないので容量10%ぐらいで出力を止められるような機能があると良いと思いました。

容量の80%までを1時間で充電完了する

これはRIVER600だけでなく、EFDELTAにも備わった美点ですが、全容量の80%までを1時間で充電できるのは、非常にありがたい機能です。

前述の充電量は最大80%まで…という「お勧め」を遵守するなら、AC100Vによる充電時間は常に最大1時間で、充電開始時の容量残によって、常に1時間以内に充電が完了する…と言う事になります。

満充電まで一晩繋いでおかなければならない大容量バッテリーが多い中で、この機能は、このバッテリーの使い勝手を大幅に押し上げています。

キャンプに出発する朝、「あ!バッテリーの充電しとくの忘れた」というピンチでも、歯を磨き洗面し、服を着替え、朝食を食べて、車に荷物を積み込んで…等々の時間が小一時間あるのなら、RIVER600もEFDELTAも容量の8割近くまで充電が済んでしまう訳です。

あまり取り上げているメディアが多くないですが、この機能は地味にお役立ちです。実際に使ってみてこそ有難さが分かる機能という感じです。

価格も大きな性能の1つだと思う

で、こんなに最新機能や高性能、新技術を注ぎ込んだ新モデルって、「お値段結構するんでしょ?」と思いませんか?

それが、そうじゃない処が「RIVER600」の凄いところなんです。

現在、Makuakeで購入できる金額は少し割安な設定になっています。

  • RIVER600 (288Wh)… 39,600円 → 33,600円
  • RIVER600MAX(576Wh)… 63,800円 → 53,600円
  • RIVER600Pro(720W)… 79,800円 → 64,900円
  • RIVER600Pro+エクストラバッテリー(1440Wh)… 129,300円 → 89,900円

この他に、RIVER600各モデルと110Wソーラーパネルとのセットも割安に購入できます。

5~6万円のポータブル電源で、1200Wまで使える製品って見た事がありません。まして、3万円台のバッテリーでも同等家電が使えるって、かなり高ポイントではないでしょうか。

Makuakeで購入するのはもちろんお得ですが、Makuake終了後でも1200Wの家電が使えるポータブル電源が3万円台から購入できるのはかなり「価格破壊」だなあと思います。



実は電子レンジって消費電力は大きいのですが、使用する時間は短いのでバッテリー自体の容量はさほど大容量でなくても大丈夫なんです。

そういう意味では、車中泊で電子レンジを使いたいけど、大容量バッテリーは高価で手が出ない…なんて方の希望にドンピシャな製品じゃないかと思います。

私もEFDELTA買ってなかったら、確実にRIVER600を買ってました。

いや、EFDELTA持っていてもドライブとか1泊キャンプとか、1260Whもの大容量まで要らないケースもあるので、Makuakeで安くなっているうちに、購入しようかな…とも考えています。

コンパクトで持ちやすいのもRIVER600のメリットの1つですしね。

今はRIVER600MAXのデモ機を使わせて頂いているので、これで、もう1台買うとすれば必要な容量がどのくらいなのかを見極めようと思っています。

ちょっと使ってみたところでは、ファンの音はEFDELTAよりも小さめなので、車内で使うにはRIVER600が向いているかもな~と思っています。

容量的には、576WhのMAXか、720WのProで悩むところですが、一旦ベーシックな288WhのRIVER600を買っておいて、状況次第でエクストラバッテリーを追加購入してもいいかな…等と色々考えています。




実は、もうすでにRIVER600MAXから電源を取って、ホームベーカリーで食パンを焼いてみました。EFDELTAでも同じことをしていますので、比較などしてみたいと思います。

また、電気毛布を接続して実際の出力の様子を確認、1時間連続運転させてみて、充電量の減り具合なども見ています。

スペースがあれば、この記事でその様子もご紹介したかったのですが、かなり長くなってきましたので、それはまた別記事でご紹介しようと思います。

※ RIVER 600 MAXの実機による最終レビューをアップしました。

【RIVER 600 MAX】EcoFlow~実機最終レビュー




文末になりましたが、RIVER600MAXのデモ機を貸与して頂いたEcoFlow社に感謝いたします。ありがとうございます。大切に使わせて頂き使い勝手や性能・機能など体験させて頂こうと思います。

なお、他記事において、他社製品も含めた「ポータブル電源ベストチョイス」にEcoFlow社製「RIVER MAX」を選びました。こちらの記事もご覧ください。

キャンプ必需品【ポータブル電源】のベストチョイスを容量別に選んでみた

それでは今日はこの辺で…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました