アルトピアーノ購入に至った3要素とは~大きさ・予算・近さ

アルトピアーノ
この記事は約4分で読めます。
Sponsored Link

アルトピアーノを選んだ理由はいくつかあります。

1つは「大きさや外観」でした。

そして、もう1つには 「予算」、そして「近さ」だったんです。

アルトピアーノの外観・サイズ感等

アルトピアーノは、タウン(ライト)エースをベースに作られています。

つまり、軽自動車ベースの軽キャンより少し大きく、エンジンも大きめ(1500cc)ですが、現在主流のハイエースベースのバンコンよりも小ぶりで排気量も小さめです。

筆者には「ちょうどいい」サイズ感でした。

モーターホーム的な大きなクルマは望んでおらず、夫婦2人が移動して、車内で就寝できればいい…、大きさに関しては、そんなイメージでした。ハイエースでも大きいと感じていました。

また、MAZDA CX-5をファーストカーとして所有しているためアルトピアーノを普段使いする事はほとんどないので、いかにもキャンピングカー然としていても何も問題はなかったのですが、車高についてだけは購入車両に制限がありました(3ケ月後にCX-5は買取り店に売ってしまう事になりますが)。

筆者の住まいはマンションで 駐車場付きなのですが、ゲートの高さが最大210~22cm程度のため、大型シェルを積んだり、運転席上にバンクがあるような車高の高いキャンピングカーはNGでした。

また、車内での作業性を勘案すれば、ポップアップルーフは魅力的でしたが、筆者は車内での料理・調理をしないと決めています。

料理は、コンロなどを使って屋外で~いわゆる「外メシ」を作りたいと思っていたので、車内で立ち上がる必要がないため、ポップアップルーフも不要と判断しました。

ポップアップルーフは、いかにもキャンピングカーらしいのですが、車両価格が高くなる原因でもあるので、必要でないモノをあえて付けて割高にしたくありませんでした。

アルトピアーノ購入予算と購入場所

実は、今回購入したアルトピアーノは中古車です。

すでにSUVを1台所有しているので、キャンピングカーを購入するにしてもあまり高額な出費は避けたかったのと、ビルダー(キャンピングカーを製造販売する会社)が近所になかった事が、アルトピアーノ購入に大きな影響を与えました。

購入価格は300万円まで

2台目の車両の購入という事で、我が家の家計で何とか支出できるのは最大300万円…という事で家内と相談して、購入上限を決めました。

しかし、新車のキャンピングカーに欲しい装備を注文すると、400万円超は珍しくなく、価格を気にせずにチョイスすると500万円超だって普通にあります。

最初から中古車を探していた訳ではありませんが、上限金額以内でキャンピングカーを購入するためには、欲しい装備を諦めるか、欲しい装備付きであれば 中古車から選ぶしかないことに至り、「それならば…」と中古車に狙いを定めて探しました。

アルトピアーノ購入は正解だったのか~バンライフという新しいスタイル


できるだけ近くで購入したい

もう1つの「近さ」の要素は、販売店までの距離です。

やはり購入先は遠方よりも近場がベターである事は間違いありません。故障や不調、あるいは追加装備の相談など様々な場面で購入先とのお付き合いは続きますので、実車を持ち込まなければならない状況を勘案すれば近場で購入したいところです。

筆者の住まいは横浜市との境界に近い川崎市ですが、同じ神奈川県内のキャンピングカー・ビルダーは、「Stage21」(相模原)、「MYSミスティック」(平塚)さん等数社ありますが、それ以外では近くても山梨県・静岡県など県外で、もっともっと遠方のビルダーが数多くあります(西の方に多い気がします)。

通常、キャンピングカーは自動車メーカーが製造したクルマをベースに、ビルダーがキャンピングカーに改造しますが、アルトピアーノは、メーカーの正規ディーラーであるトヨタカローラ横浜が手がけるキャンピングカーで、自宅から約20km、時間にして約20~30分に「中古車センター」を構えていました。

後で考えてみると、この「自宅から近い」という条件が非常に大きかったと感じます。

しかも、中古車センターで中古車の実車を見る事が出来た事も、アルトピアーノ購入に大きく影響したと思います。

結局のところ、最初に見たキャンピングカー「アルトピアーノ」を買ってしまったのは、サイズ感も良く車高も高くない、価格も予算内、仕様・装備も希望に近く、非常に候補として高得点である上、購入する実車を見る事ができた事が購入に踏み切らせたと思います。

キャンパーアルトピアーノ|トヨタカローラ横浜

簡単ですが、アルトピアーノの購入に踏み切った経緯など書いてみました。

それでは今日はこのへんで。

記事に関するコメントはこちら

タイトルとURLをコピーしました